Category

地方学生が選ぶならこの大学!

地方学生が選ぶならこの大学!

「地方に住んでいるけど、どのような大学に進学するか迷っている」

「都会の大学に進学して新たな生活をスタートさせたいけど、どうすれば良いの?」

「地方の大学に進学する選択肢にはどんなものがあるんだろう?」

 

地方の受験生は、そんな疑問を思い浮かべがちなのではないでしょうか?

 

この記事では、そんな地方の受験生に向けて、おすすめの大学について紹介しています!

この記事を読めば、地方の受験生が選ぶのにおすすめな大学についてよく分かるでしょう。

この記事が地方の受験生の進路選択の手助けとなれば幸いです。

➡️大学受験は武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます)

都会の大学に進学する場合

地方の受験生が大学を選ぶ時の選択肢の一つとして、都会の大学に進学するというものがあります。

都会の大学に進学するメリットとしては、

・都会で暮らすことでこれまでと違った環境に身を置く経験ができる、

・できることの選択肢が多い、

・サークルなどが豊富で規模も大きい、

・いろいろな人と知り合う機会がある

などです。

 

今までずっと地方に住んでいた学生だと、都会の大学生活はとても楽しく、充実したものとなるはずです。

また、将来地方で働くとしても、一度地方から離れて都会に出る経験はとても学びが多く、将来役に立ちます。

ここでは、大学で学べることや偏差値、立地などを総合的に考えて、地方の受験生に特におすすめの大学を紹介していきます。

1.東京大学

まずおすすめするのが東京大学です。

東京大学では、日本でトップの偏差値を誇る大学なだけあって、とても専門的な学問に触れることができます。

また、面白い学生が多いため、他の大学には無いような変わったサークルや団体がたくさんあります。

勿論就職にもとても強いです。

立地も良く、都会に憧れる地方の学生にもとてもおすすめです。

2.慶應義塾大学

次におすすめするのが、慶應義塾大学大学です。

慶應義塾大学は、早稲田大学と並んで日本でトップの偏差値を誇る私立大学です。

学問のレベルの高さは勿論、立地の良さ、サークルなどの大学生活の充実度など、あらゆることにおいて素晴らしい大学です。

就職もとてもよく、大企業との繋がりは非常に強いです。

3.青山学院大学

青山学院大学は、MARCHと呼ばれる大学群のうちの一つです。

キャンパスが渋谷駅や表参道駅から徒歩で行ける距離にあり、慶應義塾大学と同様、立地がとても良いです。

また、青学=オシャレ、という世間のイメージ通り、キラキラした学生やサークルが多く、大学生活はまさに都会の大学という感じでとても楽しいものになるでしょう。

4.中央大学

中央大学は青山学院と同様、MARCHのうちの一つの大学です。

特に中央大学の法学部はとても歴史があり、司法試験の合格者が非常に多いことで有名です。

また、MARCHの中でも社長の輩出数や平均年収が高く、大学のレベルの高さがよく分かります。

早慶ほど入試偏差値が高くない一方、とてもハイレベルな実績がある大学です。

5.京都大学

京都大学は、東京大学に次いで偏差値の高い国立大学です。

京都大学の良さは、やはり東大と同様学問の専門性の高さでしょう。

東大では学べない京大ならではの最先端の学問もたくさんあり、東大と京大のどちらを受験するかで悩んでいる受験生は、偏差値だけではなく自分が何を学びたいかで考えてみると良いと思います。

また、京都大学では、東京大学とはまた一味違った面白い団体やサークルがたくさんあるのも良いところだと言えると思います。

因みにキャンパスは京都駅から近く、立地も良いと言えます。

地方の大学に進学する場合

もう一つの選択として、そのまま地元の大学に進学する、あるいは違う地方の大学に進学するというものがあります。

地方の大学に進学するメリットとしては、

・地方なので都内と比較するとお金がかからない、

・地方ならではの経験や研究ができる、

・地元の場合実家から近い

などたくさんあります。

そこで、ここからは、地方の大学に進学する場合のおすすめの選択肢について紹介していきます。

1.地方旧帝大

まず、地方の大学でおすすめなのが、地方旧帝大です。

地方旧帝大は、その地方で最も偏差値が高く、専門的な学問を学べる、高度な研究ができる、就職に強いなどのメリットがあります。

地方都市にキャンパスがある大学が多いので、北海道大学など、地方大とはいえ立地が良いところが多いです。

2.地元の国公立大学

次におすすめするのが、地元の都道府県内の国公立大学です。

県内の国公立大学は、県内の企業への就職が強いところが多くなっています。

また、県内なので、実家から直接通うことができたり、中学や高校時代の友達と気軽に会うことができます。

国公立大学なので学費もそれほどかからず、非常にコスパの良い選択肢になります。

3.地方の医学部

地方の大学に進学する場合、おすすめな選択肢の一つとして地方の医学部に進学するというものもあります。

地方の医学部に進学する最大のメリットは、やはり医師免許を取得できるところでしょう。

また、地方に住みながら、都会の一流大企業の社員に匹敵するか、それを上回るほどの収入を得ることができるのも強みの一つです。

地方の医学部は、地方の大学の中ではかなり偏差値が高く合格が難しくなっていますが、それだけ人気であるということが分かりますね。

➡️医学部に合格したいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます)

地方学生な選ぶならこの大学! まとめ

・都会の大学に進学することで都会でしか味わえない貴重な経験ができる一方、地方の大学に通うという選択肢の良さもたくさんある

・都会の大学に進学するなら、東京大学、慶應義塾大学、青山学院大学、中央大学、京都大学などがおすすめ

・地方の大学に進学する場合、地方旧帝大や地元の国公立大学、地方医学部がおすすめ

関連記事

コラム

併願校どう選ぶ?

  「併願校何校うけようかな〜」 「〇〇大学の△△学部は自分の得意科目ばっかりだ!受かりそう!だけど […]

合格武田

Category

Keywords