Category

難系の特徴や使い方を物理学科生が徹底解説

難系の特徴や使い方を物理学科生が徹底解説

 

 

「物理の勉強について調べていると、難系とかいうやつの名前をよく聞く。

変な名前だから印象に残るなぁ。

 

いい本らしいけど、一体どういうところがいい本なんだろう?」

 

あなたは今、そう思っていませんか?

 

この記事を読めば、難系がどういった本か完璧にわかります!

 

難系の特徴から難系の難易度のレベル、

難系を完璧にした後に到達出来るレベルや

効果的な使い方、さらには難系を完璧にした後に使うべき参考書まで

 

徹底的に解説しています!

 

効果的な物理の勉強をすることで物理の成績を一気に伸ばしていき

あなたの第一志望合格に一気に近づくことができます!

 

この記事があなたの第一志望合格の手助けとなれば幸いです。

 

➡物理の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

物理の難問題の系統(難系)とその解き方とは

まず難問題の系統とその解き方とは、ニュートンプレスから発行されている、受験物理の難問題を

網羅的に集めた問題集となっています。

 

 

名前からも分かる通り、受験物理において難問と呼ばれる問題が数多く収録されています。

 

基本的に見開き1ページで例題と演習問題がセットで載っており、

多くは有名大学の過去問や過去の模試の問題などから引用されていて、また時には著者の創作問題も含まれています。

 

 

硬派な見た目からもわかるとおり、昔から出版されている本で、

古くから、東大や京大難関医学部の物理の対策のための問題集として、長く受験生から愛用されています。

 

 

中身も文字の書体やレイアウトが『The・物理学書』といった感じで、見慣れない人にとっては最初はインパクトを感じるかもしれません。

 

レベルは市販されている物理の問題集の中でもかなり高いものであり、最難関大学を受験する人や物理が非常に得意である人向けとなっています。

 

逆に言えば、物理があまり得意でない人や時間がない現役生がこの本に手を出しても、

ほとんど意味がわからなかったり、むしろ混乱して逆効果になることも考えられます。

 

自分のレベルや志望校のレベルを十分に吟味して、この本に手を出すかどうか判断しましょう。

 

 

受験物理を極めたい人にとっては、このレベルがゴールだという目標にもなったり、

長い文章の問題のいい訓練にもなるので、もってこいです。

 

 

➡物理の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

物理の難系を完璧にした後に到達するレベル

 

この本を完璧にすれば、受験物理で困ることはほとんどなくなるでしょう。

 

本番で装置や設定が凝った問題を見ても、

 

「あ、これは結局あの問題と問題で扱ったテーマをやっているんだな」

 

のように、問題の構造を論理的に俯瞰できるようになります。

 

 

また計算量が多い問題も収録されているので、解法の発想だけでなく、処理能力も十分に鍛えられます。

 

ただし完璧といっても、全ての問題をさらっと一回解いただけでは、完璧になっていることにはなりません。

一つ一つの問題には必ずテーマがあるので、それらを意識しながらしっかり理解できるまで繰り返しましょう。

 

物理の難系の使い方

上にも書いたとおり、見開き1ページに例題と演習問題が収録されていますが、

例題でも十分に問題のクオリティが高く、これをやるだけでも十分な物理力が身につくので、

本当に時間があって物理の能力を限界まで伸ばしたい人のみ、演習問題までやり、

それ以外の人は例題だけをじっくりやることがお勧めです。

 

 

また、解説が若干少なく、苦手な分野等はどういうことを言っているのかわからなくなることもあると思うので、

そういう時は一つ前の段階の問題集に戻ったり参考書などで調べたり、先生に質問しつつ進めていくことが重要です。

 

 

またこれは受験勉強全てにもいえることですが、各分野にも優先度はあります。

 

例えば、入試問題では比較的出題されることの少ない交流回路や原子物理にたくさん時間を割くよりも、

まず力学、電磁気の重要問題をやるようにすることが先決です。

 

 

なので最初の1ページ目から順番に進めていくことに固執せず、

これは解けなきゃいけないと思った問題をリストアップしそこから始めていくことが効果的といえます。

 

➡物理の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

物理の難系が終わったあとは?

 

難系が終わればそのまま過去問演習に入って良いでしょう。

 

 

ただし、難系をすべて完璧にできる人は非常に少ないので、

自分でここまでは完璧に出来るようになろうと決めた範囲が大丈夫になれば、

そのタイミングで過去問演習に入っても大丈夫です。

 

物理の難系まとめ

  1. 難系は市販されている問題集の中でもかなり上級者向け。
  2. 実際に出題された難問に数多く触れることができる。
  3. 他の問題集では少なくなりがちな、重厚な問題が豊富
  4. 全てを完璧にさせることに固執せず、優先順位をつけて

 

➡物理の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

関連記事

Category

Keywords