Category

現代文は「入試現代文へのアクセス」にお任せ!効率的な使い方を徹底解説!

現代文は「入試現代文へのアクセス」にお任せ!効率的な使い方を徹底解説!

「現代文の読解問題を解きたいのだけれど、基礎から発展までバランスよく構成されている問題集を使いたい!」

「入試の過去問に取り組む前のワンクションとして何か適当な問題集とかないの?」

あなたは今、そんなふうに思っていませんか?

この記事では「入試現代文へのアクセス」を徹底解説しています。

具体的には、この本の到達レベルや、具体的な使い方など、現代文の勉強法を紹介しています。

すなわち、この記事を読めば、

・「入試現代文へのアクセス」の特徴
・この参考書で到達できるレベル
・成績を上げるための効果的な使い方・・・など

といったことが完璧に分かります。

 

この記事が現代文を勉強する上で役に立つことを願っています。

現代文で高得点を取るなら!武田塾!

(武田塾の説明ページへ行きます。)

「入試現代文へのアクセス」の特徴

入試現代文へのアクセスは、河合出版から出されている現代文の問題集になります。

基本的には本文→設問の流れが繰り返されており、各問題について答えと詳細な解説が付属しています。

このシリーズは、「基礎編」「発展編」「完成編」の全3冊から構成されており、段階的に難易度が上がるようになっています。

この3つを解きこなすことができれば、あなたの現代文の力が上がることは、まちがいありません。

とても詳しい本文解説!

そして「入試現代文へのアクセス」3冊全てに共通する最大の特徴が、本文の解説が非常に詳しい、ということです。

普通の問題集の場合、設問に対する答えは充実していますが、本文そのものの解説はあまり重視されていません。

しかし、現代文を読解するときには、「どのように本文を読むのか」ということが非常に重要なのです。そして、現代文がわからないという人の多くは、本文の読み方を意識する必要があります。

この点、「入試現代文へのアクセス」では、本文の解説が非常にしっかりしているため、「読み方」が定着するのです。

具体的には、各意味段落の分類・対比・接続詞などの読み方などです。

もちろん、設問に対する解説は非常に充実しています。

*注意点 現代文が全く読めないという人は。。。

「入試現代文へのアクセス」は基礎編からスタートしますが、基礎的な読み方が定着していることを前提で書かれています。

これは筆者のみだけでなく、高校時代にこの問題集を使っていた多くの同級生の間で一致した意見です。

そこで、現代文が全くできないという人はこの問題集に取り組む前にもいうワンクッション挟むようにしましょう

具体的には、「田村のやさしく語る現代文」「船口のゼロから読み解く最強の現代文」から始めるようにしてみてください。

(あわせて読みたい)

大学受験の現代文の苦手を克服する方法

「入試現代文へのアクセス」で到達することのできるレベル

最終的に到達することのできるレベルは書く問題集によって異なります。

「基礎編」・・・センター5割程度

「発展編」・・・センター7〜8割以上

「完成編」・・・早慶・難関国公立

以上のようになっています。

基礎編はセンター5割と書いていますが、本当に現代文の読み方の基礎を学ぶようになっているため、この1冊だけで終えることは、おすすめできません。

少なくとも発展編まで進めて、センター8割を目指してみましょう。

3冊の使い分け

そして、入試現代文のアクセスでは3冊の使い分けが非常に重要になります。以下では3冊の特徴をそれぞれ説明していきます。

「基礎編」

基礎編は、全く読めないというのではないけれど、内容はあまりつかめていないという人におすすめのものです。

偏差値で言うと、40〜50です。

「発展編」

発展編は、偏差値がおよそ55〜60の人におすすめの少しレベルの高い問題集です。

とは言うものの、この本の内部でも最初は簡単なところから段階的にレベルアップするため、
「難しすぎないかな…」とあまり心配する必要はありません。

「完成編」

完成編は、難関国公立や最難関私大を目指す受験生向けの1冊です。

この1冊だけは、難易度がかなり高いので高3に入ってから使い始めるようにするのがおすすめです。

筆者は高校時代比較的現代文が得意でしたが、高2の時点では全く歯が立たず一度挫折してしまいました。

「入試現代文へのアクセス」の効果的な使い方

「入試現代文へのアクセス」を効果的に使う上で重要なことは、自分で定着度を見極めることです。

3冊はそれぞれレベルが全く異なるため、一律に何周回せばよいと言うことができません。

そこで自分で勉強しながら、理解度を把握していく必要があります。

具体的な解き方

そして具体的には、

  1. 1問題を解く
  2. 2解答解説を読む
  3. 3わからないところを自分で調べる

 

という3つの段階を踏むことになります。

この中で最も重要になるのが、2です。

「発展編・完成編」では少なくとも問題を解くのにかかった時間と同じくらいの時間をかけて、解説を読み込むようにしましょう

まとめ

いかがだったでしょうか。レベルの異なる3冊をうまく使い分けるようにしてください。

この問題集を通じてあなたが志望校に合格することを願っています。

 

関連記事

Category

Keywords