Category

大学受験、夏休みからの勉強で偏差値30から60へ!達成プロセスを考える

大学受験、夏休みからの勉強で偏差値30から60へ!達成プロセスを考える

「高3の夏休みに入ったが、受験対策どころか勉強に全く手をつけておらず、どうしたらいいのかわからない...

模試の偏差値もとても低いのだけれど、流石にもう間に合わないよね...」

あなたは今、そんなふうに思っていませんか?

ですが、実は夏休みからの勉強で
偏差値を一気に30から60へと上げることも不可能ではないのです。

 

そして、この記事を読めば、

 

  • 本当に30から60へと上げることは可能なのか?
  • 夏休みからどのようなプロセスを踏めば良いのか

 

といったことが完璧に分かります。

すると、あなたはこの夏休みを有効に使う方法がわかり、
「受験の天王山」と言われる夏を制することができます。

そして、ここでうまく波に乗ることで、
最終的には合格が見えてくるでしょう。

 

夏休みで大逆転して大学受験を突破したい!そんな時は武田塾!

(武田塾の説明ページへ行きます。)

偏差値30から60に上げることは可能なのか?

この記事のタイトルを見て、素直に
「偏差値30から60に上げられるのか?」
と疑問に思った人も多くいるでしょう。

偏差値30と60が、大学の偏差値ではそれぞれおよそどのくらいかと言うと、

 

  • 偏差値30・・・ボーダーフリー(通称Fラン。名前さえ書けば誰でも入れる。)
  • 偏差値60・・・MARCH

といった感じです。いかがでしょうか。

そもそも、偏差値30など本当に存在するのかという疑問すらありますが、
ここでは「高校の教科書レベルの基礎知識も全く身についていないレベル」と定義することにします。

(ネットのサイトや塾の宣伝などでしばしば、「偏差値〜から偏差値60まで上がった」などと宣伝がありますが、
これらは偏差値の“最も低い1教科”に焦点を当てたにすぎず、
もともと3教科平均すると50近くまであった、ということはザラにあります笑)

そして話が逸れましたが、このような偏差値30から60まで上げることの可能性を考えると、ズバリ「不可能とは言えない」ということになります。

可能性としては80%以上の確率で不可能と言えます。
ただ話はシンプルで、残りの20%側に入れば良いのです

そして、夏休みからの勉強でこの20%に入るためには、「方向性の正しい勉強」を「粘り強く諦めることなく継続する」ことが必要になります。

いわゆる勉強の「質」と「量」に相当するものですね。

普通の人が3年かけて目指すレベルをわずか半年余りで達成しようとするのですから、相当の苦しみは覚悟してください。

夏休みから始める偏差値30から60まで上げるプロセス

偏差値30というワードは使いたくないのですが(笑)
基礎が全くできていないという意味で使い続けます。

では、具体的にはどのように勉強すれば良いのでしょうか。具体的には下のようになっています。

 

  1. 志望校・志望学部を決定する
  2. 受験科目を確認する
  3. 基礎を始める

 

このような3段階が夏休みのメインになります。

志望校・志望学部を決定する

まずはじめにすべきは、志望校と志望学部の決定です。具体的に、自分がどこの大学の何学部にいきたいのかをはっきりさせましょう。

勉強する上ではっきりとした目標を持つことは非常に重要であり、勉強の大きな大きなモチベーションになります。

受験科目を確認する

そして最も大事なのが、受験科目の確認です。はっきり言って、時間が全く足りませんから、自分の受験科目に限定して勉強を進めることが必要になります

そのため、受験校と受験学部を決定させたら、受験教科を確認しましょう。そして、ある程度の優先順位をつけてください。

例えば、私立の文系では英語と地歴だけで受験できる学部・入試方式も多く存在しています。

勉強を始める

そして勉強を始めます。夏休みは「基礎の完全定着」に時間を割くようにしましょう。

具体的に言えば、古典なら単語と文法、
数学なら教科書レベルの公式、
地歴なら通史の完全理解といったところです。

少し無理して標準問題集に手を伸ばしたくなっても、そこはぐっと我慢しましょう。

各教科使うべき参考書や問題集は、このサイトでも多く紹介しているのでぜひ参考にしてください。

 

参考書を使った勉強法がわからない!そんな時は武田塾!

(武田塾の説明ページへ行きます。)

 

最後は粘り強さの勝負!

あれこれいってきましたが、何よりも重要なのは「最後までやりきるのだ」という強い気持ちです。

勉強の得意不得意にかかわらず、この精神的な部分は受験勉強のみならずこれからの人生においても重要な要素となります。

そして受験に関して言うと、今偏差値が30などとても低いにもかかわらず、本当に60まであげようとしている人は
「気が狂うほど勉強してください」。

正直、高校の2年半ちかく勉強に力を入れてこなかった代償は非常に大きく、
並の人の努力では受験に間に合わすことはできません。

しかし、皆さんはそれを間に合わせようとしているはずです。
そして成し遂げるためには、最後まで粘り強く勉強し続けることが非常に重要になります。

その粘り強さを生むのは、合格への「強い気持ち」です。この気持ちを高くもっていきましょう。

 

夏休みで大逆転して大学受験を突破したい!そんな時は武田塾!

(武田塾の説明ページへ行きます。)

 

関連記事

Category

Keywords