Category

数学力を爆上げする、王道問題集チャート式の正しい使い方と、白や青など色別の違いを解説!

数学力を爆上げする、王道問題集チャート式の正しい使い方と、白や青など色別の違いを解説!

「チャートってみんな使っているから買ってみたものの、問題すごく多いしどうやって進めたらいいんだろう?」

「例題だけやれば良いの?下の演習問題だったり、章末問題も全部やる必要がある」?

王道だからこそ、あなたはチャートの使い方に一度悩んだことがあったり、はたまた

「とりあえず演習演習!」

と言ってただ闇雲に、問題をひたすら解いたりしていることがあるんじゃないですか?

しかし、それではチャートの良さを引き出せません。

この記事を読めば、

・チャート式の特徴から見る真の強み

・その強みを最大限生かすチャート式の使い方

が完璧にわかります!

当然ですが、参考書、問題集というのは学力を上げるための道具ですよね。

道具の効果を十分に引き出すためには、まずその道具の特徴を知っていなければいけません。

効果的にチャートを使うためには、まずチャートの特徴を知ることから始めましょう。

チャート式の特徴とは。白チャートなど色別

黒板の上の電球

青チャート、黄チャートといった言葉を聞いたことはありませんか?

チャート式の問題集は受験生のレベルに合わせて以下のように表紙の色でシリーズが分かれています。

・白チャート:学習の基本から入試の中級ギリギリまで

・黄チャート:学習の基本から入試の中級の中でも上級よりまで

・青チャート:学習の基本はそこそこに、入試の上級まで対応可能

・赤チャート:学習の標準から、入試の上級が多め

となっています。

自分の今の学力と志望校のレベルを考え、あっているレベルのものを

選びましょう!

チャートが受験数学における参考書の王道たる所以は、その網羅性にあります。

チャートには大きく分けて例題、練習問題、総合演習の

3つに分かれて構成されています。

例題には高校数学で扱う定理を良く理解させるため、

または受験で頻出な典型問題が高い網羅性で集められたものです。

練習問題では例題と問題としては同性質の問題が並べられており、

総合演習では入試問題などから持ってきたより実戦的な問題で

構成されています。

 

総合演習はそれまでの例題や練習問題と比べると

難易度が一気に難しくなっています。

また例題は、その指針と解答がその問題文の真下に乗っているのと、

練習問題、演習問題などは問題編と同じかそれ以上のボリュームの

別冊で全て纏められています。

ですから、問題と指針、解答を素早くチェックできる便利さと、

しっかりとした解答の充実さ両方を兼ね備えた、

まさに受験数学の問題集での王道の一冊となっています!

数学の偏差値をグンと上げたいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

チャート式の効果的な使い方。白や青で網羅的にカバー

紙にペンで字を書く手元

まずは学校や塾、予備校などで既習の範囲から

例題を進めていけばよいでしょう。

このパートでは、典型問題とその解答を理解しながら

パターンを体に染み込ませていく作業を目的として行うのが効果的です

そして例題と同じような問題で構成されている練習問題で

アウトプットの練習を行い、その定着した力をどう組み合わせて

問題を解くかという処理訓練を総合演習で行うのが理想です。

ただし、総合演習は先ほど書いた通り一気に難しくなるので、

とりあえず習った分野を一通り例題、練習問題で固めてから

一気に演習していくのも手ですね。

ということで、チャートはまず例題を完璧にすることを目標にしましょう。

この完璧というのは“厳密な”意味での完璧です。

 

どういうことかというと、

「この問題なんか見たことある、きっとこうやってとくはずだった」

というレベルではなく、

「この問題は、この条件からこの式を導いて、この定理を適用すれば解けるものだ」

と説明できるレベルまで持っていってください。

 

この際、解法の丸暗記でなく論理構造をしっかり理解した上で、問題文を見ただけで解法が頭に浮かぶという状態をゴールにすることが重要です。

そのためにはまず解答を読んで、なぜそういう流れで答えを導いているかということを理解してください。これがわからなければその問題が本当に解けるようになったということにはなりません。これがインプットです。

それができれば、あとは解法が体に染み付くまで演習を繰り返します。つまりアウトプットですね。

アウトプットはインプットの上に成り立ちます

多くの受験生は解答を見て理解できたレベルになると、もうこの問題が解けると思ってしまう人が多いですが、実際の試験でそれを紙に書き出せないと点数にはならないので、アウトプットの練習もしっかりしましょう。

 

実際に入試で出題される問題は、これらの問題で用いた解法をいくつか組み合わせて答えを導くものになっています。

本番で時間制限のある中、問題を十分に解ききるためには、

チャートレベルの問題は解答を見れば理解できるというレベルではなく、

問題文を見た際にゴールまでの道筋がすっと見えるようなレベル

まで持っていくことが理想です。

チャートに載っている問題はすべて重要な問題なので、

「さすがにこの問題は出ないだろう」

「この問題はできなくてもよさそうだし飛ばしておこう」

と放置してしまうのはとても危険です!

難しい問題なども最低でも解答を見ればきちんと理解できる程度のレベルまで演習を積みましょう。ここまでできれば、とりあえずチャートは十分使いこなしたと言ってもいいんじゃないかと思います!

 

かくいう筆者も、現役の時には先ほど言った「この問題は出ないだろう」

と言って飛ばしてしまうタイプだったので、入試ではその穴を突かれて芳しくない成績を残していました。

 

ですが浪人になって、1学期を使ってチャートの例題を、

問題を読んだら解法を口に出して言えるレベルにまで

繰り返し演習をしたところ、数学の成績が一気に上がりました

 

いわゆる応用問題というような問題を見ても、

「これはあの例題とあの例題の解法を組み合わせれば答えが出る」

と頭の中でルート作成させることが瞬時にできるようになりました。

 

このような基礎の部分は、一見甘く見られがちですが、

完璧なレベルまで持って行こうとすると、全く簡単ではない

ということがわかると思います。

 

急がば回れ、早く数学の成績はあげたいからといって何も考えずにむやみやたらに難しい問題を解いても意味はありません。

それを構成する各要素の理解があって初めて、

再現性の高い理解が身につきます。

数学の偏差値をグンと上げたいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

白チャート式から赤までを完璧にしたあとの到達レベル

チャート式を完璧にすれば相当な基礎学力がついています。

最難関私立、国立大学以外の数学はこれ一冊で

対応できると言っていいでしょう。

 

レベルの高い問題でも、各階層に分けて思考することができ、

「これとこれの考え方を結びつけてこうすれば解答出そうだな」

と論理的に分析できるようになり、これこそが数学が「できる」という

状態に他なりません!

 

あとはその身につけた知識をどう組み合わせるかという訓練を

受験本番まで続けていけば、数学の成績は必ず伸びていくでしょう。

チャート式の次は?

チャート式、特に例題、練習問題が完璧になったあとは、

東京一工、早慶、その他難関国公立大志望の人はやさしい理系数学や

理系数学のプラチカなどへ進むことを考えておきましょう。

逆に典型題、標準レベルの問題でいかに高得点を取るかというような

大学を受ける人は、そのまま過去問を用いて実戦訓練を積むのも効果的です。

チャート式 白から赤までレベル別まとめ

  • レベル別に分かれているので、幅広い層に対応できる。
  • 典型題の網羅性が非常に高く、数学の基礎力を身につけるのにうってつけの問題集。
  • まずは例題、練習問題を用いて、各典型題の解法を理解した上で、パターンを身につけるのが重要。
  • これ一冊で多くの学校の合格レベルを満たす力は十分満せ、また難関校合格にもその土台を作る上で必須。

数学の偏差値をグンと上げたいなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます。)

関連記事

Category

Keywords