Category

マドンナ古文単語をセンター古文満点とった人間が解説!

マドンナ古文単語をセンター古文満点とった人間が解説!

「『マドンナ古文単語』を持っているけど、どうやって使えば良いか分からない…」

「古文単語帳が欲しいけど、どの単語帳を買えば良いか分からない…」

「古文ができるようになりたいけど、古文単語を覚えていない…」

 

あなたは、そう思っていませんか?

 

この記事では、センター模試や東大模試で安定して古文を得点し、センター試験本番も古文で満点を取った現役医学生が、『マドンナ古文単語』について解説していきます!

これを読めば、『マドンナ古文単語』についてバッチリ理解できると思います。

この記事があなたの第一志望合格の手助けとなれば幸いです。

古文が得意になりたいなら武田塾!▶▶

(武田塾の説明のページに行きます)

『マドンナ古文単語』はセンターから二次まで受験頻出単語を分かりやすく解説した鉄板単語帳

古文単語集の累計売れ行きNo.1を誇る、言わずと知れた受験生御用達の単語帳です。

一般の受験生から難関大受験生まで、多くの受験生がこの単語帳を使っている印象があります。

収録語数は230語で、主に基礎〜やや難レベルの受験頻出単語を収録しています。

それぞれの単語には関連語も必ず載っているので、実質語数はその倍程度だといえるでしょう。

 

『マドンナ古文単語』では、そのような受験頻出の古文単語について、覚えやすいように分かりやすく、かつ詳しく解説しています。

このような分かりやすさと詳しさが、長年に渡って多くの受験生に愛用される所以だと思います。

マドンナ古文単語はイメージでセンターから二次までの単語の意味・ニュアンスを掴む

『マドンナ古文単語』の最大の魅力は、それぞれの単語について、そのイメージやニュアンスなどを非常に分かりやすく解説しているところです。

受験では必要が無いような余計な情報を削り、本質的な部分のみを分かりやすく説明してあるその洗練された解説によって、古文単語をイメージと絡めつけて正確に覚えることができます。

時には語源の解説なども交えて解説してあり、単語の核心的な部分を理解することが可能になっています。

更に、カラフルなイラストが載っていることも、単語のイメージを理解するための大きな手助けとなり、非常にスムーズに暗記を進めることができます。

また、各単語についてその単語以外現代語で書かれた例文が掲載されているのもこの本の特徴です。

これにより、古文を読むことに苦手意識がある人でも、一気に親近感がわく仕様になっています。

イメージを掴んだら実際に例文を読んで単語の使い方を把握しましょう。

マドンナ古文単語はセンターから二次まで単語の出題パターンを予測!

『マドンナ古文単語』のもう一つの大きな特徴に、単語がどのように出題されるか、どのような特徴をもつかなどで章が分けられていることがあります。

それぞれの章には見出しがあるため、それらの単語が受験においてどのような位置付けであるかを意識しながら単語を覚えることができます。

その見出しは、例えば「秒単位で訳出すふ空欄の定番語31」「二つの訳を要求される頻出語28」「文法力も問われる多角語16」などです。

これらの区分を意識しながら、目的意識を持って暗記をしていくと理解が深まると思います。

古文を得点源にするなら武田塾!▶▶

(武田塾の説明のページに行きます)

マドンナ古文単語はイラストカードを活用し、センターから二次まで必要な単語を繰り返し暗記

『マドンナ古文単語』の巻末には、この単語帳に載っている計230語の単語それぞれのイラスト付きカードが付属しています。

これらのカードには単語のその現代語意、イラストが載っており、暗記の効率を高めることができます。

単語カードは普通自分で作成する人が多いですが、『マドンナ古文単語』にはこのように単語カードがあらかじめ付属しているので、手間をかけてわざわざカードを作る必要がなく、勉強の効率化の手助けとなります。

これらの単語カードを持ち歩き、スキマ時間にこまめに確認することで、より定着が捗ると思います。

センターから二次まで。マドンナ古文単語まとめ

以上のように、この記事では、『マドンナ古文単語』の特徴とその使い方について解説していきました。

この記事を読んでいる皆さんの中には、古文に苦手意識がある方や、古文がもっと得意になりたい方も多いのではないでしょうか?

適切な勉強を行えば、古文は必ず得意科目にすることができます。

古文で高得点を取りないなら、ぜひ武田塾にお任せ下さい。

古文を得意科目にし、第一志望校の合格を手に入れましょう!

武田塾新宿校の雰囲気を見てみる▶▶

(武田塾の説明のページに行きます)

関連記事

Category

Keywords