Category

英文法ファイナル問題集の使い方を東大生が解説!演習量を稼ぐ!

英文法ファイナル問題集の使い方を東大生が解説!演習量を稼ぐ!

「英文法の問題をとにかく解いて、演習量を稼ぎたい。」
「軽いテスト形式で英文法の勉強ができる教材がほしい!」
「英文法の問題を難易度別に整理した教材がほしい!」

そう思っている受験生、いますよね?
そのような受験生のために、英文法ファイナル問題集を紹介します!

この記事では、受験生当時実際に英文法ファイナル問題集の標準編・難関大学編を使っていた東大生が、参考書の特徴や使い方など、詳しく解説していきます。

難易度別にしっかりと演習していけるので、演習の段階に入りたての人から、しあげのために問題を解きまくりたい人まで幅広い層の受験生におすすめできます!

それでは解説していきます。

英文法ファイナル問題集ってどんな参考書?

まず参考書のプロフィールから紹介していきます。

 

英文法ファイナル問題集は、「標準編」と「難関大学編」の2種類があります。

著者は瓜生豊さんと篠田重晃です。お二人とも河合塾の講師をされていて、他にもNext Stageや頻出英語問題シリーズ(いわゆる英頻)などを執筆されています。これらも有名な参考書ですよね。

 

難易度としては、標準編はGMARCHレベルに対応できる難易度、難関大学編はその名の通り難関私大(早慶)レベルやそれ以上にも対応していけるレベルの実力が付くような難易度となっています。

センター試験で言えば、マスターできれば標準編なら7~8割ほど、難関大学編なら満点を狙えるレベルの実力は付きます!

 

学習する順番としては、いくつか英文法の参考書を読み切ってから挑戦するのが良いです。あくまで問題集なので、単元ごとに英文法を一通り学んでから取り組むのが一番効果的な使い方となります。

 

構成は、全10回分のテスト形式となっています。各回のタイトルと共にStep1からStep3まで割り振られており、それぞれが難易度を表します。数字が上がるほど難易度も上がります。

第1回はStep1から始まるので頭から順番に解いていけば大丈夫です。

また、分野もざっくりと分けられており、Part1が動詞、Part2が形容詞・副詞・名詞、Part3が関係詞・接続詞・前置詞というふうにジャンル分けされています。これらも各回に割り振られていますので、

第1回:Part1のStep1

のように各回が構成されています。

英文法ファイナル問題集の使い方!

前述の通り、全部で10回分なので1日1回分やって10日で終ります。ただし、ただ解くだけだとあまり意味がありません。

やりっぱなしだと定着しません。問題集は何度もやり直すのが大切です。

 

まず解答用紙の標準回答時間を確認しましょう。実際の試験ではもちろん試験時間が決まっているわけですから、演習のときから解くスピードを意識していくのが大事になってきます!なるべく時間内に解けるように、もし解けなかったらその分野が苦手である可能性があります。再度解説書などを読み直し、知識をまとめるのも手かと思います。

 

解き終わったら、丁寧に解説を読んでいきましょう。そのときに横に英文法の解説書を置いておくとGoodです。頭に入っていなかった文法事項をまとめたり、例題で知識の定着を確認したり・・・英文法の勉強ではやることが多いです!

間違えた問題に関してはなぜ間違えたのかがわかっているかどうか、確かめながら読んでいきましょう。

 

また、問題の部分だけでなく与えられた英文と和訳を確認しながら読んでいくとなお効果的です。英文の大体の意味が分からないと英文法どころの問題ではなくなってしまいます。

英文法ファイナル問題集の次にやるべきは?

標準編をマスターした受験生は、レベルにあった選択をしましょう!

もしGMARCHクラスを志望校としているなら、これで基礎としては十分です。過去問に挑戦しつつ時間があるときに再度英文法ファイナル問題集を読み直し、知識の定着を図っていってください。

それ以上のところを志望校としているなら、難関大学編に移ってみるのがいいです。形式にもなれているはずですし、分量も多すぎることはないので、ちょうどいい腕試しになると思います。

 

難関大学編までマスターした人は、過去問をひたすら解いていきましょう!幸い、英文法の問題はいろんな大学で毎年のように出題されるので、問題が尽きることはありません。こちらも暇を見つけて英文法ファイナル問題集に戻ってきましょう。

 

また、この参考書をやりきれば大体の文章に登場する英文法は理解できると思います。英語長文や英作文など、他のジャンルの問題の対策に移っていきましょう。

➡ジャンル横断で英語の総合力をつけるなら武田塾!
(武田塾の説明のページに行きます。)

 

英文法ファイナル問題集まとめ

様々な目的の受験生に合う、英文法ファイナル問題集の紹介をしてきました!いかがでしたか?

まとめてみると、

・レベルが2つあるので、志望校のレベルに合わせて選択しよう。

・問題が難易度別に別れているので使いやすい。

・時間を気にしながら解くことで効果アップ!

・マスターすれば過去問を解く段階へ進める。

英文法ファイナル問題集を活用し、英文法なら怖くない、そういう受験生を目指しましょう!

関連記事

Category

Keywords