Category

立正大学は心理系で有名?学べることと強みを調べてみた

立正大学は心理系で有名?学べることと強みを調べてみた

大学で学んでみたい学問や取得したい資格から照らし合わせ、志望する学部学科を絞り込むことは、大学入学後のミスマッチを最小限に抑えるために必要なことです。

なかでも、「大学で心理系の勉強がしたい!」という受験生であればきっと他の学問領域に興味のある受験生よりも注意深く調べている方が多いのではないでしょうか。

というのも、将来心理系の仕事に就きたい!と考えている場合、資格を必要とする職業もあり、学部の4年間に加えて大学院への進学が必須なケースがあったりするためです。

心理系の勉強をするならどの大学がいいんだろう、と調べた時に「立正大学は心理学を学ぶのに最適な環境」という情報を見かけた方も多いかもしれませんね。

そこで、この記事では立正大学が心理系に強いと言われている所以を調べてみました。

この記事を読んだ方が心理学を学べる大学について知見を得られれば幸いです。

➡︎心理系に強い大学に受かるなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

立正大学ってどんな大学?

そもそも、立正大学とはどのような大学なのか簡単にご紹介します。

立正大学は東京都品川区にメインキャンパスを構え、8学部15学科7研究科を有する総合大学です。

経験で得た知識が身につく教育を提供することで、社会が求める人材である「モラリスト×エキスパート」を育むと掲げています。

2019年度の入試難易度は、偏差値35~52.5、センター得点率は40%~80%と学部ごとに難易度の差が見られ、幅広く分布しています。

基本的には真面目でおとなしい学生が多いものの、サークルや学園祭等では活気の溢れる大学なので勉強だけでなくやりたいことに打ちこめる環境が整っています。

立正大学の心理学部はどんな学部?

では、本題である立正大学の心理学部についてみていきましょう。

立正大学の心理学部には臨床心理学科と対人・社会心理学科という2つの学科があります。

臨床心理学科では「心」のさまざまな働きや行動について学んだり、援助やケアの実践的な方法といった専門知識を、臨床心理士有資格者15名以上の教員と、その他の専任教員のもとで学ぶことができます。

対人・社会心理学科ではコミュニケーションの問題や個人の悩み、文化・社会の問題をこころの面からひもといて学ぶことが可能となっています。

入試難易度はどちらの学科も偏差値50となっています。

心理学部に在籍している学生数は1167名で、女子学生が多い学部となっています。

立正大学心理学部臨床心理学科の特徴・強み

カウンセリング 臨床心理学

何といっても、臨床心理学の世界で有名な教授が数多く在籍しているため、第一線で活躍するための知識や視点を直接学べることでしょう。

立正大学の心理学部の評判が良く、有名な理由もここに由来するでしょう。

また、心理学と一言で言っても様々な領域があり、大学によって学べる心理学の領域も少し違いが出てきます。

立正大学の臨床心理学科の場合、他の大学の心理学部と比較すると教育・臨床心理学をより重点的に学ぶカリキュラムとなっているのが特徴となっており、心の病気や心の問題について学びたい学生にとって最適な学習環境が整っていると言えます。

そして、臨床心理士の資格は臨床心理学科でのみ取得可能となっています。ご存知かもしれませんが臨床心理士は学部を修了するだけでは取得できず、そこにプラスで(財)日本臨床心理士資格認定協会が指定する大学院の修士課程を修了することで受験資格が得られます。

立正大学大学院心理学研究科臨床心理学専攻は、第1種指定校となっているため修士課程を修了した段階で受験資格を得ることが可能です。

立正大学心理学部対人・社会心理学科の特徴・強み

対人 コミュニケーション

臨床心理学学科と比べると、心理学に軸を置いたカリキュラムであることには変わりないものの、何か一つの領域を専門的に学ぶ、という色は弱くなります。

「自己」「対人」「集団」「文化」といった幅広い領域に対し、「心理学」という視点から深掘りをして学んでいくようなイメージの学科になっています。

そのため、臨床心理士の資格取得はできないものの、公認心理士の受験資格(受験するためには大学院で修士課程の修了もしくは国指定の施設で実務経験を積む)と認定心理士の取得は可能となっています。

逆に、対人・社会心理学科でのみ取得できる資格が社会調査士となっています。こちらの資格はマーケティングなど幅広い職種で役立つ、高度な専門スキルとなっているため、大学卒業後に企業就職を考えている学生にとっても有意義な学びを実践することが可能となっています。

まとめ

以上、立正大学の心理学部についてお伝えしました。

同じ「心理学部」でも大学によってカリキュラムの傾向や取得できる資格が異なってくるため、興味のある大学があればホームページや資料だけにとどまらず、オープンキャンパス等で学生や教授に直接質問してみましょう。

大学入学にどのような学びをするのかという具体的なイメージを得られ、将来の夢を実現させるために最適な進路の選択の助けになるはずです。

➡︎心理系に強い大学に受かるなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

関連記事

Category

Keywords