Category

難関大からセンターまで山川一問一答で完璧に!完全暗記を目指す!

難関大からセンターまで山川一問一答で完璧に!完全暗記を目指す!

 

「世界史の単語が覚えられない!

授業中に聞いた単語もいざ試験になると全然出てこない!

高校配布のワークだと全単語を網羅していないから、どうしても抜けが出てしまう!

どうにかして一問一答は完璧にしたい!

 

あなたは今、そんなふうに思っていませんか?

そんなあなたのために、定期試験・大学入試対策に、実際に勉強で使用していた東大生が、「山川一問一答」を徹底解説します。

この記事を読めば、「山川一問一答」には、どのような特徴があるのか、

そしてどのようにこの本を利用すればよいのかが完璧に分かります。

 

そしてあなたの世界史の成績も向上し定期考査、そしてひいては入試においても高得点をとることができるでしょう。

 

この記事が世界史の年代暗記の勉強の上で役にたち、あなたが志望校に合格すれば幸いです。

→私立受験の世界史を完璧にするなら武田塾!

(武田塾の説明ページへ行きます。)

山川一問一答とは?そしてその特徴は?

 

「山川」と聞いて受験生の皆さんは何を思い出すでしょうか。

そうです、世界史や日本史の教科書を作っているあの山川です。

この一問一答は教科書を製作している山川出版が製作しているところが一番のポイントになります。

 

つまり教科書内容は全て完璧に網羅されているのです。

一部難関私大を除いて基本的に世界史の問題は山川の教科書から出題されます。

したがって、山川の教科書に準拠しているこの一問一答は最強のツールになるのです。

またページ構成は非常にシンプルなものになっています。

1ページごとに左に問題文、右側に正答が書かれています。

さらに他の問題集がかなり様々な色を使っているのに対し、この山川一問一答は白ページに黒字の問題文、赤字の正答と非常にシンプルな色使いになっています

これは長時間に渡って一問一答を行う際、目が疲れにくいというメリットでもあります。

山川一問一答の効果的な使い方

 山川一問一答の効果的な使い方のポイントとなるのは、マーキングです

つまり一問一答とは暗記することを目的としているので、覚えたところと覚えていないところをはっきり区別する必要があります。

 

単語帳はまっさらにするのではなく、書き込みを入れていきましょう

書き込みといってもわかった(わからなかった)問題の横にチェックを入れる程度で十分です。

次に解くときはわからなかったところだけ解けば良いのです。

 

ただ、そうは言っても一回覚えてもすぐに忘れてしまいますよね。

その際には再び最初から解き直し、再度チェックをすると思いますが、

この際今までとは違う色やマークでチェックをすると良いでしょう。

 

そのほかにも色の使い分けなどで、自分なりの優先順位をつけてみるのも良いでしょう。

幸いにも白ベースなので、色は非常にわかりやすいものとなりますね(笑)。

 

また一問一答はできる限り周回するのが良いです。

どんな勉強でも結局は復習が重要ですから、この一問一答とて時間がある限り周回してみましょう。

 

世界史B一問一答完全版(東進)とどちらを選択すべきか

世界史の一問一答で山川としばしば比較されるのが、東進が出版している「世界史B一問一答 完全版」です。

詳しくはこちらのページで紹介していますが、ここではざっと違いを紹介します。

 

まず、内容に関してですが、山川はあくまでも教科書に準拠しており、教科書に載っていることは隅から隅まで出題されますが、逆に教科書に載っていないものは載っていません。

つまり教科書を範囲としている定期試験やセンター・国公立大学受験ならば「山川一問一答」で十分です

一方、東進は早慶上智といった最難関私大にも対応した内容となっており、教科書には載っていない細かい内容もかなりたくさん出題されています。

私大受験で世界史を使う人のうち、過去問で教科書を超えるレベルの単語問題が出題されている大学の受験を考えている人は「世界史B一問一答(東進)」を使いましょう

 

また装飾に関して、山川の方が単調な色使いであるのに対して、東進の方はページのベースが薄ピンクになっています。

もちろんセンター・国公立受験のみの人が東進を使わない方がいいといったことは全くありません。

一番は、書店で実際に手にとってパラパラとめくって比べてみることです

世界史学習の前提:一問一答だけではいけない

ここまで読んで、「一問一答の使い方はわかった!あとは試験前にこれだけひたすらやれば高得点も取れる!」と思っていませんか。

 

ちょっと待ってください、それではいけませんよ。

確かに一問一答というのは単語を暗記するには非常に優れています。

わからなかったところを潰していけば、最終的に完璧に暗記するということも不可能ではないでしょう。

 

しかし、世界史を学習する上で最も大切なのは流れを把握することです。そして、一問一答だけで流れを把握は不可能です。

単語帳で英単語ばかり勉強していても長文が全て読めるとは限りませんよね。それと同じです。

世界史を学習する上でも、教科書を読んだり、自分で流れを書いてみたりとバランスよく勉強することが大切です

もちろん最終的には単語を覚えないと問題は解けないので、山川一問一答をうまく学習に組み込んでみてください。

確実に世界史を網羅して入試を突破するなら武田塾!

(武田塾の説明ページへ行きます。)

 

関連記事

Category

Keywords