Category

武田塾おすすめ・化学の新演習を徹底解明!東大や医学部レベルまで対応!

武田塾おすすめ・化学の新演習を徹底解明!東大や医学部レベルまで対応!

 

 

「化学の新演習って友達から聞いたり本屋で目にしたりするけど、実際どんな本なんだろう」

「化学を得意にしたいなら新演習がいいって聞いたけど、難しいとも聞くし今の自分のレベルに合っているのか不安だなあ」

 

あなたは今、そう思っていませんか?

 

この記事を読めば、新演習がどういった本か完璧にわかります!

 

新演習の特徴から新演習の難易度のレベル、

新演習を完璧にした後に到達出来るレベルや

効果的な使い方、さらには新演習を完璧にした後に使うべき参考書まで

 

徹底的に解説しています!

 

効果的な化学の勉強をすることで化学の成績を一気に伸ばしていき

あなたの第一志望合格に一気に近づくことができます!

 

この記事があなたの第一志望合格の手助けとなれば幸いです。

 

 

➡化学の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

武田塾おすすめの化学の新演習とは。レベルや問題数は?『重要問題集』以上!東大や医学部対策にも


化学の新演習といえば、難関大、中でも化学の問題の難易度が難しい大学の受験者にとっては有名な一冊となっています。

対象は主に早慶理系、難関国立大志望の受験生となっていますね。

 

逆にいえば、そのレベル以外の人や、まだ化学を苦手としている人にとっては少しオーバーワークになる可能性があるので、化学の問題演習に新演習を使うかは自分や志望校のレベルと見比べて決めましょう。

 

 

内容の特徴としては、難易度が高く、問題数の分量もこれさえやれば他はいらないと言えるほど十分に揃っています。

 

わかりやすいように化学の重要問題集と比較しても、より難易度も高く、分量も多くなっているので、重要問題集の上位互換版ということもできるかもしれません。

 

➡化学の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

武田塾おすすめの化学の新演習を完璧にした後の到達レベル。東大や医学部もOK

先ほども書いた通り、新演習は受験難問レベルが十分に揃っているので、これを完璧にすれば大抵の入試問題に対応することができるようになります。

ただし、分量も多いので、

特に現役生はすべてを完璧にするのは時間的にも相当厳しいというのが現実であり

可能なレベルまでをじっくりやるというがいいでしょう。

 

逆にこれを完璧にできた人は、自信を持って入試で化学を受験できます!

武田塾おすすめの新演習の使い方。東大や医学部レベルまで


こちらは網羅系の問題集となっているので、重要問題集などを終えた後に、さらに化学の理解を深めたい、という人が手をつけるとちょうどいいレベルになってきます。

 

また、レベルが3つに分かれているので、「自分は化学がまだそれほど得意とはいえないなー」という人は、一番簡単なレベルから進めていくのも効果的です。

 

また、分野ごとにも理論・無機・有機と3つに分かれているので、特定の分野だけに絞って問題演習を進めて行くのも1つの手です。

例えば、「有機は得点源にしたいから有機分野は集中的にやって、他のところはあまり手をつけないけど、取れるものを落とさない程度にしよう!」という使い方も良いでしょう。

 

また、こちらは同じく化学の参考書では有名な「化学の新研究」の著者が作ったものなので、わからないところが出てきたら新研究で調べる、という使い方もお勧めできます。

武田塾おすすめの化学の新演習の次のレベルに行くなら?

新演習を終えた後は、基本的に過去問演習に入って良いでしょう。

特に化学が最難関の大学を受ける人や、より本質的な理解を得て化学を最強にしたいと考えている人は、新理系の化学問題100選などがお勧めです。

ただしほとんどの人には必要ないので、何度も新演習を繰り返し復習することが重要です!

武田塾おすすめの化学の新演習まとめ

  1. 新演習は重要問題集よりもレベルが高く、問題数も多い。最難関大学受験生向けのものと言える。
  2. 網羅系問題集であり、レベルが3段階、分野も理論、無機、有機の3つに分かれている。
  3. すべてを完璧にするのは厳しいので、特定のレベルや分野に絞ってやりこむのも効果的。

 

➡化学の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

関連記事

Category

Keywords