Category

インペリアル・カレッジ・ロンドンの特徴

インペリアル・カレッジ・ロンドンの特徴

皆さんはインペリアル・カレッジ・ロンドンという大学を知っていますか?

「名前的にイギリスの大学なのかな」

「聞いたことないけど賢い大学なの?」

インペリアル・カレッジ・ロンドンは
オックスフォード大学やケンブリッジ大学と並ぶイギリスの超名門大学です。

ただ、日本での知名度はやや低く、上記のようにインペリアル・カレッジ・ロンドンと言われてもよくわからないという人もいると思います。

今日はそのような人たちに向けて、インペリアル・カレッジ・ロンドンの基本的な情報について話したいと思います!

もちろんインペリアル・カレッジ・ロンドンに興味があるとか、留学してみたいと思っている人にもオススメの記事なので、ぜひ読んでみてください!

➡︎インペリアル・カレッジ・ロンドンに行くなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

インペリアル・カレッジ・ロンドンの基本情報

 

正式名称:インペリアル・カレッジ・オブ・サイエンス・テクノロジー・メディスン

  • 所在地:イギリス ロンドン西部 サウスケンジントン
  • 創立年:1907年
  • 学生数:約15000人(学部生約9000人、大学院生約6000人)
  • 教訓:Knowledge is the adornment and protection of the Empire.

 

インペリアル・カレッジ・ロンドンは、1907年に

  • シティ・アンド・ギルド・カレッジ
  • ロイヤル・カレッジ・オブ・サイエンス
  • ロイヤル・スクール・オブ・マインズ

の3つのカレッジが合併して設立されました。

その後は周囲の医学校や農学校とも合併しつつ、勢力を伸ばします。

元々はロンドン大学(ロンドン大学連合とも言う。1836年設立)に加盟しているカレッジのひとつでしたが、2007年に独立しました。

正式名称に表される通り、理学・工学・医学に強い公立の名門大学として、
イギリス国内外でその名を知られています。

世界の大学ランキングでもQS世界大学ランキングでは8位
THE世界大学ランキングでは9位(ともに2019年度)と、
客観的にも大学のレベルが評価されています。

また、設立以来、ノーベル賞受賞者を15人
数学者に贈られる賞であるフィールズ賞受賞者を2人輩出しています。

有名どころだと、世界初の抗生物質としてペニシリンを発見してノーベル賞を受賞したアレクサンダー・フレミング氏も
インペリアル・カレッジ・ロンドン出身です。

イギリス国内でも、王立学会や王立工学アカデミー、
医学アカデミーなどで数多くの卒業生が会員となっています。

設立されて100年の大学とは思えないくらいの成果を出していますね。

また、学生のうち40パーセント近くが留学生という特徴があります。

中国系をはじめとするアジア人も多く留学しているので、
我々日本人も安心して留学できそうですね。

➡︎インペリアル・カレッジ・ロンドンに留学するなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

インペリアル・カレッジ・ロンドンでは何が学べるの?

先ほども述べた通り、
インペリアル・カレッジ・ロンドンには

  1. 理学
  2. 工学
  3. 医学

の3つの学部が存在します。

また、インペリアル・カレッジ・ビジネス・スクールという経営学を学べる教育機関を併設しています。

海外の大学では、学部や専攻がたくさんあるところも多いので、
学部が4つと聞くと少なく感じるかもしれませんが、

学科の数は豊富なので各分野においては幅広い研究や開発がなされています。

インペリアル・カレッジ・ロンドンに存在する学部学科は以下の通り。

「理学部」

  • ・化学科
  • ・数学科
  • ・物理学科
  • ・生物学科
  • ・環境政策センター

 

「工学部」

  • ・航空宇宙学科
  • ・生物工学学科
  • ・土木環境工学科
  • ・計算機工学科
  • ・材料工学科
  • ・機会工学科

 

「医学部」

  • ・医学科
  • ・イギリス国立心肺研究所
  • ・公衆衛生スクール
  • ・外科・癌生物学科

 

「学部間で行われる科目」

  • ・医用生体工学研究所
  • ・ケミカルバイオロジー研究所
  • ・未来エネルギー研究所
  • ・グローバルヘルスイノベーション研究所
  • ・ナノサイエンス・テクノロジー科
  • ・システム生物学合成生物研究所

 

「インペリアル・カレッジ・ビジネス・スクール」

  • ・組織管理学
  • ・財務会計学
  • ・健康管理学
  • ・イノベーション起業精神学

 

それぞれの学部内でも細々とした分野ごとに学科が分かれており、
自分の興味を持った学問を突き詰めて学ぶことが可能です。

また、近年の研究や開発においては、様々な分野が複合した研究領域が注目されることが多いですが、

インペリアル・カレッジ・ロンドンでは学部間でも研究が行われているため、そのような領域にも対応できています。

また、施設も充実しています。

例えば医学部は聖メアリー病院やチェルシー・ウェストミンスター病院をはじめとして

10個もの病院と提携しています。

他にも、大学図書館や体育館が新設されたほか、勉強スペースが解放されていたり、パソコンやピアノが貸し出されているなど、快適な学生生活を送れそうです。

➡︎インペリアル・カレッジ・ロンドンで」勉強したいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

インペリアル・カレッジ・ロンドンがどのような大学か、分かっていただけましたか?

理系分野で世界最先端レベルの研究をしたいなか、かなりオススメの大学です!

ただ、世界的に見てもかなりレベルの高い大学ですので、高校卒業後に受験するにしても、日本の名門大学に入学後留学するにしても、高い学力が要求されます。

みなさんが日々努力して、夢を叶えられることを祈っています!

 

➡︎インペリアル・カレッジ・ロンドンに行くなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

関連記事

Category

Keywords