Category

福間の無機化学を徹底解説!基礎から応用まで使える!

福間の無機化学を徹底解説!基礎から応用まで使える!

「福間の無機化学って友達から聞いたり本屋で目にしたりするけど、実際どんな本なんだろう」

「無機化学を得意にしたいけど、自分のレベルに合っている本かどうかわからないなぁ」

 

あなたは今、そう思っていませんか?

 

この記事を読めば、福間の無機化学がどういった本か完璧にわかります!

 

福間の無機化学の難易度のレベル、

効果的な使い方、さらには福間の無機化学と合わせて使うとより効果的な参考書まで徹底的に解説しています!

 

効果的な無機化学の勉強をすることで化学を得点源とすることで、

あなたの第一志望合格によりいっそう近づきます!

 

この記事があなたの第一志望合格の手助けとなれば幸いです。

 

 

➡化学の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

福間の無機化学の講義とは

 

化学は

  1. 「理論化学」
  2. 「有機化学」
  3. 「無機化学」

 

の3分野からなり、今回はその「無機化学」分野の参考書の紹介になります。

『福間の無機化学の講義』は、化学を1から始める初学者の人にもおすす
めの参考書です。

入試化学を解くために必要な知識がコンパクトにまとまっていて、MARCHレベルの学生はもちろん、難関大学受験生にとっても化学の基礎知識を固めることができます。

また、後ほど詳しくご紹介しますが、巻末付録の冊子を利用することで効率よく学習することができます。

 

➡化学の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

福間の無機化学の使い方

 

この参考書には、別冊の教材として、

「入試で使える最重要Point総整理」

という小さな冊子が付属しています。

入試問題を解くために覚えておきたい知識が整理されており、ここに書かれている内容は試験の時にもスラスラと頭の中から出てくるよう、徹底した暗記を心がけましょう。

ただし、化学の初学者には注意が必要です。

なぜならば、理系科目の暗記をする際には理解が必要だからです。

理解がしていない範囲を、闇雲に暗記しようとしてはいけません。教科書やノートなど、暗記事項における理解を深め、その上で暗記するようにしましょう。ある程度意味が分かったうえで暗記しないと、問題で何を聞かれているのか理解できず、応用力がつかず得点の伸び悩みにつながります。

一通り理解をした範囲は、この小冊子を使い、書いてある内容の徹底暗記につとめ、問題を解く上で、確実に知識を使いこなせるようにしましょう、

化学の得点数は、正確に覚えている知識の量に比例してアップします。

特に、無機化学分野では、化学反応や、特に際頻出問題のうちの一つでもある沈殿形成反応に関する「理論」についてきっちりと理解しましょう。

この福間の無機化学では、暗記分野である無機化学について、きちんと反応機構の理論や、理由づけがされているので、暗記しやすくなおかつ忘れにくい構成になっているのでオススメです。

併用できる問題集と参考書は?

無機化学以外の2分野については、同じシリーズで『鎌田の理論化学の講義』と『蒲田の有機化学の講義』という2冊が出版されています。

これら2冊とは、著者の先生は異なりますが、こちらの本も理解しやすく、その上で暗記するように構成されており、とても学習しやすくなっています。

また、この参考書と併用して、MARCHレベルの過去問に取り組む前の演習としては、

「化学 レベル別問題集3 上級編」がオススメです。

一度覚えた知識の確認するためにも、また、応用問題での頻出問題に慣れておくためにも、必ず問題演習をしましょう。

また、化学の計算問題は有効数字があやふやになりがちだったり、指数違いなど、桁数に気をつけなければならないので、日ごろから計算ミスにも気を付け、自分の手できちんと計算をして答えを出すようにしましょう。

試験では当然ですが、電卓は使えません。

繰り返しになりますが、日頃から自力で素早く正確に計算し答えが出せるようにしましょう。

また、過去問等、問題演習の段階に入ったら今自分がどんなことを身につけたいか意識するようにしましょう。

福間の無機化学まとめ

  1. 入試無機化学を解くために必要な知識がコンパクトに詰まっており、別冊も活用しやすい。MARCH~難関大学受験生に最適
  2. 無機化学分野のほか、著者は異なるが有機化学、理論化学も同じシリーズで出版されている。

 

➡第一志望に合格したいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

関連記事

Category

Keywords