Category

公務員ってどんな種類があるの?

公務員ってどんな種類があるの?

みなさんは公務員と聞いてどんなことを思い浮かべますか?

「具体的にどんな仕事をしているのか分からない...」

「収入が安定してそう」

「市役所とかにいる人たちだよね」

そんなフワッとしたイメージしかない人が多いですよね。

それもそのはず、市役所の役人をはじめとして、警察官消防士国会や地方議会の議員、身近な所だと公立学校の先生など、一言で公務員と言っても様々な職業があるんです!

今日はそんな公務員について、詳しく説明していきたいと思います!

➡公務員になれる大学に行くなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

公務員の種類

公務員には勤務する機関によって、「国家公務員」「地方公務員」のふたつに分かれます。

「国家公務員」とは国の各機関の職員、特定独立行政法人の役員及び職員のことで、

国家公務員I種試験や国家公務員Ⅱ種試験などの試験を経て採用されます。

お役人と言われて最初にイメージする、省庁などに務める官僚はここに属します。

シン・ゴジラに登場してた巨災対の人たちも国家公務員でしたね。

日本には約25万人の自衛官を含め、国家公務員が60万人ほどいます。

一方「地方公務員」とは地方公共団体の職員、特定地方独立行政法人の役員及び職員のことで、地方上級公務員試験などを経て採用されます。

各都道府県や市町村に雇われた職員なので、転勤もありません。

警察官や消防士もここに含まれて、全国に295万人ほどいます。

国の運営に携わったり、国民全員のために働きたい人は国家公務員を、自分の地元や地域の人々のために働きたいひとは地方公務員を目指すと良いでしょう。

公務員の種類ː一般職

警察, ボルチモア, 警察官, 法, 刑事, 犯罪, 警察の仕事, 車

国家公務員と地方公務員は、任用制度上の違いや職務内容の種別から、一般職特別職の2つの種類に分けられます。

一般職は国家公務員法や地方公務員法の適用を受ける職のことです。

そして、一般職はさらに仕事内容によっていくつかの職種に区分されるのですが、給与を支給される際の俸給表の種別で細分類されることが多いです。

その俸給表の区分についても、紹介していきたいと思います。

「行政職」

その名の通り、行政事務に従事する公務員のことです。

いわゆる事務官や事務吏員などの事務職だけでなく、「土木」「建築」「機械工学」「農学」などの試験区分から採用される技官、技術吏員などの技術職もここに含まれています。

「専門行政職」

行政職のうち、植物防疫官、家畜防疫官、特許庁の審査官及び審判官、船舶検査官並びに航空交通管制の業務その他の専門的な知識、技術等を必要とする業務に従事する公務員のことです。

「税務職」

国税庁で租税の徴収等に従事する職員のことです。

「教育職」

教員、つまり学校の先生のことです。私立の学校に関してはここには含まれません。

教育行政に携わる者でも、教育委員会や学校の一般事務を担当する者は、行政職となっています。

「医療職」

公務員医師の官職である医務官や医官、公務員歯科医師の官職である歯科医務官や歯科医官、薬剤師、看護師や、役所における保健師、栄養士などは、この区分に含まれます。

「研究職」

公立の研究機関や検査機関の技術系職員のことです。

博物館や美術館の学芸員は研究職として採用する自治体と行政職として採用する自治体があります。

「公安職」

治安維持や安全に関係する公務員のことです。

法務教官、刑務官、海上保安官、皇宮護衛官、入国警備官、公安調査官、検察事務官などは国家公務員、警察官や消防吏員は地方公務員となっています。

公務員の種類ː特別職

国家公務員法や地方公務員法の適用を受ける一般職に対して、それらが適用されずに個別に取り扱いが決められている公務員のことを特別職公務員と言います

特別職に当てはまる職種は、国家公務員法と地方公務員法に列挙されています。

「国家公務員の特別職」

内閣総理大臣や国務大臣、人事官、検査官、内閣法制局長官、自衛官、国会議員とその秘書など。

「地方公務員の特別職」

知事、市町村長、地方議会の議員、地方開発事業団の理事長および理事、地方公営企業の管理者など。

一般職の公務員も区分によって採用のされ方や試験が異なりますが、特別職は選挙で選出されなければならなかったり、政治的に任命される職であるため、本気でなりたいなら入念な計画や準備が必要になるでしょう。

公務員の種類ːまとめ

ボストン公共図書館, ボストン, マサチューセッツ州, 人, インテリア, 内部

いかがでしたでしょうか。

政治家や官僚と言った切れる頭脳を求められる職業から、

消防士や自衛官のような屈強な体も求められる職業まで、公務員にも様々な職業があることが分かりましたね!

そういう意味では「将来は公務員になりたい」と考える受験生も多いのではないでしょうか。

しかし、いずれの職にしても、採用試験を突破する学力は必要とされています。

高校生や大学生であるうちに、専門知識や一般教養を身に着けて採用を目指しましょう!

➡夢をかなえる大学に行くなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

関連記事

Category

Keywords