Category

センター試験の現代文突破に向けて!「決める!センター現代文」を徹底解説!

センター試験の現代文突破に向けて!「決める!センター現代文」を徹底解説!

「現代文に特別な苦手意識は持ってないけれど、いざ過去問を解くと壊滅的な点数しか出ない。。。」

「過去問をさらっと見てみたけれど、どのような筋道で解答が導かれるのかいまいちピンとこない」

あなたは今、そんなふうに思っていませんか?

そんなあなたのために、この記事では「決める!センター現代文」を徹底解説しています!

具体的には、この本での到達レベルや、効果的な使い方など、現代文の勉強法を紹介しています。

 

すなわち、この記事を読めば、

・「決める!センター現代文」の特徴
・この参考書で到達できるレベル
・成績を上げるための効果的な使い方・・・など

といったことが完璧に分かります。

この記事が現代文を勉強する上で役に立つことを願っています。

現代文で高得点を取るなら!武田塾!

(武田塾の説明ページへ行きます。)

「決める!センター現代文」の特徴

「決める!センター現代文」は2014年に学研マーケティングから出版されたセンター試験用の問題集です。

ページ数は405ページと問題集にしては多めになっていますが、
冊子全体における問題の割合はそれほど高くなく、むしろ解説が非常に充実しています。

著者の船口先生は、多くの現代文の参考書を執筆されており、
現代文が苦手な人は、本問題集と併せて「船口のゼロから読み解く最強の現代文 (大学受験Nシリーズ)」を使用することをオススメします。

「決める!センター現代文」の構成について

本問題集は、例題と解説が中心になっています。特に解説では、解答までのプロセスを重視したものが非常に多く、ここをじっくり読むことで現代文の力は着実についていきます。

 

解答までのプロセスが明確に示されている

本書と過去問の最大の違いが、解答までのプロセスを細かく示しているか否かです。

センター過去問の場合、なるべく多くの問題を掲載することを重視しているため、どうしても一つ一つの解説は薄いものになってしまいます。

そのため、現代文が得意な人でも「なぜそのような答えになるの?」と思うことがしばしば出てきてしまいます。

しかし、「決める!センター現代文」ではそのようなことはありません。
本書は、どのような考え方で正しい答えを導くのか、と言うことがとても詳しく記されているのです。

 

したがって、「解答までのプロセス」を正確につかむことができるのです。

もちろん、センター過去問集が悪いと言うわけでは、全くありません。
重要なことは、タイミングに応じて使い分けをすることです。

まずは「決める!センター現代文」で解答の導き方を習得し、その後過去問演習を行うようにすれば良いのです。

使い分けについては、後ほど詳しく説明します。

小説にも対応している

現代文の問題集・参考書の多くは評論に特化したものが多いですが、「決める!センター現代文」では小説の方にも十二分に対応しています

多くの人は、フィーリングで小説を解いてしまっているのではないでしょうか?しかし、小説にも論理的な解き方というものが存在しているのです。

本書では、どのようにして心情や場面状況を読み込むのかまできちんと丁寧に解説してあるので、小説の点数も飛躍的に伸ばすことができるようになっています。

「決める!センター現代文」で到達することのできるレベル

この問題集で到達することのできるレベルは、「センター現代文8割〜」です。
解説を繰り返し読み、解法をインプットすることで確実に現代文8割に到達することができます。

一方で、9割〜満点に到達するためには、問題との相性や運もさることながら、
やはりある程度の演習量が求められます

内容を十分に理解できたと思ったら、過去問演習に進んで演習を積んでください。

「決める!センター現代文」の効果的な使い方

「決める!センター現代文」は問題集でありながら、参考書でもあります。

そこで、まずは1周回してみて、理解度に応じてすぐにもう1周回すかを判断してください

すぐに読まない場合は、1ヶ月ほど空けてもう1回読めば基礎力としては十分です

その後は、過去問を解いていて引っかかった時などに逐一確認する程度で十分です。

 

また、この問題集は、ページ数が多い割にはスイスイと読み進められるようになっています。

そこで目安としては、1週間で1周通り読みきるようにしてください

このくらいの短期集中的に進めたほうが、内容が頭に残りやすくなります。

いつから使い始めるべきか?

そして本書を使い始めるタイミングについてですが、センター過去問に取り組む前1ヶ月前から始めれば十分です

例えば11月からセンター過去問に取り組むつもりならば、10月の初めから使い始めてください。

もちろんセンター受験科目が少ない人はもっと前から取り組んでもらっても構いません。

先ほどの書きましたが、分量的にはそれほど多くはないので、
1ヶ月前から2回も読めば本書の内容は十分に定着すると考えられます

その後は通読するのではなく、必要な箇所を必要に応じて読むようにしてください。

 

参考書を使い始めるタイミングがよくわからない。。そんな時は武田塾!

(武田塾の説明ページに飛びます。)

まとめ

いかがだったでしょうか。

以上で紹介したように、「決める!センター現代文」では解答までのプロセスを重視した解説が充実しています。

この問題集を使って、あなたが志望校に合格することを願っています!

 

関連記事

Category

Keywords