Category

慶應義塾大学 医学部の入試対策と傾向

慶應義塾大学 医学部の入試対策と傾向

「慶應義塾大学の医学部に興味があるけど、どうやって受験対策をすれば良いの?」

「慶應義塾大学の入試の傾向はどんな感じなんだろう?」

そう思っている方も多いのではないでしょうか?

 

この記事を読めば慶應義塾大学医学部の入試対策はバッチリです!

慶應義塾大学医学部の入試の傾向と科目別の対策について、徹底的に解説しています。

 

この記事を読むことで、慶應義塾大学医学部の受験に向けた方針が立ち、それに沿って適切な勉強をしていけば、成績がぐんぐん伸び、憧れの慶應義塾大学医学部に合格することができるでしょう!

この記事があなたの慶應義塾大学医学部の合格の手助けになれば幸いです。

➡️慶應医学部に合格したいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます)

慶應義塾大学 医学部の入試対策と傾向:解ける問題を見極め、取れるところで確実に得点を

慶應義塾大学医学部は、日本の全医学部の中でも最高峰の難易度を誇る医学部です。

英語150点、数学150点、理科2科目200点(各100点)の計500点満点で合否が決定されます。

どの科目も、出題される問題は非常に難しくなっています。

また、試験時間に対して問題数も多いです。

したがって、入試本番では、解けない問題と解ける問題をしっかりと見極め、解ける問題を確実に得点する力が必要となります。

普段の模試などでもこのことをしっかりと意識しながら取り組むようにしましょう。

また、慶應義塾大学医学部は受験生のレベルがとても高く、ある程度の難易度の問題であっても解けるようにならないといけません

自分が簡単だと思える問題のラインを上げるために、普段から難しめの問題演習を行い、入試本番に備えましょう。

➡️慶應義塾大学医学部に合格するための参考書一覧はこちら!

慶應義塾大学 医学部の入試対策と傾向:英語

ここからは、科目別に慶應義塾大学医学部の入試対策と傾向について解説していきます。

まずは英語についてです。

英語は、90分の試験時間で、得点は150点満点です。

例年、大問の数は4つとなっており、

大問1〜3:長文読解

大問4:自由英作文

が出題されています。

長文読解では、空欄補充、英文和訳、和文英訳、内容真偽、内容説明など、出題が多岐に渡ります。

そのため、どのような出題がなされても解答できるだけの総合力が必要だといえます。

また、英文自体の難易度は標準的ですが、文章におけるかなり細かい部分まで問われるため、緻密な読解力が必要です。

普段から英語の文章をを丁寧に読みつつ、様々な形式の問題に取り組みましょう。

自由英作文では、毎年70〜100語の英作文が出題されます。

テーマは身近なものを中心に多岐に渡ります。

こちらも普段からしっかりと基本例文を覚えたり英作文の問題を解いたりして対策しましょう。

慶應義塾大学 医学部の入試対策と傾向:数学

数学では、試験時間100分150点満点で、例年大問が4つ出題されています。

例年大問1は独立した小問が3、4問出題されており、それ以外の大問の多くも小問に分かれています。

記述式の問題もありますが、多くは誘導に従って数字を書き込むだけの問題となっています。

頻出分野としては、確率、微積、数列、2次曲線、図形と方程式です。

難易度は易しいものから難しめのものまで多岐に渡ります。

そのため、易しい問題は確実に得点しましょう。

また、難しい問題に関しても、殆どが誘導付きとなっています。

そのため、普段から問題を解く上でその問題の意図をしっかりと考え、誘導に従って解く訓練をしましょう

慶應義塾大学 医学部の入試対策と傾向:物理

慶應義塾大学医学部の理科では、2科目合わせて120分の試験時間で、各科目100点満点の合計200点満点となっています。

まずは、慶應義塾大学医学部の物理について解説します。

物理では、例年大問が3〜4個出題されています。

大問1は総合問題であることがおおいです。

また、力学と電磁気については、ほぼ毎年出題されています。

さらに、他大学と比べると原子が頻繁に出題されており、2011年は大問1と2が共に原子分野からの出題でした。

そのため、力学と電磁気をまずしっかりと固めつつ、一般に受験生が疎かにしがちな原子を確実に得点できるようにしっかりと勉強しておく必要があります。

難易度としてはやや難レベルで、手を出しやすい問題が多いですが、試験時間がシビアなので、洗練された思考と解答プロセスで問題をテキパキと解いていく力が必要です。

慶應義塾大学 医学部の入試対策と傾向:化学

化学では、例年大問が3〜4個(ほぼ3個)出題されています。

理論を中心に出題されており、無機や有機の問題も理論と絡めて出題される傾向にあります。

無機は出題されていない年も多く、一方で理論と有機は毎年出題されています。

難易度としてはやや難レベルの問題が多く、基礎がしっかりしていればそれを応用して得点が可能な問題が殆どです。

そのため徹底的な基礎力、ならびにそれを応用して用いる力が必要だといえます。

また、問題数がそれなりに多いので、手際よく解く必要があります。

慶應義塾大学 医学部の入試対策と傾向:生物

生物では、例年大問が3つ出題されています。

頻出分野としては、生殖・発生、遺伝情報、体内環境、動物の反応が頻出で、医学部らしい出題となっています。

また、近年の科学の注目テーマに合わせて、遺伝情報やタンパク質に関連する出題も増えてきています。

難易度はやはり物理や化学と同様にやや難レベルとなっています。

問われる知識自体は基礎的なものが多く、そこから応用して論述を行うような問題が多いので、まずは基礎をしっかりと固め、その上でそれらの知識を応用できるような力を付けましょう。

また、論述が多いので時間がシビアであるため、普段から時間を計って問題演習を行う訓練をしましょう。

➡️慶應義塾大学に合格したいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます)

関連記事

Category

Keywords