Category

大学受験生に響く、やる気が湧き出る名言8選まとめ!現役東大生が厳選!

大学受験生に響く、やる気が湧き出る名言8選まとめ!現役東大生が厳選!

「ああ、どうもやる気が出ない...。」

とか、

「私なんて、勉強してもどうせ頭良くならないんだろうなあ...。」

とか、考えていませんか。

私は今でこそ東京大学に入学することができ幸せな大学生活を送っていますが、受験生時代はとにかく悩み、不安も多くふさぎ込むことも少なからずありました。そんな時僕が大いに頼りにしたもの、それは、言葉の力でした。

この記事を読めば、あなたはきっともう一度前向きな心を取り戻すことができるでしょう!そう、ポジティブになったあなたのことは、もう誰も止めることができません。その前向きさを忘れずに日々努力していけば、あなたの成績はきっと上向き、順調な受験生活を送ることができるようになるはずです。

そしてゆくゆくは、夢見る第一志望合格を掴み取ってやりましょう。

この記事では私が受験生時代に出会い、とりわけ大きな力をもらった珠玉の名言を厳選して紹介していきます。

これらの名言があなたの心に響き、あなたが逆境をはねのけ新たな一歩を踏み出せる一助となれば幸いです。

 

ではさっそく、名言を紹介していきましょう。

 

➡第一志望合格を掴み取るなら、武田塾!

(武田塾について紹介するページへ行きます。)

 

ビリーヴ・ミーから始めよう。 (松岡修造)

人って、誰もがうまくいかなかった時とかに、ちょっと疑うと思うんですよね。そのときにいかに自分を信じることができるか。 (本田圭佑)

受験生活には何一つ保証がありません。どんなに頭がいい人でも、試験当日計算やマークのミスをしたり、風邪をひいてしまったりして、不合格になる可能性はあるのです。そんな不確かな受験生活の中で不安になること、焦ってしまうことはたくさんあると思います。しかし、あなたは自分なりにがんばって、悩んで、葛藤して、全力でここまで来たのです。そんな厳しい時でもどうにか自分を信じてください、投げ出さないでください。自分を信じて歩んだ先に何が待っているのか見てみたくはありませんか。

 

 

やる気がある時ならだれでもできる。本当の成功者はやる気がない時でもやる。 (ドクターフィル)

人間というのは不思議なもので、いくら合格への思いを強く持っても、どうしてもやる気が出ない時があります。どうしてもペンが持てない時があります。そんな時に、この言葉を思い出してください。自分のことをどうにか奮い立たせるのです。

この言葉から得られる本当の強みは勉強の習慣です。勉強というのは、時にそれをすることではなく始めること自体がより難しいということが往々にしてあるものです。 習慣というのは強力な武器であり、一度身につけてしまえば勉強を始めるという大きな障壁を破っていく助けになるでしょう。

 

 

戦うときはひとりだ 生きてく時はひとりだ 歯向かうときはひとりだ 逆らうときはひとりだ (柴田隆浩)

上裸の男

孤独は、受験勉強していくにあたって越えなくてはならない壁の一つです。

孤独を味方につけてください。

なぜなら、孤独は、あなたを成長させてくれる最高の環境だから。

 

受験生には、誰にも干渉されず地道に頑張っていく時間が必要なのです。

友達とカフェや図書館などで勉強することも時には良いことなのでしょうが、どうしても集中力が途切れてしまったり、話に花が咲いてしまったりするものですよね。

一人で辛くても、本当に成果を得たいのであれば、塾の予習復習、自主的に始めた問題集などの勉強は友達とするよりも一人でするべきだと私は考えます。

 

 

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。(高橋歩)

受験生の中には、まわりのライバルのことばかりを気にして、自分に自信が持てなくなっていく人がいます。

しかし、受験当日に対峙することとなるあなたの解くべき問題は、逃げて行ったりはしません

先の見えない受験生活であっても、到達すべきレベルはそこに確固としてあるので、きっと、あなた次第でたどり着けるはずです。

 

 

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。(イチロー)

イチロー

受験勉強を頑張っても、なかなか昨日の自分より今日の自分、今日より明日、と順風満帆に成長を感じていくことはできないものです。

心配しないでください。それは、おそらく誰もが通る道なのです。

何事においても、上達には時間がつきものです。小さくても、全力で日々努力を積み重ねていくことこそが、唯一第一志望合格という栄冠へと続く道なのでしょう。

 

 

なんで他人が俺の進む道を決めんねん。自分の道は、自分が決める。 (本田圭佑)

受験生の皆さんは、第一志望合格を望むのであれば、誰にも負けない情熱を持ってください。

そこに自主性はおのずと生まれるのです。長い受験生活において努力をコンスタントに積み重ねるには、人に言われるのではなく、自分で道を切り開いてやるという強い意志で勉強することが必要不可欠です。

強靭な意志の力は、順調な時は驕らず逆境に立たされた時は諦めないための、あなたの最大の味方となるでしょう。

 

 

最低なんて、最高だ! (松岡修造)

これは僕が模試でE判定をとってしまった時に友達に教えてもらった言葉です。

松岡修造は、「最低」とは「伸びしろ」があふれているということだと言います。

 

自分は最低だと思う時期、それは、裏を返せば、本気で努力すれば努力した分だけ成長できる時期だということ。

自分の成長を感じることができれば、小さな成功体験を積み重ねていくことができたなら、毎日が最高の毎日になっていくと思いませんか、ワクワクしてきませんか。

 

 

東大生が選ぶ、やる気が出る大学受験の名言 終わりに

これらの名言を読んで、ああ、勉強しなくちゃと、うずうずしたでしょうか?!そう感じていただけたら私としては幸いです。

そんなあなたのモティベーションが空回りしないためにも、今日からさっそく再び勉強にとりかかりましょう!

 

➡勉強のやる気を維持できる環境は、武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます)

 

 

関連記事

コラム

志望校の選び方

「どこの大学行こうかな・・・」「東京出てみたいし、とりあえず東京らへんで自分にあった大学ないかなあ〜」 あなた […]

合格武田

Category

Keywords