Category

大学受験の国語の苦手を克服する方法

大学受験の国語の苦手を克服する方法

「国語ってどういう風に勉強すればいいか分からない……」

「センスがないと国語の成績は上がらないんじゃないの?」

国語が苦手な受験生の多くがこのような苦い思いを抱いているのではないでしょうか?

確かに、国語は他の科目と比べて勉強し始めてから結果に繋がるまでの時間もかかる傾向にあります。

そのため、日頃から国語の勉強をしていても解き方に自信が持てないせいで読解問題の内容が頭の中に入ってこなかったり、模試や過去問も”なんとなく”でしか解けなかったりという負のスパイラルに陥ってしまうこともしばしば……。

しかし、この記事を読めばそんな悩みも一気に解決します!

この記事では、国語の苦手意識を克服し、大学受験を突破するために知っておきたいポイントを「現代文」「古文」「漢文」の分野ごとに丁寧に解説します。

国語は誰でも攻略可能な科目です。こちらで紹介するポイントさえ意識すれば自信を持って問題を解くことができるようになります!

この記事があなたの国語の「苦手」を「得意」へ変える一助となれば幸いです。

苦手な国語を克服するなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます)

現代文の苦手を克服するには:”根拠”を説明できるような精読を心がける

現代文の苦手な受験生には共通して

・「この文章の内容は難しい」というマイナスイメージが強すぎる

・文章を段落分けせず、流し読みしてしまう

・設問の意図が分かっていない

という傾向が見られます。

これでは文章の主旨を正しく理解したり、筆者の主張を理解するために重要な箇所に気づいたりすることが出来ません。

現代文を得点源に出来ている受験生は「なぜその解答が正しいのか」という根拠をしっかり答えられるような読解力を身につけられています。

そして、根拠を答えられるようにするためには精読が必須になります。

下記は精読をするための基礎的なポイント3点になります。これらを意識し、問題演習を重ねていくことで着実に読解力を身につけていくことができます。

1.「自分は筆者の良き理解者だ」という気持ちで文章を読み進める。「分からない・難しい」と思い込んでしまうと、理解しようとする頭の働きにブレーキをかけてしまう。

2.文章を読む前に段落分けをする。それぞれの段落が文章においてどのような役割を持っているのかを意識し、大まかな論理展開を理解しながら読む。

(問題提起→具体例→反論→補足→……結論など)

3.設問になる箇所は必ず文章の内容を正しく把握するために欠かせない部分となっている。予め設問文に目を通し、本文を読み進める時の「ヒント」として意識する。

現代文における「正解」の根拠は必ず本文中にあります。本文の内容を自分の言葉で説明できるくらいに理解出来るようになれば設問に答えることもそう苦労しなくなります。

そして、本文の内容を理解するためにはそこに書かれている言葉の意味をなぞるだけではなく、文章全体の展開を俯瞰しながら筆者の主張を自分なりに整理する作業が必須になります。これがまさしく精読なのです。

そのため、現代文が苦手な人は精読の精度を高めていくことから始めましょう。

→現代文の苦手を克服する詳しい方法はこちらの記事をご覧ください。

古文の苦手を克服するには:古文単語と助動詞さえ覚えれば内容を理解出来る

百人一首の札

古文が苦手な受験生は

・覚えるべき古文単語と助動詞を覚えていない

ことがほとんどです。

「覚えることが多いから大変そう」

と思うかもしれませんが、受験で頻出の古文単語は約300~400語程度です。

助動詞に至っては30もありません。苦手な人が多い活用形についても、パターンに則って理解するだけなので一度覚えてしまえばパパッと頭に浮かぶようになります。

そう、英語の長文を読むために覚えなければいけない英単語や文法、ルールの多さと比べれば古文で覚える量は大したことないのです。実際、古文単語と助動詞だけに絞って勉強した場合、約半月もあれば十分にインプットすることが可能です。

そして、古文単語と助動詞さえ頭の中に入ってしまえば、多くの文章は苦労することなく内容を理解できます。内容が分かれば設問に答えることも出来るようになります。

古文単語はこちらの記事(古文単語565のページ)で紹介しているものを用いて、反復させて覚えましょう。

例えば120個覚える!と決めたら、まずは朝の通勤時間にその20個全てに目を通して覚え、帰宅の電車でどれくらい覚えたかもう一度確認してみます。その時に覚えきれていなかった単語を寝る前に確認してから寝る……というように、繰り返し覚えようとするのです。

さらに、3日後、1週間後、1ヶ月後……と間隔をあけながら、すでに覚えた範囲を軽く確認する機会を設けると定着度が段違いに向上します。

助動詞は九九を覚えた時と同じように、口に出して覚えるのが一番効果的です。助動詞への苦手意識はこの活用形を覚えきれていないところに起因しているケースが多いため、すらすらと言えるようになるだけで意味を覚える作業も一気に楽になります。

漢文の苦手を克服するには:句形を最優先で覚える

像

古代中国で書かれた文章、漢文。こちらも古文と同様、

「何が書かれているのか全く分からない!どう読めばいいの?」

と拒否反応を起こしてしまう受験生が多いです。

そんな受験生でも、

・句形を覚える

たったこの1つを解決するだけで、文章の読み方で苦労することはなくなります。

漢文の句形は10ジャンルしかなく、古文よりも覚えることは少ないのです。

句形を理解してしまえば、漢字だらけでどう読めば分からなかった文をパズルを解くかのように読むことが出来るようになります。

明快なルールに則って書かれているため、一度それを理解してしまえば一気に成績が上がるのも漢文の嬉しいポイントです。

漢文独特の単語もありますが、数がさほど多くないため実際に文章を読みながら出てきたものを覚えていくほうが効率良く学習を進められます。

大学受験の国語の苦手を克服する方法:まとめ

本の上のリンゴ

・現代文では「論理展開を把握した上で丁寧に文章を読んで」根拠を見つけよう

・古文では「古文単語と助動詞を覚えて」文章の内容を理解しよう

・漢文では「句形を理解して」文章構造を適切に捉えられるようになろう

現古漢の中で一番苦労するのは、間違いなく現代文です。

諦めず問題演習を重ねることで必ず成績が上がる日が来ます。

もし、自分の勉強法に自信がない時、成績がなかなか上がらなくて焦ってしまう時は武田塾で苦手な国語を克服しましょう。

(武田塾の説明のページに行きます)

関連記事

Category

Keywords