Category

英語長文ハイパートレーニングを徹底解説!速読力が上がる!

英語長文ハイパートレーニングを徹底解説!速読力が上がる!

「センター試験や志望大学では英語の長文問題が出されるけど、模試ではなかなか点が取れない・・・」

「英語長文が読めない・・・苦手だ。」

「英語長文の問題集は何から取り組めばいいんだろう・・・?

「本屋さんで英語長文ハイパートレーニングっていう本を見かけるけど、どんな本なんだろう?」

 

あなたは今、こんなことを考えていませんか?

 

この記事を読めば、英語長文ハイパートレーニングついて完璧にわかります!

 

英語長文ハイパートレーニングの特徴や難易度のレベル、この問題集をやり抜いた後に到達出来るレベルや、効果的な使い方について徹底的に解説していきます。

 

効果的な英語の勉強をすることで英語の成績を伸ばしていき

第一志望合格に近づきましょう!!

 

この記事があなたの第一志望合格の手助けとなれば幸いです。

 

➡英語の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

英語長文ハイパートレーニングとは・・・?

 

 

著者は、大手予備校の東進ハイスクール講師の安河内 哲也先生です。

この本は、英語長文読解力の向上のため、レベル別に出版されている問題集となっており、3冊でレベル別に出版されています。

1.超基礎編・・・難関公立高校入試レベル

英語長文を少しは勉強したことがある学習者なら、楽に読めてしまう文章ばかりかもしれませんが、

英語長文でつまづいている受験生であれば、このレベルの内容において、不安定要素があります。

2センターレベル編・・・中堅私大レベル

タイトルにはセンターレベル編とあるものの、出題英文は中堅私大からの出題も多くみられ、センターよりかもやや余裕をもった実力をつけられるようになっています。

3難関大編・・・難関私大、難関国公立レベル

早稲田などの難関大学から、出題の多くがチョイスされており、他にも、難易度の高い英文を分かりやすく解説しています。難関大学を目指している受験生におすすめの一冊です。

以上3つのレベルに分けられています。

英語に自信がなく、苦手意識を感じている受験生はもちろん、これから英語長文に取り組もうとしている受験生にも、レベル1から取り組むことをおすすめします。

問題数はレベル1〜レベル3もだいたい200ページ強で分量的にさほど多くないので、毎日長文に1つずつ取り組めば、2週間程度で1周することができます。

 

英語長文ハイパートレーニングの達成レベル

 

先ほどのレベル分けについてに加えての説明になりますが、この英語長文ハイパートレーニングを学習し終えることができれば、先ほど説明したレベルのそれぞれにおいて入試英語で点を取る力が付いていると言えるでしょう。

具体的に言えば、

レベル1では、偏差値50~55に達することができ、センター試験レベルの英文なら優しめの英文であれば安定して点が取れるようになります。

レベル2では、偏差値60~63程度に達することができ、センター試験では英語長文で安定して8割以上を取ることができるようになるのはもちろん、日東駒専などのレベルの大学では十分に合格点を取れるでしょう。

レベル3では、偏差値63以上に達することができ、難しい英文も読むことができるようになり、難関大志望の受験生にとっては合格にグッと近づくことができます。

難関私大や難関国公立大学を志望の受験生はもちろん、MARCHレベルを志望する学生も、レベル3に取り組むことで、スムーズに過去問へとつなげることも可能になります。

英語長文ハイパートレーニングの効率的な使い方

 

まず、最初に自分で問題を解いてみましょう。そのあとで解答を見て、なぜ間違ったのかを意識しながら解説を読みましょう。

この本の大きな特徴として、S(主語)V(動詞)O(目的語)C(補語)に加えて、名詞節、形容詞節、副詞節が構文解説されています。

長文読解に取り組み、答え合わせをするだけで終わりにするのではなく、付属のCDと一緒に、シャドーイングをしたりなど、音読を10回以上することで、日本語に直して読む、「返り読み」ではなく、ネイティブのように前から直接理解をして読むことができるようになります。

 

➡英語の得点を伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

英語長文ハイパートレーニング まとめ

これまで英語長文ハイパートレーニングについて解説してきました。

以下まとめになります。

 

・3つレベルに対応した、英語長文の問題集

・レベル1から取り組むのがオススメ。

・詳しく構文解析がされている。

・構文分析ととても丁寧な和訳を読んだら付属のCDを用いてシャドーイングを繰り返し行うべし。

➡英語の点を伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

関連記事

Category

Keywords