Category

東京大学理系に合格するための参考書一覧 数学編!これを読んで東大に合格!

東京大学理系に合格するための参考書一覧 数学編!これを読んで東大に合格!

言わずと知れた日本一の大学である東京大学。

東京大学に合格するためにはもちろん莫大な勉強時間を費やして、
かなりの努力をする必要があるでしょう。

そうは言っても、
ただ闇雲に勉強するだけで受かる大学かと言われるとそうではありません。

このレベルの大学になると
それなりの努力をするのはもちろん、正しい勉強の仕方で、
かつ適切な教材を使って勉強する必要があるのです。
質量ともに適切に勉強してこそ、
初めて合格が可能になるというものです。

そこでこの記事では、
東京大学の理系合格のために適切な適切な数学の参考書を紹介します!

「東大数学で合格点を取るにはどれくらい参考書をやればいいのだろう…?」

「東大に受かるにはどのくらいのレベルまで参考をやったらいいんだろう…?」

あなたのこんな疑問や悩みも解決すること間違いなし!

 

参考書で勉強するなら武田塾!

東京大学理系に合格するための数学の参考書①:初めから始めるシリーズ

いくら東京大学を目指すといっても
基本ができていなければしょうがありません。

基本的に普通に学校の授業を受けている方であれば
これは飛ばしてしまって構いません。

ですが
病気で学校に行っていなかった、
授業を全然聞かず、何にもわからないまま三年になってしまった、

あるいは高校1,2年生で3年生の範囲を先に学習したいというときに

サクッとできて教科書の代わりになる参考書です。

 

全6冊に分かれていて、分量も軽いため、
「このレベルからやり直したい」という人はこの参考書をさくっと終わらせて

次から紹介するような演習向きの参考書に入りましょう!

東京大学理系に合格するための数学の参考書②:数学基礎問題精講シリーズ

 

こちらは数学のレベルを
基礎から初歩的な入試問題レベルへと橋渡しをしてくれる本です。

 

レベル的には中堅私大・センターレベルであり、教科書レベルを一通り学習し終えた受験生が、入試に向けて基礎固めをするのにオススメの参考書です!

問題数がさほど多くないため、短時間で基礎をマスターするのにオススメです。

基礎が大事ということは受験ではよく言われることですが、ここをしっかり固められるかどうかで、

本当にこの後の勉強の質が変わってくるので、しっかりとやりましょう!

 

(あわせて読みたい)

基礎問題精講(数学)の使い方を東大生が解説!基礎を固める!

東京大学理系に合格するための数学の参考書③:やさしい理系数学

やさしい理系数学の紹介をする前に少しだけ東大理系数学について話します。

東京大学の入試問題は6問全部を解かなければいけないものではありません。

うち1問は東大を目指すような受験生なら必ず解けるものですし、
残り3問くらいはやさしい理系数学を完璧にこなすことができれば解けるレベルの難易度です。

その3問全部を10点ずつ取れば50点で
他の科目次第では合格できるくらいでしょう。

あるいは3問中2問完答するだけでも60点で
数学としては合格点です。

東大理系の科目の中で最も難しく、負担が大きいと言われる数学ですが
こう考えると意外といける気がしてきますよね。

東京大学の数学を突破できるかというのは
このレベルの参考書にしっかりと取り組めるかどうかが分かれ目になります。

さてこちらの問題集は言わずと知れた名著の中の名著である「やさしい理系数学」
河合塾の出版している数学の参考書ですね。

この参考書は入試参考書の中でもトップクラスの難易度を誇ります。
全くやさしくなんてありません。
この参考書に取り組もうと思ったら駿台模試偏差値で60は欲しいところでしょう。

135ページとそう分厚いわけではないですが、
良い問題が多く収録されており、何よりその特徴は別解の数が非常に多いこと。

数学的に自然に考えられる別解はほぼ網羅してあると言ってもよく、

この別解全てについてしっかりと考え抜けば相当な数学の力がつくでしょう。

多くの別解が載っているため、解法暗記にも最適です。

 

ただし、別解が多く収録されているためなのか、
解答は基本的によく言えば簡素、悪く言えば解説不足であり、

計算式などを省略しているのは当たり前です。

そのため、数学の力がかなりあるか、
周りに相談できる指導者がいない方にはとてもじゃないが使いこなすのは難しく、
そのため、駿台模試偏差値60程度はないと取り組めないと上で言ったのです。

さらに上のレベルの「ハイレベル理系数学」、というものも実はあるのですが、そちらは東大数学で満点を狙うような、

数学が趣味、あるいは暇で暇で仕方がない、数学オリンピックに出場したことがある

そんな方達向けの参考書なため、合格するだけならオーバーワークで必要ないでしょう。

(あわせて読みたい)

論理力と発想力が身につく!別解豊富なやさしい理系数学を早稲田生が解説!

東京大学理系に合格するための数学の参考書④:理系数学 入試の核心 難関大編

こちらはアウトプット型の問題集であり、
60問という少ない問題数で、全分野に渡ってハイレベルな問題が選択されています。

やさしい理系数学を終えた後に、

最後の仕上げとして過去問前にこれを行えば、
自分の穴に気づくこともできますし、仕上げとしては完璧です。

問題数を絞っていゆため、解説はかなり詳しく、

やさしい理系数学は解説が難しすぎてよくわからない部分もあった、
という方でも無理なく理解できると思います!

また、参考書の中の「研究」という部分で、
高校範囲を超えた内容を高校生でも理解できるように説明しています。

大学入試で出る問題というのは科目問わず、
それを作っているのが大学の教授のため、

大学で習う内容を高校生の知っている範囲で説明したり、
大学で習う内容が背景になっていることが非常に多いのです。

そのため大学で習う内容も一部背景として知っておくと役に立つことがあるのです。

入試問題を解く際に必ずしも必要な知識ではありませんが、
数学の点数で圧倒的に差をつけたい人や、
数学そのものへの興味関心が高い人には役立つ内容となっているので
興味がある人はぜひ読んでみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

東京大学の数学で合格点を取るということは
実質、東大合格を意味するほど難易度の高いことです。

とくに後半で紹介した参考書は非常に難易度が高く
ここまでこなしきるのはなかなか難しいとは思います。

しかしこのレベルの参考書をしっかりとやりきることができればいかに東大といえど、突破することが可能です!

合格に向けて頑張りましょう!

参考書だけで東大に合格するなら武田塾!
(武田塾の公式サイトに行きます。)

関連記事

Category

Keywords