Category

プリンストン大学の特徴

プリンストン大学の特徴

みなさん、プリンストン大学という大学をご存知でしょうか。

「名前だけは聞いたことがある…」

「海外の有名な大学なんだっけ?」

プリンストン大学はアメリカの有名エリート大学ですが、
ハーバード大学やケンブリッジ大学などに比べるとやや日本での知名度が劣るので、そのような認識の人も多いかもしれませんね。

ただ、プリンストン大学もそれらの大学に比べて勝るとも劣らない良い大学です。

今回は、プリンストン大学に留学してみたい人はもちろん、
興味はあるもののよく知らない人に向けて、大学の基本情報を書いていきたいと思います。

どんな方でも、気軽に読んでみてください!

➡︎プリンストン大学に行くなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

プリンストン大学の基本情報

 

  • 所在地:アメリカ合衆国ニュージャージー州プリンストン
  • 創立年:1746年
  • 学生数:約8000人(学部生約5200人、大学院生約2800人)
  • 特徴:Dei Sub Numine Viget(神の庇護のもとに、学校は栄える)

 

プリンストン大学はアメリカの西海岸の北側にあるニュージャージー州に存在しています。

付近にはコロンビア大学や
コーネル大学のあるニューヨーク州や
ダートマス大学のあるニューハンプシャー州、
ハーバード大学があるマサチューセッツ州などがあり

アメリカ国内でも有名な大学が集まる地域となっています。

上記の大学とともにアイビーリーグという「東海岸の裕福な私立エリート校グループ」に属し、
政治面や経済面などにおいてアメリカの指導者層を数多く輩出しています。

第4代アメリカで大統領のジェームズ・マディスンを含め、
2名のアメリカ大統領がプリンストン大学出身であることも有名です。

1776年のアメリカ独立戦争前に設立されており、歴史的にみてもアメリカで8番目に古い大学となっています。

アメリカという地域において、植民地時代から高等教育が行われてきた名門校のひとつなのです。

大学のレベルについても、THEの世界大学ランキングでは7位、
QS世界大学ランキングでは13位世界大学学術ランキングでは6位などと高評価を獲得しています。

さらに、プリンストン大学出身や所属する研究者のうち、ノーベル賞受賞者は41人、
数学者に贈られる賞であるフィールズ賞受賞者は14人となっています。

フェルマーの最終定理を証明したアンドリュー・ワイルズ教授の授業を受けられることや、
小説家の村上春樹氏が名誉博士であることも有名です。

プリンストン大学が政財界や学術方面など、幅広い分野で成果を出していることが分かりますね。

➡︎プリンストン大学に行くなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

プリンストン大学で学べること

プリンストン大学では入学すると人系学士と理系学士を選び、その後以下のカリキュラムから興味があるものを選べます。

(たくさんあるので覚悟してくださいね!)

 

  • 「アフリカ系アメリカ人研究」
  • 「人類学」
  • 「建築」
  • 「芸術と考古学」
  • 「天体物理学」
  • 「化学」
  • 「古典」
  • 「比較文学」
  • 「コンピューターサイエンス」
  • 「東アジア研究」
  • 「エコロジーと進化生物学」
  • 「経済学」
  • 「英語」
  • 「フランス語とイタリア語」
  • 「地球科学」
  • 「ドイツ語」
  • 「歴史」
  • 「数学」
  • 「分子生物」
  • 「音楽」
  • 「近東研究」
  • 「神経科学」
  • 「哲学」
  • 「物理学」
  • 「政治」
  • 「心理学」
  • 「宗教」
  • 「スラブ言語と文法」
  • 「社会学」
  • 「スペイン語およびポルトガル語」
  • 「ウッドロウウィルソン公共・国際問題学校」
  • 「化学および生物工学」
  • 「土木および環境工学」
  • 「コンピューターサイエンス」
  • 「電気工学」
  • 「機械工学および航空宇宙工学」

「オペレーションズリサーチおよびファイナンシャルエンジニアリング」

 

理系学問がやや少ないものの、数多くの専攻が用意されていますね。

興味がある授業は何個も取れる仕組みになっているので、幅広い勉強ができます。

将来何を勉強したいかまだ明確に決まっておらず、
学部を決めてから入学するような大学に行くのは不安という人にはおすすめかもしれません。

プリンストン大学では、このようなリベラルアーツ教育
(学士課程で人文科学・社会科学・自然科学の基礎分野を横断的に教育するプログラム)を採用しているので、
他の大学には設置されているメディカルスクール、ロースクール、ビジネススクールなどの専門職大学院は存在していません。

ちなみにプリンストン大学は、アイビーリーグの中では学費が一番安く、奨学金なども充実しています。

大学のホームページでも補助金について言及しており、経済的援助を受けている学生は60パーセントに登るそうです。

このような援助があるのは、渡航費用や慣れない一人暮らしにお金がかかる留学生にとってもありがたいですね。

➡︎プリンストン大学に行くなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

プリンストン大学の特徴について、基本的なことは分かっていただけましたか?

色々な分野の学問を世界最先端レベルで学べるプリンストン大学は、ぜひみなさんに留学してもらいたい大学のひとつです。

全学生数における留学生の割合は10パーセントほどと狭き門ですが、日本にいるうちからしっかり準備して留学枠を勝ち取って欲しいです!

がんばってください!

➡︎プリンストン大学に行くなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

関連記事

Category

Keywords