Category

古典文法基礎ドリル(ステップアップノート30)の使い方を解説!

古典文法基礎ドリル(ステップアップノート30)の使い方を解説!

 

「古文がとにかく苦手。何言っているのかわからない。」

「古文の文法が全く理解できない。覚えられない。」

「古典文法基礎ドリルステップアップノート30という本を書店でよく見かけるけどどんな本なんだろう・・・。」

「友達がステップアップノート30を使っていたけど自分に使えこなせるかな?」

 

 

あなたは今、そう思っていませんか?

 

この記事を読めば、古典文法基礎ドリルステップアップノート30がどういった本か完璧にわかります!

 

この本の特徴から難易度のレベル、完璧にした後に到達出来るレベルや

効果的な使い方まで、徹底的に解説しています!

 

効果的な古文の勉強をすることで成績を一気に伸ばしていき

あなたの第一志望合格に一気に近づくことができます!

 

この記事があなたの第一志望合格の手助けとなれば幸いです。

 

➡古文の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

古典文法基礎ドリル(ステップアップノート30)とは

 

「古典文法基礎ドリル(ステップアップノート30)」とは、大手予備校の河合塾の出版する、入試古典文法での王道の参考書兼問題集であり、

内容は、基礎的な暗記事項と問題演習との構成になっており、見開き30ページで完結しています。

コンパクトにうまく必要なことがわかりやすくまとまっており、ある程度学校で勉強した受験生はもちろん、古典文法を学びたての受験生にもオススメの一冊です。

しかしもし、この本を使ってわからないことがあれば、教科書や実況中継系の別の参考書も参照しながら学習しましょう。

 

この古典文法のドリルをやり終えたレベルとしてですが、MARCH以上の実力が見込めるでしょう。そのため、「もしセンターだけでしか古文を使わない」という人にとってはオーバーワークになります。

 

➡古文の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

古典文法の基礎ドリル(ステップアップノート30)の使い方

 

まず最初に、まとめられている暗記事項や知識の整理のための欄に目を通してみましょう。

すでに学習した人にとっては、知識の確認や定着になります。

 

また、知識の抜けや覚え忘れがあった際には、きちんと理解をすること暗記するようにしましょう。

もしここで学習して不安要素があった場合には、手持ちの教科書や、他の本を当たってしっかりと確認をしておくことが大切です。

 

一方、まだ学習していない分野だったり、古典に特に苦手意識を感じている人は、実況中継ものの参考書と併用して暗記事項を確認していきましょう。

オススメの実況中継の参考書は「望月光 古典文法の実況中継」です。

 

この本を読んでから知識の確認をステップアップノート30で行うようにすれば、効率良く古典文法の学習ができるでしょう。

知識の整理や暗記事項の学習を終えた後に、問題演習を行います。
この時に大切なのは、なぜこのような答えになるのか、ということです。
一つずつ、理解をできて解くことができているかを意識しながら解くようにしましょう。また、この時に古典での文章が読めているかどうかはきにする必要はありません。文法知識の獲得に集中しましょう。

➡古文の成績をグンと伸ばすなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

 

古典文法の基礎ドリル(ステップアップノート30)と併用すべき問題集は?

 

古典文法に関しての演習はこのステップアップノート30で十分ですが、古典読解等、入試で出題される形式に慣れ、実際に点をとっていくための演習が必要になります。

センターでのみ古文が必要という人には
「マーク式基礎問題集古文」
がオススメです。

マーク式基礎問題集古文(河合塾)の使い方を東大生が解説!読解力を上げる方法

また、センター以外でも古典を使う人には、解説が詳しく、分かりやすく入試標準の問題を解説して自然に古典読解の力がつく
「元井太郎の古文読解が面白いほどできる本」
がオススメできます。

 

古典文法の基礎ドリル(ステップアップノート30)まとめ

  1. MARCH以上のレベルの大学を狙う受験生に最もおすすめできる。
  2. 知識を確認しながら演習問題を解き、同時に並行しながら古典の読解演習の勉強もすることが必要。

 

➡第一志望の大学に合格したいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

 

関連記事

Category

Keywords