Category

東大生が詳説世界史Bの勉強法を徹底解説!教科書を完全活用して合格へ!

東大生が詳説世界史Bの勉強法を徹底解説!教科書を完全活用して合格へ!

「世界史の教科書って難しすぎて、かえって勉強で全然使えない...せっかく配布されてるのに勿体無い気がするけれど、どうしよう...」

あなたは今、そんなふうに思っていませんか?そんなあなたのために、定期試験・大学入試対策に、実際に勉強で使用していた東大生が、教科書である「詳説世界史B」を徹底解説します。

この記事を読めば、「詳説世界史B」には、どのような特徴があるのか、そしてどのようにこの本を利用すればよいのかが完璧に分かります。すると、あなたはうまく教科書を活用して勉強することが可能となり、定期テストひいては入試へとつながるでしょう。

この記事が世界史を勉強する上で役にたち、あなたが志望校に合格すれば幸いです。

 

世界史を得点源にして入試突破するなら武田塾!

(武田塾の説明ページへ行きます。)

 

詳説世界史Bの特徴

 

 詳説世界史Bは山川出版社から出版されている世界史の教科書で、多くの高校で採用されているものになります。実際持っている人がほとんどでしょう。そして、センター試験や国公立個別試験はこの山川の教科書に基づいて出題されます。

(最難関私立大学では、教科書に載っていないような単語もバンバン出ます。)

したがって、構成などは説明するまでもないでしょう。

基本的に時代ごとに前から書かれており、章の最後などには発展学習的な問題も設定されています。

ただ、もちろん教科書を見極めるにあたって重要なのは本文です。

凝縮度の高い最高の教科書

ここで少し考えて見てください。

日本語には同じ状態を表すにしても何通りもの言葉がありますよね。

そしてこの世界史の教科書はわずか450ページほどしかありません。

 

人類の長い歴史を450ページほどに納めるためには、内容もさることながら言葉のチョイスも重要になってきます。

 

つまり、詳説世界史Bは日本史研究のトップを走る大学の教授たちが言葉や表現を厳選して書いた非常に重みのあるものだ、ということです。

同意の他の表現を使用することもできるが、あえてこの表現を選んだのだ、ということを常に意識しながら読んでみると良いでしょう。

論述問題への活用

詳説世界史Bの記述はそのまま記述問題に使えるものがほとんどです

特に太字の単語ではなく、地の文の表現は覚えておくと、とても役に立ちます

 

東大・京大をはじめとする難関国公立や一部私立では論述問題が出題され、

多くの場合合否を分ける最大のポイントになります。

ただ論述を意識した教科書の読解をするのは、基礎がかなり定着してからの話になるので、高3で受験勉強が本格的に始まってからで十分です。

それまでは通史の理解をベースに教科書を読み込んで行きましょう。

写真や図表を生かす

教科書を開くと分かる通り、思いのほかカラフルな装飾になっており

しばしば地図や図表・写真が挿入されています。

 

これらは視覚的に読みやすくするだけではなく、記憶を引っ張り出す際の糸口にもなります。

また年表は時代を平行に切り取ることができ、縦の関係ばかり重視しがちな教科書において、横の関係を理解するのに大きく役立ちます。

 

繰り返しになりますが、資料も数ある選択肢の中で特に大事であると判断されたゆえに、教科書に掲載されているということを忘れないでください。

詳説世界史Bの効果的な使い方

詳説世界史Bは、学校の授業そして復習の際に使用するとよいでしょう

授業中はもちろん使うでしょうし、加えて復習の際に利用することをオススメします。

 

理由は単純で、非常に簡潔かつ要点を押さえてまとめられているからです。

ただ、もっと易しい市販教材の方がわかりやすいということは往往にして起こります。

したがって、両者をうまく組み合わせて学習を進めるのが一番です。

入試前にひたすら通読する

 

入試前のおすすめ勉強法の一つが、ひたすら教科書を通読することです

理由の一つ目は、全範囲を効率よく復習することができるからです。

 

もちろん問題集を解きこむのも一つの方法ですが、ある程度のレベルで通史を終わらすにはかなりの時間を要します。

 

一方、教科書通読の場合ただ読むだけなので時間はあまり使いません。

ただ、逆に言えば読むだけなので、読経になってしまうとたん萎える時間の無駄に終わってしまいます

しっかりと自分が読んでいるところが何を意味していて前後関係や平行関係がどうなっているのかを頭で考えながら読み進めることができるか、が最大のポイントになります。

 

また場所によっては声に出して音読するのも一つの方法です。

 

ひたすら教科書を通読することが入試前のおすすめ勉強法である理由の2つ目として、

精神的なものが挙げられます。

 

入試直前期にはどうしても「今勉強していないところが出題されたらどうしよう..」といった気持ちになってしまいます。

 

そんな時、短時間で教科書を一読しておくとある程度の不安感解消になります。

 

 

詳説世界史Bを効率よく使うなら武田塾!

(武田塾の説明ページへ行きます。)

 

絶対につかわなければならないの?

 

現在では、教科書を使って勉強することが絶対的な基本になっています。

しかし、凝縮性などをよく考えると教科書は非常に難易度の高い教材となっています。

 

したがって、世界史に苦手意識を持っていたり、教科書で内容理解がスムーズに行かない人は、「ナビゲーター」や「実況中継」など噛み砕いて書かれている教材を積極的に取り入れていくことをおすすめします

教科書絶対主義を唱えている先生もいるかもしれませんが(笑)

教科書は最終的に読めるようになればよいので、まずは自分の中に落とし込みやすい教材を利用してください。

山川の補助教材をうまく使う

 

山川出版は、世界史の問題集や参考書を多く出版しています。

そのほとんどがこの詳説世界史Bの流れに沿って書かれているので、ぜひ併せて使うようにしましょう

特に「詳説世界史ノート」という教材は教科書レベルで穴埋め問題を進めながら流れを理解するものとなっており、非常に使いやすいです。

 

関連記事

Category

Keywords