Category

現役生必見!大学合格のための勉強法

現役生必見!大学合格のための勉強法

「高校生になったけど、どんな風に勉強したらいいのかな」

「塾に通ったり、参考書で勉強するべき?」

「模試の偏差値が中々上がらなくて不安だな…」

「受験が近づいてきたけど今までの勉強法で大丈夫かな」

受験戦争が激化する昨今、そのような悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな高校生たちに向けて、どうしたら現役で大学に合格することができるか、紹介していきたいと思います!

 

この記事に書くことは、私が高校生のとき思っていたことや

塾で働きだしてから、
現役で受かった生徒とそうでない生徒を見比べて気付いた事です。

みなさんの受験勉強のお役に立つと思うので、ぜひ読んで見てください!

➡︎志望大学に現役合格したいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

学校の授業を完璧にこなそう

 

大学受験対策というと難しい参考書で勉強したり、
レベルの高い授業をしてくれる集団授業の塾に行かなければならないような気がしますよね。

もちろん、高校で習う授業内容をほとんど理解していたり、定期考査で高得点を取れていたり、課題も難なくこなしているのであれば、
それらの発展的な勉強に取り組むことも為になると思います。

ただ、高校の学業を疎かにしてハイレベルな勉強をすることはオススメできません。

高校の授業についていけてないのに
塾で有名大学の過去問の解説を聞き続けても、
基礎的な知識がなければ何も理解できず、時間とお金の無駄遣いになってしまいますよね。

今、自分の学力に自信がないなら、まずは高校の課題や教科書を極めることから始めましょう。

実際、日本最難関の大学と言われる東京大学ですら、教科書を完璧に理解していれば解くことができると言われています。

教科書をよく読み、予習をしてから授業を受け、復習して課題をやるというようなサイクルを確立することで確実に実力がついていくと思います。

また、授業態度や課題の提出状況が良ければ、内申点も比較的よくなりますよね。

これによって、AO入試や推薦入試も狙えるようになります。

二足の草鞋を履く前に、学校でやるべきことがたくさんありそうですね。

➡︎高校の勉強を完璧にしたいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

塾に行くなら個別指導

 

さて、学校の勉強をするのにオススメの塾として、個人指導の塾が挙げられます。

個人指導の塾のメリットとしては、

 

  1. 自分のペースで勉強できる
  2. 理解するだけでなく実際に解けるようになるまで指導してもらえる
  3. 一対一、一対二などの授業形態なので、気兼ねなく質問できる

 

などがあると思います。

集団授業の塾は、途中から入ると終わってしまった範囲の授業は受けられません。

その場で解けるようになったかまで確認してもらえないので、「わかった気になっていても後日テストに出たら解けなかった」などという事件が起こりがちです。

生徒も1クラス50人ほどいるので質問するにも長々と並ばなければならなかったりします。

例えば、勉強習慣をつけたい人や質問をたくさんしたい人、三年生の夏に部活を引退して勉強を始める人などは断然個個別指導塾が合っています。

また、個別指導では自分で教材を自分で持っていくタイプのところが多いので、教科書や高校指定の問題集を持っていくと学校の授業の予習復習もできますね。

私のオススメの個別指導の塾として、武田塾があります。

武田塾は「授業をしない塾」と謳われており、
「完璧になるまで絶対先に進まない」「分かることではなく出来ることを目標にしている」
など、
上に挙げた条件を満たしています。

武田塾では、まず宿題を解かせ、その範囲をテストします。

テストで定着率を細かくチェックし、間違えていたところが完璧になるまで個別指導を行います。

そして先生が次の分野に進むかを判定するので、確実に学力が身につく指導方法になっています。

成績をあげたくて個別指導塾に入塾しようと考えている人は、ぜひ武田塾について調べてみてください。

➡︎個別指導塾なら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

 

高校三年生序盤の偏差値は気にするな

受験生を悩ませる存在の1つに、模試の偏差値や合格確立などがありますよね。

センター試験型の模試、記述模試、冠模試
(東大模試、京大模試などといった、特定の大学に特化した模試)など、

さまざまな模試を受けると思いますが、

なかなか良い偏差値はでないものです。
(すでに高偏差値を取ってる人は飛ばしてください)

だからといって、焦って本来やるべきことをせずに難しいことをしたり、自信を失って勉強を辞める必要はありません。

春から夏にかけては、浪人生の成績が比較的良い時期です。

浪人生は周りの高校三年生に比べて1年間多く勉強しているので、
彼らに比べて偏差値が出なくても気にしなくて大丈夫です。

一般的に現役生の学力が伸び始めるのは全範囲が終わる夏過ぎと言われています。

それまでは基礎をしっかり固めることが大切です。

夏休みからは、自分の苦手分野を潰したり、志望校の過去問を解くなどして受験に備えましょう。

➡︎基礎、応用に対応できる学力を身につけるなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

現役の高校生が勉強するときに気をつけることをまとめると

 

  1. 学校の勉強を大切にする
  2. 個別指導塾に行って自分に合った指導を受ける
  3. 夏までは基本事項を重点的に行い、それから発展的な勉強を行う

 

の三点となっています。

これらを意識しながら勉強して、志望大学の合格を勝ち取ってください!

➡︎第一志望校に行きたいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

関連記事

Category

Keywords