Category

浪人生の節約のコツ

浪人生の節約のコツ

「浪人するけど予備校代が払えない…」

「浪人中はバイトができないので節約しないとヤバイ…」

あなたは今、こんなことを思っていませんか?

浪人生活、出来るだけ親に負担をかけたくない、かけられないなどなど皆さんいろいろな事情がありますよね。

この記事では浪人生が、浪人生活の中で極力節約をする方法を解説しています。

この記事を読めば、浪人中の様々な節約法が分かるはず!

➡︎浪人生が志望校合格するなら武田塾!
(武田塾の説明ページに行きます。)

浪人生節約のコツ①:お弁当を持っていく

浪人中のお昼ご飯、大きな額では無いですが、意外とバカにできないですよね。

小さなことも積もり積もって大きくなるものです。

外食で息抜きをするのも大事ですが、毎日食べていてはお財布が大変なことになってしまいます。

ということで、お弁当を持っていくのはどうでしょうか?

お母さんが作ってくれるのか、自分で作るのかは人によって違うとは思いますが、外食するよりは安上がりで済むはずです。

浪人生節約のコツ②:古本屋を活用

受験生は過去問や参考書など、必要なものが多いですよね。

しかも定価で買うと結構なお値段がしてしまうものも多い、、、

そんな時はブックオフなどの古本屋を見てみてはいかがでしょうか?

実は受験用の参考書というのは大学生になってしまえば基本的には使う人がいないため

中古市場に出回ることが多いんですね。

 

さらには過去問であれば過去に発売されたものを買えば

今売っているものには収録されていないものも入手することができます。

そのため、なにか勉強関係の書籍が必要になった際には、まず大きな古本屋をチェックしてみてはいかがでしょうか。

ただし、指導要領の改訂で入試範囲が変わるなどして書籍が現行の入試範囲に対応していないこともありますので、そういったものには注意してください!

浪人生節約のコツ③:予備校関係の出費を減らす

浪人生の一年でも大きな割合を占める支出といえばやっぱり予備校関係の出費でしょう。

浪人生は志望校に受かることがなにより大事ですから、勉強に費やすお金を惜しんで受験に失敗してしまっては本末転倒なのですが、やっぱり大手予備校にかかる費用は、多くの人にとって決して安いものではないでしょうし、もっと安く済ませることができる、というのも事実です。

そこで勉強関係での節約法をここでは解説します。

季節講習を少なめにする(減らす)

多くの予備校は年間の授業量とは別に夏季や冬季に講習を別料金で行っているところが多いです。

講習だけで数十万円かかるということも少なくはないです。

しかし、講習で講座を多く取らなければならないという決まりなんてもちろん無いので、

自分でしっかり夏休み(冬休み)の計画を立てることができるなら

講習を少なめにしたり、受講しないことで節約も可能です。

 

また、普段予備校に通っていない人でも季節講習を取るだけで自習室を使えるというところもあります。

1講座取るだけで、期間限定とはいえ集中して勉強できる環境を借りることができるのはうれしいですね。

特待生(スカラシップ)を取る

確実ではないですが、勉強に打ち込むことが節約になることもあります。

多くの予備校はスカラシップ制度・特待生制度を設けているため、前期で良い成績を取れば後期の学費が多く割引かれることがあります。

そのため、あらかじめ基準がわかっているなら、それに向けて頑張るのもいいのではないでしょうか?

予備校に行かない

そもそも浪人生は予備校に行かなければならない、というルールもありません。

大学受験では素晴らしい参考書も多く、予備校の先生もよく参考書を出版していますので

自分で勉強ができる、と言う人であれば自宅浪人も選択肢の一つとして考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

高額な予備校費用がかからないというだけで全然違いますよね。

そうはいっても一人で勉強するのは不安だ...そんな人には授業を行うことがなく、参考書をメインに使用する予備校で、独学を支援してくれるコースがある武田塾がピッタリです。

大手の予備校に比べて割安な値段で勉強のペースを作ることができます!

➡武田塾の説明はこちら
(武田塾の説明ページに行きます。)

浪人生節約のコツ番外編:朝バイトをする

また、節約では無いのですが、自分で予備校の学費を稼いでいる、という友人もいました。

予備校が始まる時刻は9時くらいのところが多いですから、それより早い時間にできる新聞配達や飲食店のオープンのバイトを予備校の前にするんですね。

かなり体力的には辛いことが多いですが、確実にお金ももらえますし、体力に自信のある方にはオススメです。

ただし、勉強が疎かになってしまうようではいけないので、注意しましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

浪人生活、大変なことも多く、出費も多くなりがちですよね。

ですが浪人生でも、工夫次第でいくらでも節約が可能です!うまく節約して浪人生活を乗り切りましょう!

➡︎浪人生が志望校合格するなら武田塾!
(武田塾の説明ページに行きます。)

関連記事

Category

Keywords