Category

東北大学の医学部の入試対策・難易度と傾向

東北大学の医学部の入試対策・難易度と傾向

「東北大学の医学部に興味があるけど、どうやって受験対策をすれば良いの?」
「東北大学の医学部の入試の傾向はどんな感じなんだろう?」
そう思っている方も多いのではないでしょうか?

この記事を読めば、東北大学の医学部の入試対策はバッチリです!
東北大学医学部の入試の傾向と科目別の対策について、徹底的に解説しています。

この記事を読むことで、東北大学医学部の受験に向けた方針が立ち、それに沿って適切な勉強をしていけば、成績をぐんぐん伸ばすことができ、憧れの東北大学医学部に合格することができるでしょう!

この記事があなたの東北大学医学部の合格の手助けになれば幸いです。

東北大学の医学部に行きたいなら武田塾!▶▶
(武田塾の説明のページに行きます)

東北大学 医学部の入試対策・難易度と傾向:二次試験勝負であり、標準的な問題をしっかり得点する

東北大学医学部の入試は、

センター250点

二次試験950点(英語250点、数学250点、理科2つで250点、面接200点)の計1300点満点です。

合格最低点は公表されていませんが、合格者平均点は900点前後(高い年は950点程度)と、およそ7割程度の得点率となっています。

センター試験の配点が低い上に、多くの受験生はセンター試験で高得点を取るので、二次試験勝負といえるでしょう。

 

東北大学の二次試験対策をしっかりやるなら武田塾!▶▶
(武田塾の説明のページに行きます)

したがってセンターで多少コケたくらいでは、あまり直接的には合否には影響がなく、本人のチカラ次第では二次試験で十分挽回することが可能だと言えます。

東北大学の二次試験では、標準的な難易度の問題を中心に出題されるため、それらの標準的な難易度の問題をしっかりと得点できるかが合否の分かれ目となると思います。

東北大学 医学部の入試対策・難易度と傾向:英語

東北大学医学部の英語は、例年大問4つが出題され、試験時間は100分です。
例年、大問1と2が長文、大問3は会話文(語数指定なしの自由英作あり)、大問4は和文英訳となっています。

長文は800〜1000語程度の長めのものが出題される傾向にあり、これより語数の多い超長文が出題されたこともあります。

長文の内容は多岐に渡りますが、例年一題は科学的な内容のものが出題されています。
英語表現や単語のレベル自体は標準的ですが、長文の語数が多いので、普段から長めの英語の文章を読むことで慣れておく必要があります。
また、自由英作文、和文英訳が毎年出題されたいるので、英作文対策も欠かせません。

東北大学 医学部の入試対策・難易度と傾向:数学

東北大学医学部の数学では、大問6つが出題され、試験時間は150分です。
難易度は標準的なので高得点勝負となっており、受験生の多くは4完2半程度を目指します。
頻出分野は微積と確率で、共に毎年出題されています。

採点が厳しいと言われているのも特徴で、論証にはしっかりと注意する必要があります。
確率の問題は頑張れば事象を全て書き出せるくらいに収まる問題が多いので、時間との兼ね合いを考えてもし上手い解き方を思いつかないなら、書き出して完答を狙いましょう。

 

東北大学の数学対策を万全にするなら武田塾!▶▶
(武田塾の説明のページに行きます)

東北大学 医学部の入試対策・難易度と傾向:物理

東北大学の理科は、試験時間は理科2科目合わせて150分となっています。
大問は例年3つ出題され、大問1は力学、大問2は電磁気、大問3は波動または熱力学となっています。
全問について結果だけでなく過程も書くことになっているのも特徴的です。

開示で思ったより物理の点が高かったという受験生が多いことから、この過程をしっかり書けば比較的点が貰える傾向にあるようなので、過程もきちんと書くようにしましょう。

かつては難問が数多く出題されていましたが、近年の易化傾向によって現在は難易度は標準的なものが殆どとなっています。
とはいえ大問の後半の問題は難易度が高いものが多くなっており、受験生の物理の能力が反映されやすい入試となっています。

 

物理の能力を鍛えるなら武田塾!▶▶
(武田塾の説明のページに行きます)

東北大学 医学部の入試対策・難易度と傾向:化学

東北大学医学部の化学では、例年3つの大問が出題され、大問1は理論、大問2は無機、大問3は有機となっています。
無機と有機の大問は関連して理論の問題も出題されることが多いです。
基礎〜やや難まで問題の難易度は多岐にわたりますが、概ね標準的な問題の出題が中心となっています。

難問に関しては、有機における構造決定によく見られます。
出題形式は語句や反応式の記述問題、選択問題から計算問題、論述問題まで多岐に渡ります。
過去問や同程度のレベルの問題集を繰り返し解くことで、どの分野においても標準的な問題をしっかりと得点できる力をつけましょう。

東北大学 医学部の入試対策・難易度と傾向:生物

東北大学医学部の生物では、例年大問が3つ出題されます。
分野としては、遺伝、動物の反応が頻出となっています。
難易度は標準〜やや難程度です。

知識問題や計算問題、論述問題など、問題形式は多様ですが、論述問題が比較的多くなっいます。
論述問題は標準的な難易度のものが多く、一方で一見難易度の低いように思われがちな知識問題が難易度が高くなっていることがあるので注意です。
実験結果について考察する問題が多く、受験生の思考力が問われる試験となっています。

➡️医学部は武田塾!
(武田塾の説明のページに行きます)

関連記事

Category

Keywords