Category

神余のパノラマ世界史で一気に展望を開く!世界史おすすめの一冊

神余のパノラマ世界史で一気に展望を開く!世界史おすすめの一冊

「世界史の流れがつかめない...勉強している地域の通史はわかるんだけど、周辺国との関わり合いやその様子がうまく繋げられない...」

あなたは今、そんなふうに思っていませんか?そんなあなたのために、定期試験・大学入試対策に、実際に勉強で使用していた筆者が、「神余のパノラマ世界史」を徹底解説します。

この記事を読めば、「神余のパノラマ世界史」には、どのような特徴があるのか、そしてどのようにこの本を利用すればよいのかが完璧に分かります。するとあなたの世界史の成績は向上し、定期考査、ひいては入試においても高得点をとることができるでしょう。

この記事が世学習の上で役にたち、あなたが志望校に合格すれば幸いです。

 

受験で世界史を得意科目にしたいなら武田塾!

(武田塾の説明ページへ行きます。)

神余のパノラマ世界史の特徴

神余のパノラマ世界史(通称:パノラマ世界史)は学研教育出版から出されている世界史を概観する参考書で、全2冊で構成されています。

具体的には、「古代〜近代へ パワーアップ版」と「近現代 パワーアップ版」となっています。

 

それぞれパワーアップ版とあるように、パワーアップする前の神余のパノラマ世界史も出版されているので、購入するときに注意しましょう。

レベルとしては、教科書基本〜MARCHといったところです。

内容は基本的に教科書に沿ったものとなっており、そこまで細かい部分の解説はないにしろ、教科書に載っている事件や出来事を把握するのには十分な質と量を兼ね備えています。特

に教科書の硬い文体を苦手だと感じる人は、パノラマ世界史を併用しながら学習するとよいでしょう。

 

また同じような参考書で「ナビゲーター」や「実況中継」もありますが、それぞれ巻数が多く、いくら噛み砕いていると言えども、読む気にならない人もいると思います。

そのような人は同じような解説本でも、より簡潔に要点を押さえた解説を行なっているこちらの参考書を利用するとよいです。

カラーと地図

教科書を読む上での最大の敵は無味乾燥に見える本文です。

細字と黒字が分けてあるものの、どうしても読むのに飽きてしまいますよね。

 

その難点を解消してくれるのも、パノラマ世界史の特徴の一つです。

黒字が中心になっているものの、重要なところは太字や赤字をポイントにし、写真などはフルカラーとなっています

特に赤字のところは赤シートで隠して学習できるようになっており、参考書として使いつつ問題集としても使えるようになっています。

 またパノラマ世界史には地図が豊富に挿入されています

地図は世界史学習の上で必須のものであり、通常スペースの限られる教科書には必要最低限分しか載っていません。

しかし、パノラマ世界史にはかなりの頻度で地図が描かれています。

特に他国・他地域との関わりが重要になる場面では必ずといっていいほど、地図が入っています。

注意!ただ地図を眺めているだけになっていない?

 地図学習の上での最大のポイントは、その位置関係・変遷をしっかり理解することです

地図に限らず写真や図など「見る」ことが中心になるものは、その手軽さゆえについつい覚えた気になりやすいです。

特に地図は、「A国の北にB国があって、東にはC国があって...」など確認するにとどまりやすいものです。

 

しかし、通史学習をする上ではもう一段階考えを深め、いつからB国はそこにあるのか、A国とB国の関係はどうなのかということを思い出したり、頭の片隅に置いておくことが大切になります

このように地図の特性を最大限に生かすことが、パノラマ世界史をフル活用する上で非常に大切になります。

神余のパノラマ世界史の使い方:時期別

1・2年生

まず1年生については、一般に進度もそれほど早くないと思うので、試験範囲をすぐに読み終えることができると思います。

そこで基本的には定期試験前に範囲を2〜3回読んで、問題演習を行うとよいでしょう

さらに余裕があれば、興味に応じて長期休みに最初から最後まで通読してみてください。

 

2年生はややペースも上がり得意・苦手がはっきりする頃だと思います。

得意な人は2週間単位で復習として使いつつ、長期休みに最初から最後まで未習範囲も含めて2〜3周読んでみるとよいでしょう

暗記までは不要なので流れをしっかり押さえた上で3年生に上がってください。

一方で苦手な人は1週間でもかなりの進度になるので、週末にその週に習った範囲をパノラマ世界史を読んで復習してください。

確実に知識を増やしていくことを重視します。

3年生

3年生ではそれぞれが目指すレベルによって使い分けが必要です。

記述も要求されるレベルを考えいている人はさらっと基礎固めに利用する程度に留めてさらに難易度の高い参考書を利用してください。

センターだけの人も流れの理解に利用した上で、問題演習を通じてすぐにアウトプットするようにしましょう。

 

 

 

最後に

地図やカラーといったパノラマ世界史の利点を生かした学習で、みなさんの世界史学習がはかどることを祈っています。頑張ってください

 

世界史の受験対策に困った...そんな時は武田塾!▶▶

(武田塾の説明ページへ行きます。)

関連記事

Category

Keywords