Category

化学の新演習について実際に使っていた医学生が解説!化学が解ける!

化学の新演習について実際に使っていた医学生が解説!化学が解ける!

「『化学の新演習』を持っているけど、問題数も多いしどうやって使えば良いのかわからない…」

「化学の問題集が欲しいけど、『化学の新演習』はどうなんだろう?」

「化学が得意になりたいけど、何の問題集を使えば良いんだろう?」

あなたは、そう思っていませんか?

この記事では、受験生の頃に実際に化学の新演習を使って勉強していた現役医学生が、化学の新演習の特徴とその使い方について解説しています!

この記事を読めば、化学の新演習についてよく分かることでしょう。

この記事があなたの第一志望校合格の手助けになれば幸いです。

➡️化学が得意になりたいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます)

 

化学の新演習は、難関大受験生向けに難問を多数掲載した問題集。レベルは高く、問題数は300以上!

化学の新演習は、難問を多数掲載している、難関大受験生御用達の問題集です。

旧帝大や早慶の受験生はもちろん、東大・京大や医学部を目指す受験生もよく利用しています。

問題数もとても多く300問以上あり、理論・無機・有機どの単元に関しても非常に充実した内容となっています。

よく出題される問題をしっかりと押さえつつ、他の問題集ではなかなか見られないような細かい知識を問う問題や難易度の高い計算問題、グラフや図を絡めた問題なども掲載しており、問題の質がとても高くなっています

化学の新演習をやり込めば、東大・京大や医学部にも対応できるレベルの化学の力をつけることができる

 

先程も述べたように、化学の新演習は、旧帝大や早慶、東大・京大や医学部を目指す受験生など、最難関クラスの大学を目指す多くの受験生に愛用されている問題集です。

そういった難関大受験生が、最後に使う問題集としてよく使うほど、難易度も高く良問揃いとなっています。

化学の新演習をやり込めば、そのように最難関クラスの大学の入試問題にも対応できる応用力を培うことができます。

化学の新演習では、問題数のうち特に理論の分野にレベルの高い問題が多い

 

化学の新演習は、理論・無機・有機どの単元においても最難関大レベルの難易度の高い問題が数多く載っていますが、中でも特に理論の分野に難問が多い印象です。

実際、難関大学の入試では、無機の知識分野は資料集や参考書の隅まできちんと覚えれば良く、有機の構造決定は比較的手のつけやすい問題が多くなっており、結局一番受験生を悩ませるのは理論分野であることが多いと思います。

最近の入試問題では、無機や有機が理論と絡めて出題されることも少なくなく、無機や有機の大問であっても難しいものは理論と絡めてある場合が多く感じます。

したがって、理論は無機・有機を解く上でも必ず押さえておかなければならない、いわば化学の土台となる部分であり、理論をどれだけ固められるかが難関大入試における化学のポイントの一つと言えるでしょう。

このように、理論は受験化学において非常に重要な分野ですが、化学の新演習では、この理論分野に難問かつ良問が多数掲載されています。

このことが化学の新演習が難関大対策に非常に有用であり、多くの難関大受験生に長年愛用されている理由の一つでしょう。

化学の新演習は問題数が多いので、星の数を参考にして自分に合ったレベルの問題を解く

 

化学の新演習では、大問ごとに星が1個〜3個まで設定されていて、星が多いほど難易度が高くなっています。

そのため、問題集を解き進めていく上で、自分に合った難易度の問題を選びながら解いていくことができます。

例えば、「理論は得意だから星3も解くけど、有機はまだ苦手意識があるからとりあえず星1から解いていこう」といったように、分野や単元ごとに自分に合ったレベルでの学習ができ、とても効率的です。

化学の新演習を解く上で、解けなかった問題には印を付けて繰り返し解く

 

化学の新演習に掲載されている問題は難易度が高いものがたくさんあるので、解き進めていく上で分からない問題に出くわすことがたくさんあるでしょう。

そんなときは、その問題に印を付けるなどして、後でまた何度も解き直して完全に解けるようにしましょう。

化学の新演習の問題数は非常に多いので、全てを二周、三周するのはとても時間がかかってしまいます。

したがって、このように分からない問題に印を付けて後から繰り返し解く方法がベストでしょう。

分からなかった問題を集めたノートを作成するなどして、自分だけの問題集を作るのも良いでしょう。

化学の新演習はレベルの高い問題を理解するため解説も充実している

 

化学の新演習の素晴らしいところは、その問題の難易度や質だけではありません。

解説の詳しさも非常に充実しています。

難問揃いの問題集なので、解く上で分からない問題に直面することもそれなりにあるかと思いますが、そんな時も解説が充実しているので心配する必要はありません。

資料室や参考書を併用しつつ、解説をよく読んで理解を深めましょう。

化学のことなら武田塾!

 

以上のように、この記事では、化学の新演習の特徴とその使い方について解説していきました。

この記事を読んでいる皆さんの中には、化学を得意科目にしたい方や、難関大受験において化学で高得点を取らないといけない方、今以上に化学ができるようになりたい方などが多いのではないでしょうか?

適切な勉強法に従ってしっかりと勉強すれば、化学は必ず得意科目にすることができます

化学で高得点を狙っているなら、ぜひ武田塾にお任せ下さい。

化学を得意科目にし、本番もしっかり得点することで、第一志望校の合格を手に入れましょう!

➡️化学が得意になりたいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます)

関連記事

Category

Keywords