Category

良問の風の使い方を東大生が解説!基礎から応用へのステップアップ!

良問の風の使い方を東大生が解説!基礎から応用へのステップアップ!

 

「教科書レベルの基本問題は一通り解けるようになった。次にどの問題集やればいいかな?」

「実際の入試レベルの問題にそろそろ取り掛かりたい。」

「良問の風はどう使えばいいの?」

 

こんな風に考えているあなた。

この記事はそんなあなたのために、良問の風がどのような参考書かを完璧に説明します!

この記事では、受験時に実際に良問の風を利用していた東大生が、経験を元に特徴や使い方を解説していきます。

 

基礎から応用の足がかりとして存分に活用し、レベルアップにつなげましょう!

それではまずは本のプロフィールから。

➡物理の成績を伸ばすなら武田塾!
(武田塾の説明のページに行きます。)

良問の風とは

著者は河合塾講師の浜島清利さんです。河合塾ではベテランの先生で、別の記事で紹介されている「物理のエッセンス」や、「名門の森」などの有名物理参考書の著者でもあります。

 

内容は、センター試験〜関関同立・MARCHレベルの問題が集められた問題集となっています。そのため、物理が全く初めてだ、という人には向かない参考書です。

むしろ、教科書の問題+αの基本問題なら解ける、という人が対象です。同じく浜島さんが著者の、物理のエッセンスを終えたくらいでちょうどいい難易度となっています。

 

問題数は150問程度で、入試物理の全分野から抜粋されています。

各問題に丁寧な解説がついており、理解しながら読み進めれば確実に物理の実力が上がるような内容です。

物理の参考書の中には、問題数は多いものの解説が短く、「解答」レベルでしか載っていないものもあります。

一方、良問の風は問題数はそう多くないながら、解説が丁寧なのでとても勉強になります。難関大学では物理の入試問題が記述式である場合もありますが、回答を書く時に必要なことだけを選んで書くことが大切になってきます。

丁寧な解説はそのような技術を身につける際に参考になるため、良問の風はとても有用です!

良問の風の使い方

良問の風は問題集なので、基本的には問題を解き進めていくことになるわけですが、参考書の前書きに、作者による良問の風の使い方が説明されています(本書の使い方)。

 

まず、重要事項のまとめの確認から始めます。ここにはその分野の問題を解くに当たって必要なことが載っています。参考書などを片手に追ってみて、わからないところがあればここで復習してしまいましょう。

 

読み終わったら問題を解きます。あまり一題に時間をかけすぎないことが大事です。物理の入試出題ではジャンルが数個にわたり、問題数も多い場合があるので、詰まった問題にだらだらと時間をかけるのは悪手となりがちです。

 

解いた後は巻末の答えを見てあっているか確認しましょう。もし間違っていたら答えを見た上でもう一度考えてみることをおすすめします。これは、次元などの違いに敏感になることやきっちり解答を合わせに行く(細かいミスをしない)練習のためです。

 

一通り終えたら、別冊の解説を読みましょう。間違っていた場合はもちろん、「これであってるのかな?」と思いながら解いた問題についても解説をよく読んでみるべきです。きっと勉強になるはずです。

解説を読む時はとりあえず納得したら次に進む、というのではなく、次に類似の問題が出てきた時に同じように解答を再現できるかどうかを頭の中で確かめながら読みましょう。その問題だけ解けてもあまり意味がありません。

 

間違えた問題に関しては復習が必要です。どの教科でも同じだと思いますが、復習によって初めて定着することも多いです。

 

復習も含めたセットをどういう風に回していくかは人それぞれかと思います。例えば、あまり問題集に触れていない人ならば各章が終わるごとに復習をし、単元ごとにマスターしながら丁寧に進める。

また、もう何冊か問題集に触れている人などは一冊まるごと解き終えてて、少し時間を空けてから最初から復習し直すというのも手です。

 

自分の状況を見てやり方を変えてみてください!

 

良問の風の次にやるべきなのは?

良問の風をマスターすれば、基礎から標準問題に関しては十分に解ける実力が着きます。

志望校の物理の問題がそこまで難しくはない、標準レベルだという人はここで過去問演習に入ってよいでしょう。志望校の出題傾向を知って上で自分の実力を見直すのも大切です!

さらに応用的な問題、難易度が高い問題を解けるようになる必要がある人は「名門の森」を試してみましょう。名門の森は良問の風と同じ作者の問題集で、問題の難易度がかなり高くなっています。良問が揃っていますので、こちらを良問の風と同じレベルでマスターできれば東大京大レベルの問題にも手が出るようになります!

➡志望校のレベルにあった授業を受けるなら武田塾!
(武田塾の説明のページに行きます。)

 

良問の風まとめ

ここまで良問の風の特徴や使い方についてまとめました。問題集は復習をし、マスターしていくことで真価を発揮する(実力が付く)ので、しっかり復習していきましょう。

・重要事項の確認で理解できているかを確認

・解説を丁寧に読み、定着させる

・解きっぱなしにしない、復習をする

・今の状況に合わせて次の参考書を選択する

以上がまとめになります!

良問の風をマスターし、志望校へぐっと近づきましょう!

➡志望校のレベルにあった授業を受けるなら武田塾!
(武田塾の説明のページに行きます。)

関連記事

Category

Keywords