Category

ココがでる地理Bノートの特徴・使い方を解説!地理用語はこれで完璧!

ココがでる地理Bノートの特徴・使い方を解説!地理用語はこれで完璧!

「ココがでる地理Bノートってどんな参考書?おすすめの使い方は?」

「どういう人が使うべきか知りたい!」

あなたも今、こんなことを考えていませんか?

 

この記事ではココがでる地理Bノートを徹底解説します!

特徴、使い方、次に使うべき参考書などを紹介しているので、これを読めばココがでる地理Bノートについて丸わかりです!

 

挫折しやすい参考書なので、この記事を読むことで始める前に少しでもココがでる地理Bノートのことを知ってくれれば幸いです。

センター地理Bで点差をつけて合格するなら武田塾!

(武田塾の説明ページへ行きます。)

ココがでる地理Bノートの特徴

ココがでる地理Bノートは旺文社の「ココがでる」シリーズの地理の参考書です。著者は河合塾の講師である松本聡先生で、その実力には定評があります。

書き込み式のノートとなっていて、テーマ別に地理Bを整理することができます。

難易度的にはセンター試験からMARCHレベルで、比較的誰でも取り組みやすいレベルの参考書です。

ココがでる地理Bノートは地理の暗記事項を覚える参考書

ココがでる地理Bノートの最大の特徴として、暗記事項を覚えるためだけの参考書だということがあります。

地理でセンター試験8割の点数を取るためには、いわゆる「地理的思考力」が必要です。

そのため書店に置かれている参考書の多くは、地理的思考力をアップするために地理的事象の背景理由や、地理的事象どうしの繋がりを解説している参考書ばかりです。

しかしこのココがでる地理Bノートは「地理的思考力」をつけることよりも、地理で必要な用語を暗記することに特化した参考書です。覚えるべき用語が空欄で、書き込んでいく形になっており、効率的に単語を暗記することができます。

地理の暗記事項がこれ1冊に凝縮!

ココがでる地理Bノートは約200ページもある参考書で、参考書の量としては多いほうです。

テーマも31個に分かれているので、真面目に1日2時間くらい地理の勉強をしても、30日=1ヶ月程度は1周するのにかかってしまうでしょう。

 

しかしその分網羅性にすぐれており、地理の用語に関してはココがでる地理Bノート1冊だけで十分です。

一冊完璧にするのに時間がかかりますが、何冊も複数の参考書に手をだすくらいなら、腰を据えてこの参考書をこなすのがおすすめです。

ココがでる地理Bノートの効果的な使い方

教科書の予習・復習に

1つ目の使い方は学校の授業と並行してすすめていく使い方です。

本音をぶっちゃけると31テーマもあるので、

「一気に最初から最後までやるぞ!」

と意気込んでも、途中で挫折してしまう人もいると思います。

学校の地理の授業の予習、復習用の参考書として活用するのが、最も継続できるやり方でより深く内容を理解できるやり方です。

センター私大対策まで

冒頭でも述べましたが、地理で高得点を取るためには「地理的思考力」が不可欠です。

しかしあまりにその「地理的思考力」という言葉だけ信じて、

「地理は考える力が大切!暗記はいらないんだよ!」

と、考えてしまう人が必ず一定数います。

そしてセンター演習、私大演習をやってもなかなか点数が伸びない

このような状態になっていると感じた人は、ココがでる地理Bノートを絶対やってください。

センターの4択でも知識だけで回答できる問題は多数あり、私大だとその傾向はより顕著です。

ココがでる地理Bノートの次に使うべき参考書は

センター演習本!

武田塾の参考書ルートでは、ココがでる地理Bノートは山岡の地理B教室などの講義形式の参考書のあとにこなす参考書として紹介しています。

講義形式の参考書+ココがでる地理Bノートを終えたら、センターの演習本に挑戦していきましょう。

とはいえ、いきなりセンター過去問に挑戦するのはやめておきましょう。過去問は参考書の何倍も大切な教材です。

まずは、「瀬川聡のセンター試験地理B[地理編][地誌編]超重要問題の解き方」でセンター形式の問題に慣れることからスタートです。

まとめ

今回はココがでる地理Bノートについて解説してきました。

まとめると以下になります。

 

  • ココがでる地理Bノートは地理では珍しい書き込み式の参考書
  • 量は多いが、地理の暗記事項はこれで完璧
  • 教科書の予習復習で使うのもOK
  • センター演習前に詰め込むのもOK
  • この参考書の次はセンター演習に取り組もう

 

量が多く挫折しやすいのが、ココがでる地理Bノートのデメリットでもあります。

しかしこれさえこなせば地理の単語については敵なしになれるので、計画的な学習予定を立てて進めてください!

センター地理Bで点差をつけて合格するなら武田塾!

(武田塾の説明ページへ行きます。)

 

関連記事

Category

Keywords