Category

化学の新研究の特徴と使い方を使っていた医学生が解説!化学が分かる!

化学の新研究の特徴と使い方を使っていた医学生が解説!化学が分かる!

 

「『化学の新研究』を持っているけど、どうやって使えば良いか分からない…」

「『化学の新研究』を使っている受験生をたくさん見かけるけど、どんな参考書なんだろう?」

「普段資料集を見て勉強しているけど、もっと詳しい参考書が欲しい」

あなたは、そう思っていませんか?

この記事では、受験生時代に実際に化学の新研究を使って勉強していた医学生が、その特徴や使い方について解説していきます!

この記事を読めば、化学の新研究についてよく分かると思います!

この記事があなたの第一志望校合格の手助けになれば幸いです。

➡️化学が得意になりたいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます)

 

化学の新研究は受験化学についてとても詳しく解説している参考書

化学の新研究は、受験化学の各分野・単元について詳しく解説している参考書です。

その内容はとても充実しており、高校の教科書や資料集には載っていないような深いところまで載っています

多くの高校では教科書と資料集が配られると思いますが、難関大学の入試ではそれらに載っていないような知識を問う問題が出題されることがあります。

特に高校の化学の教科書は非常に内容が薄く、それだけでは多くの大学の入試問題に対応することができません。

また、化学の新研究を読めば、普段の受験化学の頻出分野に関して、入試に出題されないレベルの深さまで知ることができ、格段に問題の構造が分かるようになって他の受験生より一歩リードできるようになります。

更に、単元ごとに問題も掲載されており、演習に使うこともできます。

 

化学の新研究は、化学初学者レベルから東大や京大、医学部などの最難関大学入試まで幅広く対応している

 

化学の新研究は、幅広い層の受験生から支持されている参考書です。

具体的には、化学の新研究では、化学初学者でも分かりやすく導入部分から解説してある一方、教科書や資料集に載っていないような突っ込んだ内容にも触れていて、最難関大学を目指す多くの受験生も愛用しています。

化学の新研究を読みつつ、適切な問題集や過去問を使ってしっかりと勉強すれば、どの大学にも対応できる化学の力を養うことができるでしょう。

 

化学の新研究の使い方:読むことで頻出問題についてより詳しく知る

 

化学の新研究の詳しさは知識分野だけではありません。

頻出問題についてもその解答のプロセスを詳しく解説しています。

問題に対してどのように考えれば良いか、その問題はどこがポイントかなどがよく分かるようにできています。

普段の問題集の解説よりも遥かに詳しく説明してあるので、十分に理解できると思います。

 

化学の新研究の使い方:話題のトピックと絡めて効率よく暗記

 

化学の新研究では、最近話題のトピックや日常生活と絡めた化学のコラムが多数載っています。

その内容は受験レベルを超えているものが多いですが、内容自体は受験範囲と関連性の高いものとなっているので、知っていると他の受験生よりも一歩リードできると思います。

化学の面白さを感じると共に、暗記の手助けにもなる参考書です。

化学の新研究の使い方:読んで空き時間を有効活用

 

受験勉強シーズンが本格的に始まると、できるだけ時間を無駄にせずに1秒でも多く勉強したい受験生も多いと思います。

しかし、実際には移動時間や食事中など、鉛筆を持つことが難しいシーンも多いです。

そんな時に化学の新研究は非常に活躍します。

このようなスキマ時間にこまめに化学の新研究を読むことで、時間を有効に使って受験化学の知識を頭に入れることができるのです。

これによって忘れやすい細かい知識なども効率よく暗記することができ、化学の得点力の向上に役立ちます。

 

化学の新研究の使い方:気になる部分をスキマ時間に読みつつ辞書的にも使う

 

化学の新研究は、とても内容が濃く、分厚い参考書です。

そのため、普段問題集や過去問を解いていく上で分からない問題があると、その問題の解答解説に加えて新研究を使って調べるとより理解が深まります。

分厚くて一から全て読むには非常に時間がかかってしまうので、スキマ時間に気になる部分を読みながら、普段の学習において辞書的に使っていくと良いでしょう。

 

化学の新研究の使い方:インプット型のいわゆる「参考書」なので、過去問や問題集も必ず併用!

 

これまで、化学の新研究について、その特徴や活用法を解説してきましたが、化学の新研究はあくまでも「参考者」であり、インプット型の本なので、これをただ読むだけでは化学の力は十分には伸びません。

この本に加えて、過去問や問題集を使って演習を重ねていくことで、真価を発揮する参考書だと思います。

特に、問題集については、新研究を使う受験生は難関大志望者が多いと思うので、同じ著者が出している「化学の新演習」などの難しめのものを使うと良いでしょう。

 

化学のことなら武田塾!

 

以上のように、この記事では化学の新研究の特徴とその使い方について解説していきました。

この記事を読んでいる皆さんの中には、化学で伸び悩んでいる方や化学を得点源にしたい方も多いのではないでしょうか?

適切な勉強法に従ってしっかりと勉強すれば、化学は必ず得意科目にすることができます。

化学で高得点を取りたいなら、ぜひ武田塾にお任せ下さい。

化学を得意科目にし、第一志望校の合格を手に入れましょう!

➡️化学のことなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます)

関連記事

Category

Keywords