Category

東大文Ⅱってどんなとこ?現役東大生がその実態をご紹介!

東大文Ⅱってどんなとこ?現役東大生がその実態をご紹介!

日本最高学部東大、その中でも文系最高峰である東大文Ⅱ。

 

「東京大学って、受験するときは法学部とか商学部とかの分け方じゃなくて、
文科一類・二類・三類という分け方にになってるらしい。

…けど、あんまピンとこないな。

文二っていうのは結局どういうところなんだろう?」

そう感じているあなたに向けて

 

この記事では、そんな東大文Ⅱの特徴について、実際に東京大学に通う現役の学生の立場からご紹介したいと思います。

 

東大合格なら武田塾!▶▶

(武田塾の説明のページに行きます。)

東京大学教養学部文科Ⅱ類とは?

東京大学教養学部文科Ⅱ類、通称「東大文Ⅱ」とは、

日本の大学受験における文系のトップクラスであり、

どの予備校が発表している大学偏差値ランキングでも1位の東大文科Ⅰ類に次いで、

文系2位の座を譲ったことはありません。

 

また、東大文Ⅱ=経済学部というように誤解されがちですが、実は必ずしもそうではありません。

東京大学はリベラルアーツの理念に基づき、大学1,2年生の間は全員教養学部に所属します。

(だから、経済学部という名前ではなく、東京大学教養学部文科Ⅱ類という広いくくりの名前なのです)

 

そして、1,2年の内に色々な学問分野に触れた上で、

自身の関心の強い学部に大学3年生から進学できるというシステムになっています。

 

なので、必ずしも文Ⅱ=経済学部ではなく、

文Ⅱから法学部に進学する人もいれば、文学部に進学する人もいますし、

ごくまれに理転して工学部に進学するといった人も一定数存在しています。

 

ただ、どの科類(文Ⅰ、文Ⅱ、文Ⅲ、理Ⅰ、理Ⅱ、理Ⅲ)に

所属しているかによって、進学に有利になる学部が変わってきます。

 

文Ⅱは経済学部に進学するのに有利な学部であるので、

一般的に文Ⅱに所属している人の多くはそのまま経済学部に進学します。

故に、文Ⅱ=経済学部といった認識が広く受け入れられているのだと思います。

 

文Ⅱのイメージとは?

実際に東大に所属している筆者から見ると、

文Ⅱのイメージは東大生の一般的な印象とは違って明るくてノリがいい人が多いです。

どの大学も比較的経済学部は単位取得が楽だったりして、

勉強だけでなくサークル活動や部活動に熱心に取り組む人が多い傾向にある気がしますが、

その理論がもしかすると東大でも当てはまるのかもしれません。

 

一方で文Ⅱは、進振り制度(どの学部に進学するかが大学2年生までの成績で決まる東大の制度)

においては、あまり有利な立場にあるというわけではありません。

実は文Ⅱで東大に入学したとしても、4人に1人は経済学部進学できないのです。

故に、東大文Ⅱの学生は文Ⅰの生徒に比べると、大学入学後もしっかりテスト勉強だけは

こなしている人が多い印象があります。

 

文Ⅱの学生は、どういうところに就職するの?

文Ⅱの人の過半数は経済学部に進学するので、

以下では文Ⅱの就職先を経済学部の就職先に置き換えて記述します。

 

東京大学経済学部の就職先としては、圧倒的に民間企業に就職するパターンが多いです。

世界、日本を代表する大企業に就職する人が過半数を超えていると思います。

また、最近は自ら事業を起こしたり、ベンチャー企業のチャレンジングな環境に身を置く人も少しずつ増えています。

一方「東大文系=官僚」というイメージとは異なって、

経済学部から官僚を目指す人は近年ではかなり稀になってきています。

 

ここからは、業界ごとに東大経済学部に人気な就職先を、

実際に東大に通っている筆者の感覚に基づいて紹介します。

 

①外資系

就活生なら誰もが一度は憧れる、外資系企業。

普通の企業であれば就活のときに東大と早慶はひとくくりにされることも多いですが

トップの外資系企業は学歴に対する目が非常に厳しく、

東大・京大東工大一橋大といったトップの国立大学と、それ以下の私大とでは明確な区別をつけます。

 

東大経済学部の学生は、本気で外資系コンサル企業や外資系投資銀行を目指している人が多いです。

激務ながらその忙しさにともなった高い給料が払われることや、

完全に成果主義の人事など、自分の能力に自信のある東大生が好みそうな環境が

外資系企業にはあります。

実際、トップティアの外コン、外銀内定者のほとんど大半が東大生だと言われています。

 

②商社

就活生から根強い人気を誇る商社。

激務ながらも定年まで圧倒的に高い報酬が得られるということで、

東大経済学部の生徒たちもこぞって選考を受けています。

 

商社は世間からも「高給取り」という認知がかなり高く、

モテそうだから。という理由で商社を目指す東大経済学徒もチラホラいます。笑

流石は、東大一明るい学部といったところでしょうか。

③金融

近年AIの台頭などで、斜陽産業との呼び声もある金融業界。

確かに年々志望者は減っているらしいのですが、それでもまだ人気はあります。

給料もかなり良く、仕事も巨額の金を動かすダイナミックなものが多いです。

東大経済学徒にも、かなり金融業界に興味がある人がかなりいるのではないでしょうか。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。この記事では、東大文Ⅱについて現役東大生の目線でご紹介してきました。

やはり誰もが憧れる日本の文系トップクラスの文Ⅱは、民間就職などでもその強さを発揮しているようですね。

合格するのは並大抵のことではありませんが、

一度きりの人生なので本気で一度合格を目指してみてはいかがでしょうか。

 

武田塾も東大合格を全力でサポートします!

東大合格なら武田塾!▶▶

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

関連記事

コラム

ケンブリッジ大学の特徴

みなさん、ケンブリッジ大学と言う大学を知っていますか? 「聞いたことはあるけど詳しくは知らないな」 「イギリス […]

合格武田

Category

Keywords