Category

絶望するのはまだ早い!夏休みからでも間に合う受験勉強の始め方

絶望するのはまだ早い!夏休みからでも間に合う受験勉強の始め方

「高3の夏休みに入ったが、受験勉強に全く手をつけておらず、どうしたらいいのかわからない...

夏休みから勉強し始めてまだ間に合うの??」

あなたは今、そんなふうに思っていませんか?

数々の受験生たちを絶望的なE判定から第一志望に逆転合格させてきた武田塾が断言しますが、
まだまだ間に合わせることは可能です!

この記事を読めば、

・なぜまだ間に合うと言えるのか
・どのように勉強を始めればいいのか

といったことが完璧に分かります。

するとあなたはこの夏休みを有効に使う方法がわかり、
「受験の天王山」と言われる夏を制することができるでしょう。

そしてここでうまく波に乗ると、合格が見えてきます!

夏休みで大逆転して大学受験を突破したい!そんな時は武田塾!▶▶

(武田塾の説明ページへ行きます。)

夏休みから勉強して志望校に合格することは可能なのか

このページを読んでいる多くの皆さんは、
「夏休みから勉強し始めてはたして志望校に合格できるのか」
と不安に思っているでしょう。

しかし、安心してください。
目指すレベルの程度によれども、夏休みからでも十分に合格ラインに到達することができます。

夏休みからでも間に合う理由

では、なぜここまで断言することができるのでしょうか?
それには、以下のような理由があります。

まず、多くの人は高3の5月末まで部活をしていると思います。
そして5月末に引退します。

 

ですが、武田塾は毎年多くの受験生を見ているわけですけれども
現実問題として、部活を引退してすぐのタイミングでスイッチが入る人はかなり少ないです。

 

もしかすると、今読んでいるあなたも該当するかもしれませんが、
部活生は引退した後すぐに勉強一本とはなりにくいです。
そのため意外と周りとも差がついていません。

部活をやめたって、そうすぐにはモチベーションが上がらないわけですね。

まだ半年以上も先の入試に向けて危機感を持ちながら勉強しているのは、
ごく一部の受験生のみです。

多くの受験生は「まだまだ先だし、1ヶ月後くらいからやればいいや」といった、
勉強しない漫画の主人公みたいなことを本当に思っています。
そして事実、勉強していません。

したがって、夏休みから勉強を始める人とはあまり差がついていないのです。
今なら十二分に逆転可能です。

(逆に言えば、夏休みが逆転する最後のチャンスとも言えます。)

メンタル面が重要

そして、夏休みから勉強し始めるに当たっては、メンタル面が重要です。

端的に言うと、「ポジティブシンキング」であることがベストです。

「今から始めても、すでに周りから差をつけられているからもう無理だ..」ではなく

「どうせみんな大して勉強してないんだから、一気に追い抜いてやるぞ!!」と言う心構えで臨みましょう。

 

武田塾は毎年多くの受験生を見ていますが、やっぱりメンタルの部分で強い生徒は、
夏からでも一気に成績が伸びて無事第一志望合格を勝ち取っていきますね。

逆に、自信のなさそうな、心のどこかで自分自身を信じることができていない生徒は
「勉強するぞ!」と意気込んでも、
「でもどうせ頑張っても第一志望には受からないのではないのか…」という思いが常に頭の中をチラついてしまい

結果も望ましくないものになる場合がほとんどです。

このような気の持ちよう一つで、勉強の成果は大きく変わってきます。

夏休みから始める勉強方法

さて、具体的にどのような勉強方法を使えば良いのでしょうか。
夏休みとなると、通常のように、

授業→問題演習→テスト・模試

というサイクルを作るのは難しいです。そこで定着させるために一工夫します。

教科書を使わずに、書き込み式問題集を解く

焦って標準問題集を解くと。。。

夏休みに基礎から勉強しようと思っている人は、
あまり認めたくはないかもしれませんが、
現状では基礎的な部分も曖昧だと思います。

ここで無理をして標準レベル問題集などに取り組むと、
部分的な曖昧な記憶のもと「理解」ではなく「暗記」に走ってしまいます

もちろん暗記も重要なのですが、「理解した上での暗記」ではないと試験には対応できません。

そして、この怖いところは、11月以降の模試を受ける際に、全くと言うほど手が出なくなるところです。
そして、ここで「夏休み前から大して成長していない」ということに気づいてしまいます。

 

書き込み式問題集を使おう

そこで、まずは教科書を使って基礎知識を押さえて...と言いたいところですが、
教科書を使っている時間はありません。

(もちろん、理想としては教科書学習をすることに越したことはありませんが、
夏休みからでは絶対に間に合いません。)

そこで活用していくのが、いわゆる「市販の問題集」です。
高校の先生は教科書や高校で配布したワークなどを推奨し、市販教材を買う必要がないと主張します。

確かにこれはもっともですが、真面目に授業を受けて基礎が定着していることが前提になっています。
そして、皆さんの多くはこの基礎が曖昧になっているはずです。

そこでまずは、教科書レベルの書き込み式問題集を使いましょう。
イメージとしては、解法が載っておりそれに沿って問題を解いていく、というものです。

このタイプの問題集はインプットしながらアウトプットできるので非常に効率よく勉強を進めることができます。

そして、夏休みの間は、自分の受験に必要な教科の分だけ、ひたすら書き込み式の問題集を進めてください。

(効率を上げるためには、勉強教科を限定するために、受験校についてもなるべく早く絞った方が良いです)

そして9月もしくは10月から標準・センターレベルの問題を回すようにしてください。

繰り返しになりますが、スタートに際して重要なのは、基礎を完璧にすることです。ここを強く意識しながら勉強してください。

 

各科目の使うべき参考書は、武田塾の参考書ルートで確認してくださいね!

まとめ

いかがだったでしょうか。この記事を読んで勉強のやる気を出してもらえれば嬉しい限りです。

あなたが本格的な受験勉強のスタートを切り、志望校に合格することを願っています。

 

とはいえ、やはり自分一人で勉強を進めていくとなると

(本当に第一志望に受かるのだろうか…)
と不安にもなってしまうのではないでしょうか。

「今まで勉強は上手くいっていなかったのに
夏休みからそんないきなり都合よく成績が伸びるものだろうか」と。

むしろ「自分だけはいける!絶対に第一志望に受かる!」
って自信を持てる生徒の方が珍しいでしょう。

ですが、大丈夫です。

武田塾では、毎年数多くの受験生を
『E判定』という絶望的な状況から見事第一志望に逆転合格させています。

「あのとき武田塾に通わなかったから、第一志望に落ちてしまった…」
と、9ヶ月後に嘆いていることがないように

武田塾についてもっと詳しく知りたい方は、
こちらのページを読んでみてくださいね。

(武田塾の詳しい説明ページへ行きます。)

 

関連記事

Category

Keywords