Category

大学受験の現代文の苦手を克服する方法

大学受験の現代文の苦手を克服する方法

現代文が苦手な受験生の多くは

「現代文って、いまいち勉強方法が分からないんだよなぁ……」

「普段から本を読むのが好きな人じゃないと成績を上げるのは難しそう」

と思い、困っているかもしれません。

でも、この記事を読めばあなたも現代文を得意科目にすることができます!

この記事では、現代文の苦手意識を克服するために知っておきたい勉強方法を徹底解説します。

現代文は「正しい読解力」を持つ人であれば誰でも点数を取ることができる科目です。紹介する勉強方法を参考にすれば、「正しい読解力」が身につき、成績も必ず上がります。

この記事をきっかけに現代文への苦手意識が薄れ、少しでも楽しい科目だな、と思えるようになってくれれば幸いです。

苦手な現代文を克服するなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます)

どうして現代文が苦手?原因を知って克服法を練ろう

そもそも、あなたはどうして現代文が苦手なのか、その原因を把握していますか?

苦手意識を克服するためには、苦手になってしまった原因を知り、原因ごとに適切な克服法を実行していくことが大事になります。

現代文が苦手な主な原因は

・文章を読んでも内容をちゃんと理解できない

・文章を読むのに時間がかかり、問題を解き終わらない

という読解力にまつわるものと

・記述問題で、限られた字数で何を書けばいいか分からない

・選択肢の問題で、2択までは絞れるけれど外れてしまう

という正答に導く力にまつわるものに分けられます。

原因別!現代文の苦手はこうやって克服する

苦手な原因がわかったところで克服方法を確認していきましょう。

文章を読んでも内容が理解できない人の場合:語彙力と精読を身につけよう

文章の内容が理解できない、内容が難しいと感じる人はまず「語彙力」が乏しいこともあります。

日常生活ではあまり使わないような表現、熟語が出てきてしまうことで文章の内容を理解できなくなるのです。

そんな時は受験頻出熟語や表現を収録した参考書を用いて語彙の確認作業を進めていくようにしましょう。この時、大学受験で好まれる文章のテーマや議論に関する知識も一緒に身につけていくと文章を理解するための土壌づくりにもなります。

また、語彙力以外にも「論理展開を把握する力」が弱いことも考えられます。

どんな文章も主旨や主張を効果的に伝えるために順序立てて話を進めています。「起承転結」はまさにそのことを指しています。

実は、現代文における理解力はこの「論理展開を意識しながら読んでいるかどうか」で大きく異なってくるのです。

論理展開を意識せずに読むと、「なんとなく書かれていることはわかったけど、結局何が一番言いたかったのか分からない」ということに陥ってしまうのです。

論理展開を意識して文章を読むためには「段落分け」をすると効果的です。

まずは形式段落ごとに番号をつけ、それぞれの段落は一言で言うとどのようなことが書かれているのか、文章全体の中でどんな役割を担っているのかを注意深く読み進めながら段落の上にメモしてみましょう。

文章を読むのに時間がかかり、問題を解き終わらない人の場合:ひたすら量を読もう

文を読むのが遅いのはどうしてでしょうか?

答えは簡単で、文を読むことに慣れていないからに他なりません。

文章をたくさん読んでいる人の場合、文章の流れを早期のうちに掴むことができるため、意識して読むべき箇所や重要な段落を読みながら見抜くことが可能です。

一方、日頃から読書をあまりしない人の場合、どのように文章が展開していくのかが分からない状態で必死に主旨を把握しようとするため、同じところを繰り返し読んだりすることで読解スピードが落ちてしまう傾向にあります。

つまり、先ほど紹介した「論理展開を把握する力」が文章をスムーズに読むためにも必要なのです。これらの力は一朝一夕では身につきません。毎日なんらかの文章を読み、量をこなしていくことが文章慣れのための最良の道です。

記述問題で、限られた字数で何を書けばいいか分からない人の場合:字数指定をヒントに要素の優先順位を決める

記述問題では、字数制限が設けられていることがほとんどです。

「答えるべき箇所はわかるけれど、字数内に書ききれない」

「書かないといけない内容は決めたけど、字数が余ってしまう」

このような場合、設問の意図する答えにより近づけていく必要があります。

設問で問われている箇所を答えようとすると、その答えはいくつかの「要素」から成り立っているはずです。

その時、字数指定から「盛り込むべき要素の数」を推測し、優先順位の高い要素から答えの中に含むことがポイントになります。

字数に余裕がない場合は答えの核心部分のみを書け、ということを暗に出題者は要求しており、逆に字数に余裕がある場合はその核心部分を補足するような要素も付け加えて答えることが求められているのです。

選択肢の問題で、2択までは絞れるけれど外れてしまう人の場合:選択肢のキズ探しの精度を高める

これは国語が苦手な人はもちろん、成績が伸び悩んでしまった人が一度はぶつかる壁ではないでしょうか。

特にセンター試験では「正解っぽいけれど間違い」な選択肢が紛れ込んでいます。ある程度絞り込めるけれど正解を選べない人はこの「正解っぽいけれど間違い」の選択肢を選んでしまうのです。

これは、選択肢のキズ探しが不十分だからです。

選択肢を選ぶ時、

「なんとなくこんなことが文章中で書かれていたからこれかな〜」

「この表現、文章で使われたしこれじゃん!」

と選んでいませんか?これでは引っ掛け選択肢にまんまと騙されてしまいます。

そうではなく

「選択肢では断定して言い切っちゃっているけれど、文章中では『絶対』なんて書かれてないから違うな」

「確かにこういうことは文章中でも言っていたけど抽象的すぎるなぁ、もっと具体的に説明している選択肢はないかな」

という、いわば「粗探し」のような視点が大事になります。

意地悪な出題になると、不正解とされている選択肢も「間違いとはいえない」表現、説明をしていることがあります。

その中でも、特に「文章で書かれている内容を最も正確に・間違いなく指している」ものが選択肢問題における正答になるため、最もキズの少ない選択肢を選ぶようにすることが必要になります。

まとめ:現代文の苦手は積み重ねの勉強で克服できる!

いかがでしょうか。

現代文は、他の科目と比べて目に見える形で結果が出るのに時間がかかる科目です。

そのため、毎日勉強をしていても不安になることがあるかもしれませんが、適切な方法で学習をしていれば必ず成績向上、志望校合格という結果に結びつきます。

ぜひこれからの学習に役立ててみてください。

苦手な現代文を克服するなら武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます)

関連記事

Category

Keywords