Category

農学部に行っている人はどんな職業に就きやすい?

農学部に行っている人はどんな職業に就きやすい?

 

「入試の難易度とも相談しつつ、農学部に入る可能性もありそうだけど、農学部ってどこに就職するんだろう?」

「農学部が就職に有利な仕事って何があるんだろう?」

「農学部を卒業した人って農家になるの?」

あなたは今、こんなことを思っていませんか?

農業について学ぶ、なんて聴くと就職はあまり強くないのでは…?

そんな風に思われがちですが、近年の食料需要の高まりなどから注目を集める農学部。

実は近年では農業を機械化情報化するなど工学部のようなこともホットになっていて学科次第では最先端の情報の勉強をすることもできます。

そんな農学部の就きやすい職業について、この記事では解説しています。

この記事があなたの進路選びの手助けとなれば幸いです。

➡︎農学部に受かるなら武田塾!
(武田塾の説明ページに行きます。)

農学部の就きやすい仕事①:農業関係

当然のことながら農業関係の就職のしやすさはピカイチです。

種苗メーカーや、農薬・肥料メーカー、ファームなどは農学部で勉強するかなり基本的なところから関わってきますからね。

当然、仕事の中で農業の知識が求められる、あるいは知識があるだけで仕事がスムーズになることが多いので、

農学部であるというだけで他の学部と比べてありがたがられることは間違いないです。

農学部の就きやすい仕事②:食品業界

食品業界といってもその職種は多岐に渡りますが、基本的にはどの職種も農学部で並んだことは役立ちます。

日本の農業事情に精通しているというだけで重宝されるのはもちろん、

食品メーカーなどでは食品を加工するプロセス工学の知識が十分に活きてきます。

他にも植物工場なんかでは植物の生育に関する施設園芸学などの専門的な知識が必要で、これは光工学や機械工学だけを勉強している工学出身の人には代替できない役割です。

全体として食品業界は営業職でも技術職でも農学部の知識が活きてきやすい業界ですね。

農学部の就きやすい仕事③:製薬・化粧品業界

薬学部などが強いように思われるこちらの業界ですが、農学部も同様で、

化学や生物、バイオの知識を存分に活かすことのできる業界です。

特に生物系の知識を活かせるのが強みで、理学部生物学科などの学問としての性質・研究色が強い生物学と比べ、

農学部で学ぶ生物の知識は実用性が高いものが多いため、こういった業界にぴったりです。

そのため農学部の学生も毎年多くこちらの業界に就職しており、農学部の学生が就きやすい職業だと言えます。

農学部の就きやすい仕事④:農林水産省

農林水産省への就職といえば農学部出身者の花形、王道の就職先だと言えます。

日本の食料問題環境問題などに対する施策を包括的に行う省庁であり、そのため農学部で学んだ農業に関する知識はどんなものでさえ無駄だということはありませんし、

公務員試験の内容はもろに農学部で学んだことが出てきます。

公務員試験の難易度は農学部に通う学生にとっても非常に高いものですが、専門性が高い試験のため、他の学部の学生にはさらに困難。

他の学部の学生と比べて、農学部の学生が就きやすい職業であるということに間違いはないです。

農学部の就きやすい仕事⑤:機械関係

最近では農業の機械化も珍しくはなくなりましたが、農業機械メーカーなどでは農業機械の開発に携わる技術職として、農学部で学んだことを活かすことができます。

農業機械の開発に携わるには、農業の基本的な知識を押さえた上で、機械工学についての見地がある必要があり、

どちらが欠けていても農業機械を作る際には困難が生まれてしまうわけです。

こういった背景もあり、機械工学は工学部で学ぶことだと思われがちですが、農学部の中でも学ぶことが可能なのです。

また、最近ではドローンを農業に用いてさらなる効率化を行おうという試みもあり、そういったドローンメーカーへの就職なども考えられます。

制御工学や情報工学をしっかりと学んでいればその知識を活かして他の工学分野での機械関係の職業に進むことも十分に可能です。

農学部の就きやすい仕事⑥:住宅・建築関係

住宅・建築関係と聞くと、これって農学部の領域なの?と思う方も多いと思いますし、その気持ちも非常に分かります。

ですが毎年住宅・建築関係にも多く農学部の学生は就職しています。

具体的にはゼネコン農業土木コンサルタントなどですね。

というのも農業工学、環境工学などといった分野では農業についての知識を学ぶだけでなく、

建築を支える土質力学水理学材料力学を勉強するため、住宅・建築関係でその知識を存分に活かすことができるのですね。

農業関係のコンサルタント会社などでは工学だけを勉強している人と比べて、工学だけでなく農学について包括的な知識を持つため、

現場との意思疎通がしやすく、活躍できるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

卒業したら農家になるの?なんて皮肉の効いたジョークを言われることもたまにある農学部ですが、

実は学問領域としては非常に広い分野を扱っており、

就職先は引く手数多なことがお分かりいただけたでしょうか。

 

就職については問題はないですから、農学部に興味がある人は志望校を定め、勉強あるのみです!

➡︎農学部に受かるなら武田塾!
(武田塾の説明ページに行きます。)

 

関連記事

Category

Keywords