Category

マサチューセッツ工科大学の特徴

マサチューセッツ工科大学の特徴

みなさん、マサチューセッツ工科大学という大学をご存知でしょうか。

「たしかアメリカの難関大学だよね」

「MITのことでしょ?聞いたことあるよ!」

世界的にも有名な大学なので、名前くらいは知っている人が多いと思います。

今回の記事では、そのマサチューセッツ工科大学について、詳しく説明していきたいと思います!

マサチューセッツ工科大学に留学したいと思っている人や、海外で理系の研究をしてみたいと考えている人は、ぜひ読んでみてください。

➡︎マサチューセッツ工科大学に行くなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

マサチューセッツ工科大学の基本情報

  • 所在地:アメリカ合衆国東海岸のマサチューセッツ州ケンブリッジ
  • 創立年:1861年
  • 学生数:約11000人(学部生約4500人、大学院生約6500人)
  • 通称:MIT(エムアイティー)

マサチューセッツ工科大学はアメリカ随一の難関校として日本でも有名ですよね。

学生数は一万人強で、東京工業大学と同じくらいの規模だとイメージすると分かりやすいかもしれないです。

アジア系の留学生は年々増加しており、現在では全体の学生数の三割弱を占めるまでになっています。

学生の人種に多様性があることは、我々留学を目指す外国人からすると嬉しいですよね。

日本からも留学している人は多く、
卒業生は有名大学の教授や有名企業の社長など枚挙にいとまがありません。

1911年には三井財閥の團琢磨男爵によって
日本マサチューセッツ工科大学会が設立され、
国内においても卒業生同士の交流が続いています。

客観的な評価としては、イギリスQSによる世界大学ランキングで2012年〜2018年まで毎年第1位を取っています。

また、ノーベル賞受賞者は公式発表で81名となっており、こちらも世界第1位です。

エリート校中のエリート校ということがわかりますね。

「世界最高の学びのテーマパーク」と呼ばれるケンブリッジ市には、
マサチューセッツ工科大学以外にもハーバード大学やケンブリッジ大学などの名門大学や研究所が存在しており、
学問に比重を置いた地域であるといえます。

それらの大学の中でも、マサチューセッツ工科大学と同じく世界最高峰と称されるハーバード大学とはライバル関係にあります。

ハーバード大学とは単位互換制度があるため、
マサチューセッツ工科大学の学生がハーバード大学で授業を受けて単位を取得することができます。(もちろんその逆も可能)

授業だけでなく、研究も共同で行う教室もあり、両校はお互い切磋琢磨する関係にあると言ってもいいでしょう。

➡︎将来世界最高峰の仲間たちと学びたいならに行くなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

マサチューセッツ工科大学で学べること

マサチューセッツ工科大学もは現在、以下の5つのSchool(学部)と1つのCollege(研究科)が設置されています。

 

  • 「建築・都市計画学部」
  • 「工学部」
  • 「人文科学・社会科学部」
  • 「経営学」
  • 「理学部」
  • 「健康科学・健康技術研究科」

 

意外にも、理系分野だけでなく人文学や社会学、経営学などの文系学問についても学べることが分かります。

これらの学部・研究科の下に、さらにdepartment(学部)、division(学科)、degree-granting program(大学院・研究科・専攻)などの細かい枠組みがあり、
より専門的な勉強ができるようになっています。

ちなみに各学部・研究科に進学する学生の割合は、マサチューセッツ“工科”大学ということもあってか、工学部が一番人気で50パーセントを超えるそうです。

また有名な研究所も数多く設立されています。

MITで最大の規模の研究所であるMITコンピューター科学・人工知能研究所(CSAIL)や、
遺伝子学の分野においてハーバード大学と共同研究を行なっているホワイトヘッド研究所など、
世界最先端の研究に携われる環境が整っているので、

それらの分野で研究開発したい!と思っている方は留学や受験を考えてみてはいいかもしれません。

➡︎最先端の研究に関わりたいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マサチューセッツ工科大学の得意な分野や大学の特徴など、分かっていただけたでしょうか。

しかし「この大学にいきたい!」と思い立っても、やはり名門私立大学と言うこともあり、
受験の合格率は一割弱、学費も日本の大学の10倍近くとなっています。

もし本気で進学したいのなら、日本にいる時から英語を勉強したり、
マサチューセッツ工科大学への留学ルートがある大学に入学する、
大学の研究室で研究に励み教授に評価してもらうなど、しっかりと準備しておくべきだと言えるでしょう。

みなさんがマサチューセッツ工科大学で研究できる日が来ることを祈っています!

➡︎マサチューセッツ工科大学に行きたいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

関連記事

コラム

早稲田大学出身の有名人

日本を代表する大学である早稲田大学 テレビでも頻繁に見かける大学名ですが 「早稲田出身の有名人ってどんな人がい […]

合格武田

Category

Keywords