Category

現代社会の最新時事ってどんな本?時事問題対策はどうやってすればいいの?

現代社会の最新時事ってどんな本?時事問題対策はどうやってすればいいの?

「現代社会の最新時事ってどういう本?」

「対象の読者のレベルどのくらいなんだろう?」

「おすすめの使い方は?」

あなたは今、こんなことを考えていませんか?

 

この記事では「現代社会の最新時事を徹底解説します!

特徴、使い方、またセンター政治経済についての勉強法についてもお伝えします!

この記事が少しでも皆さんの学習にお役になれば、幸いです。

政治経済で点差をつけて合格するなら武田塾!

(武田塾の説明ページへ行きます。)

現代社会の最新時事の特徴

 

 

 

現代社会の最新時事は、タイトルにある通り、政治経済のセンター向けの参考書です。

政治経済では、点が取れる人と、思うように点が伸び悩む人とで、なぜ点差がついてしまうのか、理由があります。

その一つが、「時事問題」です。

対策が難しく、非常に厄介なのが時事問題です。

参考書というのは政治経済の教科書に乗っていることをまとめてくれていますが、
時事問題に対しては、日頃からニュースを見たり新聞を読んだりするなどして、意識しておかなければなりません。

その時事問題に対応する参考書がこの「現代社会の最新時事」です。

毎年定番の「最新時事」が、携帯しやすいサイズでまとめられ、毎年新しいものが出版されています。
著者は、東進の清水雅博先生で、一年間の日本と世界の動きがわかるような作りになっています。

テーマ別になっているので、どこからでも読むことができ、政治・経済、現代社会、小論文対策にもなりますよ。

分量もそれほど多くないので、1冊持っておけば、時事問題対策として有効活用ができるでしょう。

現代社会の最新時事の効果的な使い方

この本は移動中でも読むことができますので、隙間時間を見つけて少しずつ自分が興味を持ったところからでも構わないので、読んでいくようにしましょう。

この一冊をしっかり読んでおけば、よく出るであろう時事問題を網羅することができます。

また、時事問題では、国政情報に関する問題がよく出題されますので、ヨーロッパ、中東、などの世界情勢に関するテーマに意識して取り組みましょう。

時事問題に関しては、「これを読めば完璧!」

といったことが言えないため、どの参考書でも、1冊読んだからといって、完璧にできるものではありません。
この参考書を読んで安心せずに、日頃からニュースや新聞などを見たり読んでおくことが必要になります。

例えば、憲法改正についてや、安倍総理大臣の考えていることなど、入試問題でもよく出るテーマに少し気をつけておくことで時事問題対策になりますよ。

また、時事問題に関連づけて、政治経済の基礎知識の確認もするようにしましょう。例えば、憲法改正についてならば、その条件など、その都度確認、復習をするように心がけてください。

併用して使うべきおすすめ問題集

 

時事問題対策と併用して、基礎確認として、一問一答などをやっておくことで確実に基礎力を身につけていきましょう。

おすすめは東進ブックスの

政治経済一問一答

です。

 

この本では、最新の入試傾向を踏まえて、問題文の順序や内容についてきちんと考えられた上で掲載されており、索引もついています。

正解を赤文字にするなど本文デザインもわかりやすく、基本事項を過去問からピックアップしているので、過去問にスムーズにつなげることができます。

また、時事テーマは「完全予想問題」として過去問から改題・新作しており、時事問題対策にもなります。

入試で狙われる統計・資料データ問題も扱っていますので、この本で網羅的に政治経済学習ができると言えるでしょう。

まとめ

今回は

現代社会の最新時事

について解説してきました。

まとめると以下になります。

 

  • 時事問題対策の参考書
  • 1冊読んでおけばよく出る時事問題に触れることができる
  • 参考書に頼らず、加えて日頃からニュースを見たり新聞を読んだりすることが重要

 

 

センター試験政治経済で点差をつけて合格するなら武田塾!

 

関連記事

Category

Keywords