Category

慶應大学受験生におすすめ!三田キャンパス周辺の快適ホテル5選。

受験当日を万全のコンディションで迎えるには、前日にどのホテルで過ごすかが非常に重要です。

安いホテルに泊まったがために、

 

「壁が薄くて周りが騒がしく、全然眠れなかった。」

「慣れないベッドが硬くて疲れがとれなかった。」

 

といった理由で、受験当日全力を出し切れなかったら悔やんでも悔やみきれないですよね・・・。

 

特に私学トップの慶應義塾大学受験生には、前日に地方から上京してホテルに泊まり、本番に備えるような方も多いかと思います。

あるいは、都内に住んでいる人でも少し三田まで時間のかかる方は、前日にキャンパス近くのホテルに泊まることを検討しているかもしれません。

 

「でも一体、どこに泊まれば絶対安心なんだろう・・・」

 

そういった疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、そんな悩める慶應義塾大学受験生が、前日に快適に過ごせる三田キャンパス周辺のホテルを、

現役時代に実際に三田キャンパスで受験に臨んだ筆者が厳選して紹介します。

 

おすすめのエリアは?

おすすめのエリアは三田or田町です!

三田キャンパスの最寄は都営三田線の三田駅かJR線の田町駅ですが、いずれの駅前周辺にも快適なホテルがたくさんあります!キャンパス至近の快適ホテルから、受験当日の朝は歩いて試験会場へ向かうのが吉です!

 

受験のときのホテルの選び方のポイントに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

(あわせて読みたい)

受験のときのホテルの選び方。当日100%力を発揮するために!

 

さて、以下では本題の三田周辺のおすすめホテルを3つ厳選してご紹介します。

このホテルに前泊すれば、万全のコンディションで慶應大学受験に臨めること間違いなし!

おすすめのホテルは?

①ホテル ザ セレスティン東京芝

(引用源)

ホテル ザ セレスティン東京芝」は、慶應大学三田キャンパスから徒歩8分という絶好のロケーションにあります。

4つ星のグレードがつく高級ホテルであるこちらの客室は、試験前日を過ごすのに相応しい癒しとくつろぎを提供します。一流ホテルの名にふさわしいおもてなしで、大一番の翌日に備えてゆったりとお過ごしいただけます。

②東京グランドホテル

(引用源)

続いてご紹介するのは、「東京グランドホテル」。こちらも慶應大学三田キャンパスから徒歩12分という好立地にあるホテルです。

シックで落ち着いた雰囲気の、ホテルならではのインテリアに包まれ、やさしく、あたたかいムードをお楽しみいただけます。しっかり睡眠をとりたい受験生にありがたい、おもてなし溢れるホテルです。

③APAホテル三田駅前

(引用源)

最後におすすめするのは、「APAホテル三田前」。

慶應大学三田キャンパスから徒歩11分の好立地にあるこのホテルは、皆さんご存知のアパホテルグループのホテルです。

地方から上京して受験する人にとって、アパホテルの充実したアメニティは非常に便利です。

また、独自開発のベッド「Cloud Fit」は、しっかりと疲れを癒したい受験生におすすめできます。

 

④東京プリンスホテル

(引用源)

続いてご紹介するのは、三田キャンパスまで18分の「東京プリンスホテル」。

「心からくるろぐ、豊かな滞在を」をテーマとする3つ星ホテルに相応しく、

きめ細やかなおもてなしを受けることができます。

いいホテルに泊まって、万全の態勢で受験に挑みませんか?

⑤ザ・プリンス パークタワー東京

(引用源)

最後におすすめするのは、「ザ・プリンス パークタワー東京」。

こちらは都内でも有数の5つ星の高級ホテルです。キャンパスまでも徒歩15分の好アクセス。

28.7㎡の広々としたお部屋は洗練されたデザインで、確実に癒しの時間を提供してくれます。

価格は少し高いですが、大一番の受験を前に宿にはこだわりたい!という人にはおすすめです。

ちなみに、こちらのホテルの最高級スイートルームはこんな感じ。

流石に受験の時にこの部屋を宿泊する人はいないかと思いますが、

このレベルのホテルだということは、知っておくといいかもしれません。

最後に

慶應大学受験生におすすめのホテルを3つ厳選して紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

一生に一度の大勝負、万全の態勢で臨むためにも、是非とも前泊するホテルにはこだわってみてください。

この記事を読んで、適切なホテルに宿泊したことで、

「あの時もっとちゃんとホテルを調べていれば良かった・・・」

そういう後悔をする人が、一人でも減ってくれることを切に願います。

慶應合格なら武田塾!▶▶

(武田塾の説明のページに行きます。)

関連記事

Category

Keywords