Category

大学入試ゼロからはじめる化学計算問題の解き方を徹底解説!化学計算を完璧に仕上げよう!

大学入試ゼロからはじめる化学計算問題の解き方を徹底解説!化学計算を完璧に仕上げよう!

「化学、小数の計算がたくさんあるし、有効数字とかよくわからないし、計算から苦手・・・、どうやったら計算問題が得意になるんだろう。」

大学入試ゼロからはじめる化学計算問題の解き方って友達からおすすめされたけど、実際どんな本なんだろう」

化学を得意にしたいけど、計算問題だけじゃなくて全部得意にしたいなぁ、この本、自分に合っている本かどうかわからないなぁ」

 

あなたは今、そう思っていませんか?

 

この記事を読めば、大学入試ゼロからはじめる化学計算問題の解き方がどういった本か完璧にわかります!

 

「大学入試ゼロからはじめる化学計算問題の解き方」の難易度のレベル、

効果的な使い方、さらには「大学入試ゼロからはじめる化学計算問題の解き方」と合わせて使うとより効果的な参考書まで徹底的に解説しています!

 

効果的な計算問題の勉強をすることで化学を得点源とすることで、

あなたの第一志望合格によりいっそう近づきます!

 

この記事があなたの第一志望合格の手助けとなれば幸いです。

 

 

➡化学の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

大学入試ゼロからはじめる化学計算問題の解き方の講義とは

化学は

  1. 「理論化学」
  2. 「有機化学」
  3. 「無機化学」

 

の3分野からなり、今日は「全分野」にまたがる、化学計算問題集の紹介になります。

『ゼロからはじめる化学計算問題の解き方』は、初歩レベルから徹底的に計算問題を解くことで苦手意識を払拭させる演習書で、化学を始めたばかりの人にもオススメです。

この本は分量こそ多くありますが、本当に簡単な基礎から入っていきますので、他の持ち前の問題集と同時並行で取り組むことができます。

ですので、計算に苦手意識がある人には大変オススメの一冊です。MARCHレベルを目指す受験生にはもちろん、難関大学を目指しており、化学を始めたばかりの学習者にも、計算問題に特化するための問題集として使うことができますよ。

➡化学の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

ゼロからはじめる化学計算問題の解き方の使い方

 

 

この問題集には、お伝えしておりますように、計算問題に特化した問題集なので、毎日10分〜15分ほど少しずつ着実に解いていくのが良いでしょう。

一つ注意しておかなければならないのですが、この本には誤植がありますので、KADOKAWAのホームページに乗せられている誤植表を見ながら学習をすることをおすすめします。

誤植表はこちら(クリックすると誤植表に飛びます。)

また、化学で高得点を取るには、計算メインの演習書だけでなく、入試標準問題で得点するために別の問題集に取り組む必要があります。

化学の学習は、

基礎知識の確認→徹底した暗記→入試標準問題に取り組む

このような流れであり、計算問題演習書と同時並行で学習を進めていきましょう。

 

併用できる問題集と参考書は?

 

具体的に、併用するのにおすすめな問題集を上げていきます。

例えば、「化学 基礎問題精講(化学基礎・化学)」

があります。

この本は標準編と基礎編の2冊に分かれており、

標準と名前にありますが、骨の折れる問題が多く載っていたりしますので、まずは基礎編から取り組み、化学に基礎を固めることをおすすめします。

大変オーソドックスな問題集で、使い勝手もよく、多くの受験生に使われています。

 

他には、「レベル別問題集2 標準編」

 

があります。この本はタイトル通り、レベル別となっており、4冊に分かれて出版されていますので、自分のレベルにあったものを選ぶと良いでしょう。

化学の基礎を覚えた人が、実力試しで使うことができる一冊です。

 

大学入試ゼロからはじめる化学計算問題の解き方まとめ

今回は、化学計算問題に特化した問題集についてお伝えしてきました。

以下、まとめになります。

 

 

  1. 化学計算に苦手意識のある人に、最適。
  2. 苦手意識払拭、計算ミス対策や、計算問題での解くスピードを上げていくことができる。
  3. 毎日少しずつでいいので取り組もう。

 

➡第一志望に合格したいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

関連記事

Category

Keywords