Category

部活をやりながら現役合格する方法

部活をやりながら現役合格する方法

「部活の引退が9月…こんなんで現役合格できるのかな?」

あなたは今、こんなことを考えていませんか?

私も部活動をやりながら受験勉強をしていたので不安になる気持ちもわかります。

この記事では部活生が部活をやりながら現役合格するために、何をすればいいのか、解説しています。

私の経験から、当時のことを思い出しながらこうしておけばよかったな、ということも含めて解説します。

この記事を読めば部活生が現役合格を目指す上で、どんなことをすればいいかが分かるでしょう!

部活生が現役合格するなら武田塾!▶▶
(武田塾の説明のページに行きます。)

部活をやりながら現役合格する方法①:毎朝早起きして勉強

部活生の中でペースをつかんでいる人の中には結構これ、やってる人が多いです。

部活が終わって帰ってくると疲れて勉強する気も起きませんよね。なのでそもそも勉強する時間を夜から朝に変えてしまおう!という発想ですね。

 

朝に勉強するのであれば夜1分も勉強しなくていいかって言われるとそんなことはないですが、

毎日朝早く起きて、少しでも勉強する、この積み重ねが長い間続くと大きなものになるのです。

中には朝練があって朝はちょっと…と思う人もいるかもしれません。

ですが私の高校時代の友人で、野球部に所属していたA君は朝練のため毎朝6時に起きなければいけないところを、

5時に起きて1時間勉強していたそうです笑

驚きですよね。それだけあって彼は部活をやりながらもずっと成績が良かったです。

部活をやりながら現役合格する方法②:授業だけは聞く

午後は遅くまで部活があるし、朝は朝練、学校以外にうまく勉強時間が取れない…

部活生だとこんな方も多いとは思います。

そんな時はやることは一つ、

授業の時間に内容を完璧にしてしまえばいいのです。

授業には誰よりも真剣に参加し、授業中にその範囲を完璧にするつもりで授業に臨むのです。

もちろん、それだけで受験を突破できるとまでは言いません。しかし、授業をしっかりと聴いてるの聴いていないのとでは、

また、基礎が固まっているのと、固まっていないのとでは、

部活を引退して本格的に受験勉強を始めるときに大きな差があります。

部活をやりながら現役合格する方法③:逆に授業時間を利用する

上で紹介した授業だけは聞く、というものと真逆の話になってしまうのですが、

これはどういうことかと言いますと学校によっては授業の進度が遅すぎる、簡単すぎる、という人もいますよね。

地方の高校から東京大学を目指す学生などにこういうパターンは多いです。

 

そんな時は逆に授業の時間、やるべきことを最低限やって、あとは自習に当ててしまおうというものです。

そうすれば平日学校のある日、自習の時間を10時間とるなど、普通の人じゃできないほどの勉強時間を取ることが可能になります。

ただし、これは学校の授業を聞かないでいい、学校の授業中に内職することをお勧めしている、というわけでは無いので注意してくださいね。

自分の学力と、状況を冷静に考えて選択してください。

 

部活をやりながら現役合格する方法④通学時間を利用

通学時間、無駄にしていませんか?

電車通学の人は通学の時間、ついついスマホを触ってしまいがちですよね。

私もその気持ちはとても良くわかります笑

 

でも受験生にとっては、特に部活生にとってはその時間も貴重な勉強時間なのです。

その時間を利用して英単語帳古文単語帳をやる、リスニングをやるなど出来ることはたくさんあります。

毎日10分でも積み重ねれば非常に大きなものになります。

これを見た日から始めましょう!

ただし、これは自転車通学の人は使えませんので、別の方法を探しましょう笑

自転車に乗りながら本を読んだり、イヤホンで音楽を聴くのは本当に危ないのでやめましょう。自分の命だけでなく、相手の命までを危険にさらすことになりかねません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

毎日部活で忙しいと、なかなか受験勉強と両立するのは難しいですよね。

それでも迫ってきてしまうのが受験というもの。

賢く勉強して、部活をやりながら現役合格しましょう!

 


➡部活生が現役合格するなら武田塾!
(武田塾の説明のページに行きます。)

関連記事

Category

Keywords