Category

二浪・多浪で気を付けるべきこと

二浪・多浪で気を付けるべきこと

どうしても行きたい大学がある、諦められない夢がある。

近年、そんな想いを抱えて浪人を続ける人も増えています。

かく言う私も浪人生活を二年続けて、やっと志望校に合格することが出来ました。

今回はその経験を活かして、私や二浪・多浪経験者の友人が浪人生活で気を付けていたことを伝えていきたいと思います。

 

この記事を読んで、二浪生や多浪生の皆さんが第一志望校に合格することを願っています!

➡二浪生、多浪生にオススメな予備校は武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

二浪・多浪したいなら塾・予備校に集中し、中高時代の友だちとの遊びや付き合いはほどほどに

友情, 自然風景, 屋外, アドベンチャー, ハイキング, 自然, 風景, 人

まず何と言っても大切なのは、友だちと遊びすぎないことです。

予備校に数年間いると、中高時代の同級生は、順当に進学して大学生活を謳歌している人も多いはずです。

大学生になった仲が良い友だちたちが「時には気分転換も必要だよ」と遊びに誘ってくることもあるかもしれません。

月に一回二回友だちと会ったからと言って受験に弊害があるとは思いませんし、メリハリのある息抜きはむしろモチベーションが上昇すると思います。

実際私も大学生になった友だちとたまに食事に行ったりテニスをしたりしていました。

勉強漬けの毎日では良い気分転換になりましたし、彼らの大学での話を聞いて「絶対合格したい!」という気持ちも強くなりました。

しかし、影響を受けやすい人は要注意です!

実際私の周りにも、普段禁欲的な浪人生活を送っている反動で自制が出来なくなり、そのまま遊びにかまけて受験に失敗してしまう人もいました。

また、食事に行った際に、年齢的にもセーフとなってお酒を飲み始める人もいますが、二日酔いや脳への影響、中毒になるリスクを考えると、浪人中はあまり飲まない方が良いでしょう。

やはり、丸一日かかるような誘いや、クラブやパチンコなどハマると一人でも行くようになってしまう場所への誘いは断った方が良いでしょう。

もちろん彼らも悪気があって誘っている訳ではありませんが、大学に不合格になってしまっては浪人している意味がありません。

ここはグッと我慢して、大学に合格してから存分に旧友と、そして大学で新しく出会う友だちと遊んでください!

二浪・多浪はスマホにハマりすぎない!塾・予備校に集中すべき

 

色々な人と気軽に繋がれるSNS。

無料でダウンロードできる数々のゲーム。

友だちとするLINE。

今やスマホを持たない人の方が少ない時代になっています。

スマホはとても便利ですが、二浪生・多浪生が長時間利用するのはかなり危険です。

理由は単純で、SNSやスマホゲームは無限に更新されていくので、ハマってしまうと莫大な時間を失うことになるからです。

五分だけ、十分だけと思っていても、気付いたら長時間触ってしまっているのがスマホの怖いところですよね。

当たり前の話ですが、スマホを弄れば弄る程、勉強時間や睡眠時間にしわ寄せが来ます。

そうすると学力が伸びなかったり、生活リズムが狂ったりするので大学に受かる確率は下がります。

かといってスマホを持たないというのも現実的ではありません。

「日中は連絡にしか使わない」「ゲームは全部消す」「予備校への通学時間のみ使う」など自分でルールを決めて使用するのが良いと思います。

他人より長く受験勉強をしているのだから、この一年くらいはネットと疎遠な生活を送って、勉強に集中しましょう!

とはいえ二浪・多浪も人間関係を大切に。塾・予備校の仲間を頼ろう。

女性, 顔, フォトモンタージュ, フォト アルバム, 世界, 人口, メディア

浪人生は辛くて寂しいですよね。

世間の人たちはどんどん先に進んでいるのに、自分だけが何年も取り残されている...

私もそのような暗い気持ちになってしまうことも多々ありました。

そんな時に支えになってくれるのが同じ境遇の浪人仲間や、予備校のチューターの先生家族でした。

浪人仲間とは、一緒に遊びに行ったり、食堂でだらだら何時間も会話する、傷を舐め合うような関係ではなく、辛いときに励まし合いながら共に勉強する仲間のことです。

毎日予備校が閉まるまで空き教室で自習したり、休みの日に朝9時に登校するのは中々しんどいですよね。

一年間一人でコンスタントに勉強を続けられる意志の強い人は、二浪生・多浪生の中には少ないと思います。

しかし「あいつが毎日夜まで勉強しているから自分も途中で帰らないぞ」「あいつには偏差値で負けたくない」などと、良い意味でライバル視できる仲間がいれば、張り合いが出てきますよね。

是非皆さんにはお互いが刺激し合える、良い浪人仲間を見つけて欲しいです!

 

また、チューターの先生との信頼関係も大切です。

塾や予備校のチューターは受験のプロです。

例年夏の模試でどれくらいの成績だった人が合格できているか、苦手科目を克服するにはどの参考書を使えばいいか、大学別の試験問題の傾向など、色々なことを知っています。

不安なことや分からないことがあれば、面談などでしっかり聞きましょう。

適切なアドバイスや励ましの言葉が返ってくるはずです。

私もチューターの先生にはとても良くしてもらったので、合格の報告に行けた時は喜びと感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

 

最後に家族との関係も大切です。

色々な家庭があるので一概に言えることではないのですが、家族に応援してもらえている人ほど浪人が成功する確率が高いと思います。

浪人中は他人との関りが減りがちなので、人間関係においても相対的に家族と関わる割合が増加します。

そんな中、家族との関係性が良好でないと、モチベーションやメンタルに悪影響があるのは当然です。

イライラすることが多い浪人生活では、親に対して素直になれなかったり、進路のことを巡ってけんかになることもあると思います。

家族側も二浪や多浪をしている皆さんに対して思う所もあるはずです。

しかし学費を出してくれている家族への感謝を忘れず、きちんと勉強する姿を見せれば、家族との関係もうまくいくでしょう。

せっかくなら家族からも応援されるような浪人生活を送ってください!

二浪生・多浪生が塾・予備校生活で気を付けるべきこと まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、二浪生・多浪生が気を付けるべきこととして、

「中高時代の同級生との関係」

「スマホの使い方」

「浪人仲間やチューターの先生、家族との関係」

について、述べさせていただきました。

浪人生活は大変なことも多いですが、その分合格の喜びも大きいはずです!

ここに書いていることに気を付けつつ、悔いのない浪人生活を送ってください!

➡二浪生・多浪生にオススメな予備校は武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

関連記事

Category

Keywords