Category

英語長文レベル別問題集を徹底解説!英語長文を得意にしよう!

英語長文レベル別問題集を徹底解説!英語長文を得意にしよう!

「センター試験や志望大学では英語の長文問題が出されるけど、模試ではなかなか点が取れない・・・」

「英語長文が読めない・・・苦手だ。」

「英語長文の問題集について調べていると、英語長文レベル別問題集を目にする。自分はどのレベルを使えばいいんだろう??本当にいい問題種なの?

 

あなたは今、こんなことを考えていませんか?

 

この記事を読めば、英語長文レベル別問題集について完璧にわかります!

 

英語長文レベル別問題集の特徴や難易度のレベル、この問題集をやり抜いた後に到達出来るレベルや、効果的な使い方について徹底的に解説していきます。

 

効果的な英語の勉強をすることで英語の成績を伸ばしていき

第一志望合格に近づきましょう!!

 

この記事があなたの第一志望合格の手助けとなれば幸いです。

 

➡英語の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

英語長文レベル別問題集とは・・・?

著者は、大手予備校の東進ハイスクール講師の安河内 哲也先生と大岩 秀樹先生です。

タイトルの通り、英語長文のレベル別に出版されている問題集となっており、全部合わせると6冊で完結となっております。

1.超基礎編・・・中学〜公立高校入試レベル

2基礎編・・・公立〜私立高校入試レベル

3標準編・・・センター試験(基礎)レベル

4中級編・・・センター試験、中堅私大入試レベル

5上級編・・・有名私大、国公立レベル

6難関編・・・難関私大、難関国公立レベル

以上6つのレベルに分けられています。

英語に自信がなく、非常に苦手意識を感じているならばレベル1から取り組むことをおすすめしますが、基本的には自分にあったレベルから上のレベルに向かってクリアしていけば問題ありません。

具体的に言うと、レベル3においては、センター試験の英語長文で、6.5割程度得点することを目標としているので、今までに受けた模試等があれば、それと比較することでも自分に最適なレベルを選ぶことができます。

問題数はレベル1〜5が12個で、レベル6だけ10個となっており、毎日1個ずつ取り組めば、2週間程度で1周することができます。

 

英語長文レベル別問題集の達成レベル

先ほども説明したように、「レベル6」程度の難易度の英語長文を実際の入試でも解ければ入試英語では怖いものはありません。

また、難関私大や難関国公立大学を志望の受験生は、もちろんレベル6までやる必要がなく、例えばMATCHレベルの有名私大を志望の受験生はレベル5まではやっておくと良いでしょう。

英語長文レベル別問題集の効率的な使い方

まず、最初に自分で問題を解いてみましょう。そのあとで解答を見て、なぜ間違ったのかを意識しながら解説を読みましょう。

この本の大きな特徴として、構文分析/和訳が丁寧に見開きで構成されていることが挙げられます。

長文読解に取り組み、答え合わせをするだけで終わりにするのではなく、ネイティブのように英文を前から後ろに読んでいく感覚を身につけるためにも

構文分析を終えた後に、10回以上音読することをお勧めします。

その際、この本には、本文で扱った全問題文の音声をナチュラルスピードで収録した付属のCDが付いているので、シャドーイングの練習として活用することでリスニング力や速読力もつけられることができます。

また英文中での語句リストもまとめられているので、覚えていない単語があればその単語は覚えるようにしましょう。英文中に使われていれば、その英文と一緒に覚えやすくなるはずです。

➡英語の得点を伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

英語長文レベル別問題集 まとめ

これまで英語長文レベル別問題集について解説してきました。

以下まとめになります。

  • あらゆるレベルに対応した、英語長文の問題集
  • レベル1から取り組む必要はなく、自分のレベルにあったものから上に向かって取り組めば良い。

構文分析ととても丁寧な和訳を読んだら付属のCDを用いてシャドーイングを繰り返し行うべし。

➡英語の点を伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

関連記事

Category

Keywords