Category

東京医科歯科大学医学部に逆転合格するための参考書一覧

東京医科歯科大学医学部に逆転合格するための参考書一覧

「東京医科歯科大学の医学部に合格したいけど、どんな参考書を使えば良いの?」

そう思っている方も多いのではないでしょうか?

 

この記事では、東京医科歯科大学の医学部を受験するにあたってのおすすめの参考書を紹介していきます!

この記事を読んで適切な参考書を選び、勉強の方針を立ててしっかりと勉強していけば、憧れの東京医科歯科大学医学部の合格を手にできるでしょう。

 

この記事があなたの東京医科歯科大学医学部の合格の手助けになれば幸いです。

東京医科歯科大学に行きたいなら武田塾!▶▶

(武田塾の説明のページに行きます)

東京医科歯科大学医学部対策の逆転合格参考書:英語編

東京医科歯科大学の英語は、例年1500語程度のとても長い長文が出題されることが特徴です。

ですから、普段から長めの長文に慣れておく必要があります。

長めの長文にも慣れて医科歯科大学の対策をするなら武田塾!▶▶

(武田塾の説明のページに行きます)

また、医科歯科大学の英語の長文は、科学雑誌や学会誌からの引用が多く、例年学術的なものとなっています。

そのため、普段から学術的な堅めの文章に慣れておくことが重要です。

 

そこで今回おすすめする参考書はこの『英語長文問題精講』です。

堅めの長文が多く掲載されていてとてもおすすめです。

60題もの長文が載っているので、十分に演習を行うことができます。

 

東京医科歯科大学医学部対策の逆転合格参考書:数学編

東京医科歯科大学の数学は、難易度が高い問題がとても多い印象です。

したがって、普段から難しめの問題にたくさん挑戦し、じっくり考えることが大切です。

 

難しい数学の問題にも対応できるようになるなら武田塾!▶▶

(武田塾の説明のページに行きます)

 

そこで今回おすすめする問題集は『上級問題精講』です。

難関大受験生向けに、非常に難しい問題を多数掲載しています。

解説がとても詳しく、難問をどのような着眼点で解いていくのかを理解することができます。

東京医科歯科大学医学部対策の逆転合格参考書:物理編

東京医科歯科大学の物理では、標準〜やや難の問題が多く、クセも他の科目で比べるとそこまでありません。

したがって普段から標準〜やや難程度の問題の演習を重ねていくことが大切です。

しっかりと実力がつく演習を重ねるなら武田塾!▶▶

(武田塾の説明のページに行きます)

また、2個の大問のうち、1個めは例年必ず力学が出題されているので、力学の問題が充実している問題集を解くと良いでしょう。

そのようなことを踏まえておすすめするのが、この『名問の森』です。

 

物理選択の難関大受験生にとっては王道の問題集ですね。

やはり標準〜やや難レベルの問題が充実している問題集といえばこの問題集がおすすめです。

何度も繰り返し解き、物理学的な考え方を身に付けましょう。

東京医科歯科大学医学部対策の逆転合格参考書:化学編

東京医科歯科大学の化学では、あまり見かけないようなクセのある長めの問題文が出題されることが多く、化学的知識や計算力だけでなく読解力も求められます。

したがって普段から問題文をよく読んでその本質を掴み、自分の知識レベルに落とし込む訓練が必要でしょう。

そこでおすすめするのが『標準問題精講』です。

タイトルには「標準」とありますが、そのレベルは非常に高く、難関大受験生向けの問題集となっています。

普段から難しめの問題を解くことで、難問に対して落ち着いて対処する力をつけましょう。

東京医科歯科大学医学部対策の逆転合格参考書:生物編

東京医科歯科大学の生物では、求められる知識は標準レベルである一方、論述や描図が多数出題される傾向にあります。

特徴的な出題に対策するなら武田塾!▶▶

(武田塾の説明のページに行きます)

そのため、普段から論述式の問題や図を描く問題を演習する必要があります。

そこでこの『標準問題精講』という問題集をおすすめします。

この『標準問題精講』は、先ほど述べた化学の標準問題精講と同様、「標準」というタイトルとは裏腹に難易度の高い問題が数多く掲載されています。

そして論述問題も充実しており、医科歯科大のような論述問題の多い大学入試に対応している問題集です。

過去問をやりつつ足りない部分を補うように演習を重ねていきましょう。

➡️医学部受験は武田塾!

(武田塾の説明のページに行きます)

関連記事

Category

Keywords