Category

納得できる地理論述の使い方を東大生が解説!論述の書き方がわかる!

納得できる地理論述の使い方を東大生が解説!論述の書き方がわかる!

「納得できる地理論述ってどんな本?難易度は?」

「東大対策で使うって聞いたけど、ほんとかな?」

あなたもこんなことを考えていませんか?

これを読めば、納得できる地理論述について完璧にわかります!

さらに、

  • 納得できる地理論述の特徴、難易度

  • 勉強法と間違えてはいけない使い方

  • 納得できる地理論述を取り組むべき時期

などについて東大生の私が徹底解説していきます!

あなたも納得できる地理論述を使って、東大など論述が難しい大学の問題も乗り越えましょう!

この記事が皆さんのお役に立てたら幸いです。

効率よく地理の成績を伸ばすなら武田塾!▶▶

(クリックすると、武田塾の説明ページに飛びます)

納得できる地理論述どんな本?特徴は?難易度は?

黒板の上の電球

納得できる地理論述は河合塾から出版されている参考書で、河合塾の中でも実力派の地理講師合計5人の先生が執筆に関わっています。

そんな納得できる地理論述ですが、「論述問題の解き方」にフォーカスした内容が特徴的です。

一般的な地理の内容にかぎらず、

「論述問題を解くときの心構え」、

「論述問題にありがちな謝り」、

「論述問題の形式」といった、

論述問題の点数を最大化する方法が詰まっています。

具体的な納得できる地理論述の中身ですが、大きく3部構成です。

  1. 大学別

  2. テーマ別

  3. 演習問題

3部構成の内容

さて、ここまでの説明を読んでおわかりの人もいるかと思いますが、この納得できる地理論述、かなり難しい参考書です。

センター試験レベルの地理はある程度完璧、具体的な点数でいうと7~8割以上の点数はないとお話になりません。

地理の記述式参考書では、一般的に「実力をつける地理100題」で十分どの大学も対応可能だと言われています。

納得できる地理論述は、実力をつける地理100題よりも難しく、東大地理など受験地理でもかなり高度な実力を求められる大学を受験する人におすすめの参考書です。

レベルの高い地理の問題にも対応するなら武田塾!▶▶

(クリックすると、武田塾の説明ページに飛びます)

納得できる地理の論述使い方と勉強法

紙にペンで書いている人

使い方としては、

  1. 問題を解く

  2. 解答で採点する

  3. 解説を読む

  4. なぜその解答に至るのかをもう一度自分の頭で考える

という進め方をしましょう。

3までは基本的なことなので、説明は割愛します。

納得できる地理論述を使って、成績を上げたいなら4を強く意識しましょう。

これは納得できる地理論述にも書かれていることですが、地理の論述問題では、地理的事象の因果関係を把握し、論理的で読みやすい文章を書くことが最も大切です。

論述問題がいつまでたってもできない人にありがちなのが、問題を解いて採点して解説を読んで終わってしまっていることです。

それでは次に活かせません。

次に活かすためには、なぜその問題文からその解答にいたるのか、つまり解答のプロセスを逐一確認することが必要です。

このトレーニングを積んでいって、解答までのプロセスを再現できるようになれば、もう受験地理の論述は完璧です。

あとは、初見の問題でも問題文を見て、プロセスを再現して、解答を作っていくだけです。

この本質的な地理の能力は繰り返し4の作業をすることで、ついてきます。

あなたの大切な勉強時間を無駄にしないためにも、4の作業を忘れずに効率のいい使い方をしましょう!

納得できる地理論述をやるおすすめの時期

空と枯れ木

高3の春〜夏休みにかけて取り組むのがおすすめです。

というのも、高3の秋からは過去問演習を始めるのが基本的になるからです。それまでに1周はしておいて、論述の書き方を知っておくのがベストです。

また、取り組むのが早すぎてもいけません。

最初に紹介したように、センター地理7,8割の実力は前提条件としての参考書なので実力のない人がやっても得られる効果が少ないです。

【東大対策にも】納得できる地理論述で到達するレベル

車が通ったあとの雪のつもった道

納得できる地理論述を完璧にこなすと、受験地理における論述問題の典型問題を見た瞬間に解けるようになっています。

さらに、地理的事象と事象の因果関係に詳しくなり、論述問題の思考法もつくので、初見の論述問題への対応能力もグンっと伸びます!

また、納得できる地理論述は東大受験生に人気の参考書です。東大地理の過去問を解く前段階としてベストの参考書と言えます。

「自分は東大志望だけど、まだ東大の問題はとけない」「まだ高3春だから、時期的に過去問は早い」

こんな人に、東大地理の過去問を解く、前段階の参考書としておすすめです。

東大地理対策なら武田塾!

(クリックすると、武田塾の説明ページに飛びます)

納得できる地理論述の次にやるべき参考書

本棚

ズバリ、過去問です。

納得できる地理論述を終えたら、次は過去問に取り組みましょう。

納得できる地理論述を完璧に終えたあなたは論述の書き方をマスターしているはずです。

あとは過去問を解きながら、志望校の論述形式にあわせたトレーニングをしていくだけです。

納得できる地理論述まとめ

今回は、納得できる地理論述について紹介してきました。

内容をまとめると以下になります。

  • 納得できる地理論述は、受験地理最高難易度の参考書

  • 解答までのプロセスを意識した論述の勉強が不可欠

  • 高3春〜夏がおすすめの時期

  • 論述地理はこれで完璧!

  • 納得できる地理論述が終われば、次は過去問!

  • 東大受験生は過去問前にとくにおすすめ!

納得できる地理論述で勉強して、地理の論述問題を攻略して、高得点を狙いましょう!

効率よく地理の成績を伸ばすなら武田塾!

(クリックすると、武田塾の説明ページに飛びます)

関連記事

Category

Keywords