Category

読んで見て覚える重要古文単語315を撤退解剖!特徴から効果的な使い方まで

読んで見て覚える重要古文単語315を撤退解剖!特徴から効果的な使い方まで

 

 

「古文苦手で単語やらなきゃいけないなあ。とりあえず本屋で見てみたけどどれもおんなじような気がするし、どれがいいのかわからないな。

 

読んで見て覚える重要古文単語315は聞いたことあるけどどんな本なんだろ」

 

 

あなたは今、そう思っていませんか?

 

この記事を読めば、読んで見て覚える重要古文単語315がどういった本か完璧にわかります!

 

この本の特徴から難易度のレベル、完璧にした後に到達出来るレベルや

効果的な使い方まで、徹底的に解説しています!

 

効果的な古文の勉強をすることで成績を一気に伸ばしていき

あなたの第一志望合格に一気に近づくことができます!

 

この記事があなたの第一志望合格の手助けとなれば幸いです。

 

➡古文の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

読んで見て覚える重要古文単語315とは

 

読んで見て覚える重要古文単語315とは、その名の通り大学受験で必要とされる古文単語を見出し語で315個集めたものです。

 

それぞれの単語には慣用句なども含まれているため、全体で見ればざっと360単語が収録されていることになります。

 

 

この315という数字は大学受験の古文で必要とされる単語数としては標準的なものです。したがって、古文が苦手な受験生はもちろん、GMARCHレベルまで十分対応できるものとなっています。

 

この古文単語帳の一番のポイントは、多義語や背景知識がイラストとともに描かれていて、とても豊富なことです。

 

皆さんの中には

「古文単語なんか今の日本語と意味変わってるし覚えにくい」

「英単語ですら大変なのにこれ以上単語なんて無理やり覚えるのって大変」

と思ってる人もいるのではないでしょうか。

 

 

この本では、なぜ古文の世界ではその言葉がその意味を持つのか、背景知識や語源までイラストでわかりやすく説明してくれています。

 

 

人間は理由もなしに単純に暗記することは苦痛に感じる生き物ですが、理由や根拠がはっきりしているものは圧倒的に頭の中に残りやすくなります。

 

そのような脳の性質をうまく利用して、効率的に単語を暗記するためのメソッドがこの本には詰まっています。

 

 

また、古文単語では一つの言葉で様々な意味が含まれてる事も少なくないですが、普通の単語帳ではこの中で一つの意味だけを書いてあるものも多いです。

 

それに対し、この読んで見て覚える重要古文単語315では、それらの意味が複数載っており、さらにそれぞれについて背景知識や使うタイミングなどがイラストでわかりやすく解説されているので、多角的に単語を暗記することが可能です。

 

派生語も充実しているので、一つの単語を勉強する際に一気に複数の単語の勉強も並行して行えることになります。

 

➡古文の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

重要古文単語315を完璧にした後の到達レベル

 

これを完璧にすれば、中堅校の受験古文には十分対応できます。

またセンター試験しか使わない理系の受験生などにもおすすめできる本といえるでしょう。

 

ただし、この本を一周したからといって完璧になっているとは言えません。

 

単語数もとても多いわけではないので、索引なども活用し、何度も繰り返して、意味をそらんじることができるようになるまで続けましょう。

 

➡古文の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

重要古文単語315の使い方

上に書いたとおり、この本には見出し語の315語に加え、派生語も充実していますが、

まずは受験頻出のこの見出し語をマスターすることから始めましょう。

 

 

その際、一つの単語に色々意味があることがありますが、初めから完璧を目指すのでなく、

まず絶対に抑えるべきメインのところから覚えていき、何周かして余裕が出来た時に残りの意味や派生語も覚えていくようにしましょう。

 

 

見出し語の315語を暗記するだけでも、多くの大学受験の古文に必要な単語数は身についているので、

もし過去問を解いて、自分にはまだ語彙数が足りないと感じたら派生語を勉強するようなイメージでも大丈夫です。

 

 

頑張って派生語まで完璧にしようと思っていても、

自分が受験する大学で全く必要のないレベルのものをやっていては効率が悪いので、

しっかり自分のレベルや志望校のレベルを吟味しながら勉強を進めていくことをお勧めします。

 

 

また単語は繰り返しずっと続けていくことが必要です。

せっかく単語を覚えても、1ヶ月近く全く触れなければほとんどの単語を忘れてしまうことも少なくないです。

 

 

なので、背景知識やイラストを有効活用して、なるべく一度頭に出たら忘れないような

強烈なイメージをもてる単語を増やしていき、残りは地道にコツコツ続けていくことが大切です。

 

重要古文単語315まとめ

  1. 受験頻出単語が網羅的に収録されており、たいていの大学はこれ1冊で対応できる。
  2. 背景知識や多義語などがイラストでわかりやすく解説されているので、イメージとセットで覚えられる。
  3. 使う際には、まず見出し語の315語を覚えるところから始めると良い。

 

➡古文の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

 

関連記事

Category

Keywords