Category

増田塾ってどんな予備校?武田塾が徹底解剖!!

増田塾ってどんな予備校?武田塾が徹底解剖!!

みなさんこんにちは!

みなさんは、難関私立大の文系専門の予備校があること

ご存知でしたか?

今回はその増田塾という予備校を

徹底解剖していきたいと思います!!

文系の方々、必見です!

➡︎偏差値30台から逆転合格の「武田塾」!
(クリックすると、武田塾のページに飛びます)

【増田塾のトリセツ】武田塾が口コミ・評判実績を徹底解説

○対象学年:高校1~3年生、浪人生

○授業形式:集団指導

○概要:

・①文系科目にしぼれば努力で才能を超えることができる

「文系科目にしぼれば努力で才能を超えることができる!」という理念のもとで運営してきた難関私大文系を専門とした塾。当初は1校舎であったが、遠方から通ってもらったり下宿して通ってもらったりしていたため、各地に校舎を作ってきた。その結果、現在では計45校舎で運営している。

②ライヴ授業こそが、生徒の学力向上には必要

塾業界全体に映像化の波が押し寄せているが、増田塾では、先生と生徒が顔を突き合わせて授業し、その授業内容について当人に質問できる生のライヴ授業こそが、生徒の学力向上には必要だと考えている。

③「最初からできる生徒」を難関大学に合格させてきたわけではない

大手予備校のようなスカラシップ制度(もともとできる人の授業料を安くして抱え込む制度)はなく、入塾試験も行っていない。スタートはどんなレベルであれ、本当にやる気のある生徒であれば、志望大学に合格することができる、本気でそう考え、一人ひとりの生徒と付き合いながら運営している。

・指導方針…

・カリキュラム…多くの予備校では、その予備校のカリキュラムをきちんと勉強したにもかかわらず、志望校に受からなかった場合「君の努力不足だ」で話を終わらそうとする。増田塾では、同じようにして志望校に合格できなかった場合、年間の授業料を全額返金している。不合格の責任をすべて生徒のせいにしたくない。このリスクは、予備校側の当然の責任だと考えているためである。

○URL:https://masudajuku.jp/

【増田塾の料金体系】武田塾が徹底解説

○基本料金:入塾費100,000円+年間授業料(夏期・冬期などの講習費も含む)・雑費・その他手数料680,000円

【増田塾の口コミまとめ】武田塾が徹底解説

・どの教科の先生も説明がわかりやすく、何を重点的に自習すればいいのかも伝わるような授業だった。(生徒/通塾時:高校生)

・強制的に自習する時間が多いため、自分に甘い人も成績が伸びやすい環境だと思う。(生徒/通塾時:高校生)

・料金が一律で、講習によって増えることなどがなかったのが良かった。(生徒/通塾時:高校生)

・とても親身な先生が多く、悩んだり行き詰っているときに相談に乗ってもらえて、心強かった。(保護者/通塾時:高校生)

・緊張感があって良い。集中でき、周りと切磋琢磨できる環境が整っている。(生徒/通塾時:高校生)

➡︎予備校選びに迷っているなら「武田塾」の無料相談へ!
(クリックすると、武田塾のページに飛びます)

【増田塾の評価】武田塾が徹底解説

○増田塾のポイント:

①カリキュラムをきちんと勉強していたにもかかわらず、志望校に合格できなかった場合、年間の授業料を全額返金する「難関大学合格保証制度」がある!

②生徒一人ひとりに自分専用の席を設けており、いつでも塾で勉強できる環境を用意している。また「言われないと勉強できない」という生徒のために「強制自習制度」を設けており、自習時間を生徒任せにはせず、塾で自習時間を管理している!

③予習・復習で消化不良がでないような「必ずできるようになる授業システム」を採用しており、生徒が無理なく勉強を進められるようにしている!

④難関大学に合格するための知識と問題量をすべて授業+課題として指導しており、わからないところは補講でとことん説明しているため、ゴールが見えやすく、効率よく勉強することができる!

➡︎「武田塾」の情報も見ていきませんか?
(クリックすると、武田塾のページに飛びます)

関連記事

Category

Keywords