Category

英語の苦手を克服する方法を解説!苦手をなくして志望校に合格!

英語の苦手を克服する方法を解説!苦手をなくして志望校に合格!

突然ですがみなさんは、英語が好きですか?

好きな方もいるかもしれませんが、

英語が苦手な方は多いですよね。

そうはいっても、英語は文系理系問わず入試科目に入ってくることが多く、

英語がわかることがますますグローバルスタンダードになりつつある今、英語の勉強は避けては通れません。

そこでこの記事では英語の苦手を克服する方法について解説します!

「英語が苦手でやる気がでない…」

「勉強の苦手を克服する方法ってないのかな…?」

あなたのこんな悩みや疑問も解決すること間違いなし!

英語の苦手を克服する方法①:英語の映画を見る

英語の映画を見るというのは「頑張って勉強をしている!」という感じがあまりせず、かつ、ためになるのでお勧めです。

ただし、ある程度の英語力(リスニング力)があることは前提ですので、ややハードルは高いかもしれません。

ここでいう英語の映画を見るというのは英語音声で日本語字幕の映画を見る、ということでしたが、リスニング力的に難しいようでしたら

まずは英語字幕、日本語音声でもいいでしょう。

映画を見ながら今のシーンは英語だとこんな言い回しをするのか、みたいに楽しみながら見ることができるといいですね。

英語の苦手を克服する方法②:洋書を読む

これは本当にオススメです。

英語が嫌いな方も、好きな方も、英語の長文を読んだ時に、内容が面白いなと感じたことはありませんか?

あるいはそれが日本語であっても、現代文を読んで面白いなと感じたことはありませんか?

文章には必ず内容があり、みなさんは勉強というと「読まされている」気持ちになりがちですが、皆さんが自主的に読みたくなる文章もこの世にはたくさんあるのです。

ですからまずはみなさんが読みたくなるようなもので、勉強を始めてみればいいのです。

洋書といっても様々で、本格的な学術書から童話まで幅広いレベルがあり、最近では英語の学習用にレベルごとに分けられた洋書のシリーズもあり、

あなたにあったレベルから無理なく取り組むことができると思います。

大きな書店で探してみるのをオススメします。

英語の苦手を克服する方法③:洋楽を聴く

みなさんは普段気に入った音楽を何度も何度もリピートしますよね?

お気に入りの音楽に関しては何回聴いたかわからない、というくらい聴いている人が多いのではないでしょうか。

ではみなさんは何回聴いたか分からないというくらい一つのリスニング教材を聴いたことはありますか?

当然ないですよね。めんどくさくて、そんなことをする気にもならないはずです笑

では洋楽を聴いてみるというのはどうでしょうか?

もちろん、無理に好きじゃない音楽を聴けというわけではないですが、

洋楽にも良い曲は非常に多いです。

そのため、洋楽を好きになることができれば、楽しみながらも英語の勉強ができるのです。

分からない意味があったら調べたくなりますし、何よりリスニング力が鍛えられますよね。

ただし、洋楽といっても音楽は音楽で、リスニング教材ではないため、そのまんまリスニングの勉強をしたのと同じだけの効果が期待できるかというとそうではないかもしれません。

ですが、洋楽といっても英語は英語、というのも真実であり勉強になるのは間違いないでしょう。

実際に私の友人で洋楽をいつもいつも聴いている人は非常に英語の成績が良かったです。

英語の苦手を克服する方法④:まずは単語を覚えてみる

英語が苦手な人というのは往々にして、英語が嫌いであったり、英語に対してあまりいいイメージを持っていないものです。

英語が嫌いな原因はなんでしょう?

英語圏の人間に対して、あるいは言語に対して特別なトラウマでもない限りは、

そもそもただの言語に嫌いもなにもありませんよね。

おそらくあなたが英語に対してあまりいい印象を持っていない理由、それは「できないから」です。

できないから、嫌い、
嫌いだから、できない、つまり苦手なままであると。
そんな悪循環に陥ってしまっている場合があります。

そのため、まずは一度でも英語は勉強すればできるようになるんだという実感を得てもらい、

そのまま英語を好きになって、苦手から脱却するのが一番なわけですが、

そこでしてもらいたいのが騙されたと思ってとにかく単語を覚えることです。

文法だとか長文の慣れだとか色々ありますけども、やっぱり単語を知らずして英語はできるようにはなりません。

そして何よりただの暗記ですのでハードルは低いでしょう。

文法はなんとなく全体じゃなくても知っていれば何とかなりますが、単語を知らないとやはり読めるものも読めませんからね。

苦手を克服するために、ここはぐっとこらえて単語帳を暗記することだけでも試してはいかがでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか?

世界には英語で作られた素晴らしいコンテンツが、たくさん存在します。

英語でしか世に出ていないものは、英語が分からなければ楽しむことはできません。

しかし、逆に言えば英語が分かるだけであなたが楽しめるものの幅は非常に広がるのです。

あるいは、あなたが普段から親しんでいるものの多くは、元は英語で作られた作品かもしれません。

ハリーポッターや、スターウォーズも最初はすべて英語でした。

ハリー・ポッターの原作なんかを英語で読んでみるとまた違った気づきがあり面白いかもしれませんね。

なのでまずは楽しみながら英語に触れてみて、そこから積極的に英語を勉強するようになると良いのではないかなと思います。

英語が好きな人の中には映画や音楽が原因だ、という人は意外と多いはずです。

また、単語を覚えるという項目でも言ったことですが、やはりできない科目は好きになりようがありません。

ですから、苦手だからやらない、をまずやめて、
苦手じゃなくなるために、まず覚える
とにかくやる

これを一度試してみていただきたいわけです。

英語の苦手を克服して、志望校に合格しましょう!

➡︎志望校に合格するなら武田塾!
(武田塾の説明ページに行きます。)

関連記事

勉強法

勉強習慣をつけるには

やる気はあるはずなのに勉強がなかなか手につかない… という人はいませんか。 僕も受験生の時に何回も […]

合格武田

Category

Keywords