Category

基本に忠実に!教科書として使われている詳説日本史を徹底解説!

基本に忠実に!教科書として使われている詳説日本史を徹底解説!

「日本史の勉強を進めたいのだけど、とりあえず教科書から勉強したらいいよね? 教科書は少し難しい気もするのだけれど、どんな風に使うのが正しいの?」

あなたは今、そんなふうに思っていませんか?

そんなあなたのために、日本史の偏差値を40から60台まであげた私が、「詳説日本史B」を徹底解説します。

この記事を読めば、「詳説日本史B」には、どのような特徴があるのか、そしてどのように教科書を利用すればよいのかが完璧に分かります。

するとあなたの日本史の勉強の仕方は変わり、定期考査で高得点を取ることも可能になります。そしてひいてはセンター試験や二次試験へとつながるのです。

この記事が日本史を勉強する上で役にたち、あなたが志望校に合格すれば幸いです。

ピンチ!センター8割取らないといけないのに…そんな時は武田塾!
(武田塾の説明ページへ行きます。)

詳説日本史Bの特徴

 詳説日本史Bは山川出版から出されている、言わずともしれた日本史の教科書です。

実際ほとんど全ての高校で採用されており、センター試験をはじめとした各種入試はこの詳説日本史の中から出題されています。

内容などについてはいうまでもなく、およそ旧石器時代から現代に至るまでの日本の歴史を、政治・経済・文化など幅広い側面から捉えています。

また、各章の最後にはコラムや発展学習も準備されており、しっかりと取り組めば入試で望み通りの結果を出すことが可能です。

ただし、「しっかりと取り組む」という定義が難しく、ほとんどの人は教科書をうまく活用しきれていません。

以下では、教科書の使い方そして他の参考書・問題集との併用の仕方を中心に解説していきます。

詳説日本史Bの使い方などについて

まずは教科書から!...??

 よく言われることとして、「入試や定期テストにおいては、教科書が全てなのだから、とりあえず教科書を読め!」ということがあります。

これについて、前半部分は正しいですが、後半部分の「とりあえず教科書を読め!」というのは間違っています。そもそも「とりあえず」と言っている時点で教科書を簡単なものとして捉えていますが、実際には教科書は市販の参考書よりも非常に難しいです。その理由としては、教科書は「広く」「深く」歴史を扱っているからです。

 普通の参考書は「広く浅く」か「狭く深く」のどちらかになっています。

また「広く」「深く」を満たしているものは、ページ数がかなりのものになっています。

しかし、教科書はこれらを全て満たした上に400ページほどにまとまっているのです。つまり教科書は全てを押さえた上で最短距離を走っているのです。

また執筆者は大学の教授たちばかりで、いわば日本史の最高頭脳が持てるものを全て出し切ったものが、教科書「詳説日本史B」というわけです。

 

 したがって、よくわからないのにいきなり教科書から読むのは厳しいと言わざるを得ません(実際読んでみるとわかると思います)。

ではどうすれば良いのか? ファーストステップ

 基本的には、学校の授業で一通りの流れを学習しましょう。先生は教科書ベースに噛み砕いてわかりやすく教えてくれると思うので、とりあえず授業を理解していれば問題はありません。

また授業よりも速いペースで進めたいという人や、学校では日本史の授業はないという人は、別途通史の学習を行う必要があります。

その方法としては「マンガ」と「噛み砕かれた参考書」の2つがあります。マンガについては余裕があれば読む、というのがオススメです。基本的には「噛み砕かれた参考書」を読み進めていきます。該当参考書としては、「金谷の日本史 なぜと流れがわかる本」か「日本史B講義の実況中継」がオススメです。

 

これらは教科書に沿ってまるで高校の授業かのごとく口語体で書かれているので、初学者にぴったりの参考書となっています。

ただ全4冊ほどとかなりのボリュームになるので、そこは我慢して学習することが求められます。

 

参考書・問題集の使い方がわかない…そんな時は武田塾!
(武田塾の説明ページへ行きます。)

 

セカンドステップ

 そして授業や噛み砕かれた参考書である程度の流れを理解できたら、一度教科書を読んでみましょう。

先生が長たらしくもわかりやすく教えてくれたことが非常に簡潔かつ絶妙な表現で記述されているはずです。この感覚がつかめたら、日本史のインプット学習としては最高と言えます。

もちろん一発でこれほど難しいことはできないと思うので、わからないところが出てきたら先生に聞いたり実況中継などの参考書に立ち返ってみたりしましょう。

 

また、問題演習などをしているに当たって、わからないところが出てくれば教科書をみて復習するのも有効ですし、意外にもテスト前には教科書の音読も有効になります。

サードステップ

 基本的にはセカンドステップまでの活用ができれば教科書の使い方としては十分です。

ただし、入試で論述が求められる人はさらにサードステップとして論述対策として教科書を使うことをオススメします。

 論述を出題するほどの大学になると、単純に事件を書き連ねたり、その内容を説明したりするだけというものは少なくなります。

どういうことかと言うと、その事件の意味づけや他の時代との比較を抽象的に表現することが求められるということです。

 

そしてこの表現は英語と同じように「定型文」というものが存在します。その定型文こそ教科書に載っている表現になります。

つまり、教科書を読解していきつつ、歴史を概観した上でポイントとなる表現を見つけていくことが論述の対策になりうるということです。

 ただし、どの表現がそれに当たるのか判断するのは非常に難しく、最初のうちはよくわからないと思います。

したがって、とりあえずは「内容を理解しながら読む」ということに焦点を当ててみてください。学習が深まれば(高3入試前ギリギリになるかもしれませんが)、自然とポイントが掴めるはずです。

 そしてこの時に初めて教科書の美しさに気づくことができるはずです。

最後に

 皆がこの段階まで至るわけではないですし、至る必要も全くありません。それぞれ必要な段階まで教科書を活用するようにしてください。

第一志望に合格するなら武田塾!
(武田塾の説明ページへ行きます。)

関連記事

Category

Keywords