Category

「畠山のスパッと解ける政治経済爽快講義」とは?人気の謎を徹底解説!

「畠山のスパッと解ける政治経済爽快講義」とは?人気の謎を徹底解説!

「畠山のスパッと解ける政治経済爽快講義ってどういう本?」

「対象の読者のレベルどのくらいなんだろう?自分でもできるかな?」

「おすすめの使い方は?」

あなたは今、こんなことを考えていませんか?

 

この記事では「畠山のスパッと解ける政治経済爽快講義を徹底解説します!

特徴、使い方、またセンター政治経済についての勉強法についてもお伝えします!

この記事が少しでも皆さんの学習にお役になれば、幸いです。

畠山のスパッと解ける政治経済爽快講義で点差をつけて合格するなら武田塾!

(武田塾の説明ページへ行きます。)

畠山のスパッと解ける政治経済爽快講義の特徴

 

 

畠山のスパッと解ける政治経済爽快講義は、タイトルにある通り、政治経済の講義系参考書です。

著者は、畠山先生で、本を出されているのは政治経済範囲のみのようですが、大変受験生から人気があります。

今発売されているこの本は、5回目の改訂版で、改訂されるごとに、どんどん分厚くなっています。

一番初めは半分くらいでした。初版は、コンパクトさが重視されており、ゼロから始めるのには適してないようでしたが、

今は解説等がかなり詳しくなっており、初学者でも取り組めないことはない作りになっています。(わかりやすい分、量も増えましたが)

つまり、理解しながら暗記ができる教材へとシフトしたと言えるでしょう。

しかし、講義とタイトルにありますが、この参考書はあくまで「板書」という認識でいた方が良いでしょう。
つまり、まとめ(板書)に補足が加えられて詳しくなっている、という感じです。

どう覚えたら良いか、という点に重視が置かれてまとめられている参考書です。

授業程度は受けたことにより、理解がある程度できた人向け、とも言えるかもしれません。

 

畠山のスパッと解ける政治経済爽快講義の効果的な使い方

 

お伝えしました通り、政経の入試頻出ポイントが「板書」形式で示されてあり、
予備校の実際の授業をわかりやすくかつ丁寧な語り口で市場に再現した構成になっています。

ですので、一番最初から抜け漏れがないか等の確認も兼ねて、一つずつ丁寧に取り組んでいきましょう。

左ページに「板書ポイント」、右ページに「爽快講義」の見開きで理解をしやすい工夫がされてあり、
「板書ポイント」は予備校で行った板書と、配布プリントなどもそのまま再現されてあります。

各項の上部に出題ポイントも表示し、意識しながら、自分の志望校、(難関大学・センター試験)に向けての対策をしていきましょう。

ここには、赤字が多いです。

ですので、一気に覚えようと思うと大変かもしれません。
ですので、何回か繰り返すということを前提に取り組むようにしましょう。

ほとんどの人は、一度で覚えることはできないので、最低でも3回は取り組むことを意識して置きましょう。

学習する際、重要だと思ったり、覚えられていないと思ったところなどはマーカーを使い、線を引くと良いでしょう。
また覚えてきれてなかったところなどにチェックを入れておくことで、次に読むときに、そこの部分に意識をすることで効率的に学習することができますよ。

畠山のスパッと解ける政治経済の姉妹書を活用せよ!

 

こちらが姉妹書の問題集です。

主要大学の過去問を研究したオリジナル問題で構成されており、

  1. 「一問一答形式」
  2. 「文章の空欄補充」
  3. 「論述」
  4. 「グラフ・計算・資料」
  5. 「正誤の判定」
  6. 「時事」

の6つの問題など、そのまま入試で使えるよう作成されています。

この本での問題数自体は多くありません。

一般的な政治経済の問題集とレベルとは違い、爽快講義に準拠しているという点に気をつけてしましょう。

 

まとめ

今回は

畠山のスパッととける政治・経済爽快講義

について解説してきました。

まとめると以下になります。

 

  • 大変わかりやすい講義系参考書であるが、「板書」であるということに注意。
  • 姉妹書の問題集も出版されているので、取り組むとさらに理解が深まる。

 

センター試験政治経済で点差をつけて合格するなら武田塾!

(武田塾の説明ページへ行きます。)

関連記事

Category

Keywords