Category

東進ハイスクールってどんな予備校?徹底解剖!!

東進ハイスクールってどんな予備校?徹底解剖!!

みなさんこんにちは!

今、全国にはたくさんの塾があります。
正直どれを選んだらいいかわからないですよね。

自分に合った塾はどこなのか、知りたいですよね!

そこで!!!

今回は、東進ハイスクールについて徹底解剖していこうと思います!!

➡︎模試の結果がE判定でも逆転合格したいなら「武田塾」
(クリックすると、武田塾のページに飛びます)

東進ハイスクール

【東進ハイスクールのトリセツ】

○対象学年:高校1~3年生、浪人生

○授業形式:映像授業

○概要:

・「高速学習」…豊富な講座を速習することで効率よく学習を進める。映像授業の利点を生かし、個々の生徒のスケジュール・習熟度にあった学習を行う。

「担任指導」…担任制度によって、個々の生徒のゴール設定や進捗管理等を行い、学習方法のアドバイスを行うことで合格までをリードしていく。

「実力講師陣」…日本全国から選りすぐられた講師陣が志望校合格へと導く。

「合格実績」…旧七帝大3,266名(うち東大725名)、国公立大14,720名、早慶上5,692名等の合格実績を誇る(2018年度)。

・カリキュラム…担任との合格指導面談を通して、合格設計図の作成や、日々の学習カリキュラムの作成を行う。また、担任助手が中心となって日々の学習状況の確認を行っている。

・授業形式…メディアへの露出も多い有名講師による授業を映像として見ることができる。

・授業内容…受験合格に向けて、必要な全講座(およそ1万種類)を個別に受講できる。そのため、一人ひとりのレベル・目標に合わせた最適な学習ができる。また、1.4倍速受講による受講時間短縮や、わからなかった箇所を繰り返し聞きなおすこともできる。自宅での受講も可能なため、スケジュールに合わせた学習スタイルが確立できる。

○URL:http://www.toshin.com/hs/

【東進ハイスクールの料金体系】

○高校1年生の基本料金:554,040円(学年が上がると金額も上がっていく)

{内訳:

・入会金32,400円(全学年一律)

・月会費/設備維持費/教材費/模試代金等(受講料、テキスト代、学力POS費、担任指導費、模試費をセットにした「志望校通期ユニット」のうち「志望校通期ユニット7(通期講座6講座+高速マスター)」にて申し込んだ場合の額)

・通常授業521,640円(年間)

・春期・夏期・冬期講習(通期講座とは別料金)}

➡︎大手予備校よりも費用を抑えたいなら「武田塾」
(クリックすると、武田塾のページに飛びます)

【東進ハイスクールの口コミまとめ】

・最初は講師の熱量に驚いたようだったが、やはり授業は面白いようで家に帰ってからも受けるなどしていた。(保護者/通塾時:高校生)

・この塾の特徴でもある、自由闊達な校風と、生徒全員で支え合う雰囲気が好きだった。(生徒/通塾時:高校生)

・自分のペースでできることが何よりもいい。わからなかったところは校舎にいる担任助手にも聞くことができた。(生徒/通塾時:高校生)

・授業は個別だがグループ面談があったため、友達もたくさんでき、高め合えることができた。(生徒/通塾時:高校生)

・ベテランの講師が多く、質がとにかく高い。面白おかしく苦手科目を克服する講師から、レベルが高く論理的に興味深い授業をする講師もいて、自分に合わせた授業を取ることができた。(生徒/通塾時:高校生)

【東進ハイスクールの評価】

○東進ハイスクールのポイント:

①講師・カリキュラムについては、有名講師陣がそろっており、講座数もとても多い!

②映像授業の強みがしっかりと生かされている!

③個々に合わせて効率よく進められる学習機能が整っているため、部活や他塾との併用等を検討している学生の需要に応えられている!

④担任と担任助手によって学習計画の進捗管理や、モチベーションの維持がしっかり行われている!

➡︎自分のペースで勉強したいなら「武田塾」!!
(クリックすると、武田塾のページに飛びます)

関連記事

コラム

ケンブリッジ大学の特徴

みなさん、ケンブリッジ大学と言う大学を知っていますか? 「聞いたことはあるけど詳しくは知らないな」 「イギリス […]

合格武田

Category

Keywords