Category

やっておきたい英語長文の使い方を東大生が解説!読解力が向上!

「やっておきたい英語長文って聞いたことあるけど、どんな本?」

「英語の長文読解の勉強をしたいけど、何からやればいいの?」

あなたは、こんなことを思ったことはありませんか?

この記事を読めば、やっておきたい英語長文について完璧にわかります!

 

やっておきたい英語長文の特徴から難易度のレベル、そしてなぜこの本が必要か、

やっておきたい英語長文の効果的な使い方やこの本を完璧にした後に到達出来るレベル、

さらには やっておきたい英語長文を完璧にした後に使うべき参考書まで

 

徹底的に解説しています!

効果的な勉強をすることで英語の成績を一気に伸ばしていき

あなたの第一志望合格に一気に近づくことができます!

この記事があなたの第一志望合格の手助けとなれば幸いです。

英語の成績を効率良く上げるには武田塾!

(武田塾の説明ページへ移動します。)

やっておきたい英語長文の特徴は?どんな人が使えばいいの?

さて、本題のやっておきたい英語長文について説明していきます。

やっておきたい英語長文とは、河合出版の書籍シリーズのことです。使用シーンとしては、英語の長文読解の勉強を今から始めようと思っているときや、始めたばかりのときに最適だと思います。

シリーズ中には、

やっておきたい英語長文300

やっておきたい英語長文500

やっておきたい英語長文700

やっておきたい英語長文1000

があります。

末尾についている数字は、掲載されている長文の長さ(=単語数)を表しており、難易度もそれに比例して上がっています。

具体的には、

300:センター試験より少し難しいレベル

500:MARCHレベル

700:早慶上智・上位国公立レベル

1000:早慶・上位国公立レベルの中でも難しいレベル

となっています。また、700や1000に行けば行くほど、記号ではなく記述式の設問が多くなる印象です。

ご自身の学力レベルに合わせて、最適なものを選んでこなしていきましょう。

構成としては、それぞれの本に合わせた長さ・何度の英語長文と設問が掲載されており、それらの訳文や解答解説が合わせて収録されているという、オーソドックスなものです。

また、この本は長文読解を扱っていますので、英単語や英文法、英文解釈のスキルはある程度身についていることが必要条件となります。

上記3つのスキルはもうある程度身についているから、そろそろ英語長文にトライしてみたい!という方にはうってつけの本ですが、逆にそれらのスキルが身についていない状態で購入してみても、なかなか効果を感じられないと思います。

自分が長文読解に取り組むレベルに到達しているのかをしっかりと考えた上で取り組むようにしましょう。

英語の成績を上げるなら武田塾!

(説明ページへ移動します)

やっておきたい英語長文の効果的な使い方は?

さて、この本には2つの効果があります。

1つ目は、「英語長文の演習量を稼いで、英文慣れできる」、

そして2つ目は「文章を読むことで、定着していなかった単語や文法事項等が洗い出される」です。

 

まずは1つ目の、「英語長文の演習量を稼いで、英語慣れする」ための使い方から見てみましょう。

これは簡単で、なにはともあれ、「まずは解いてみること」です。

文章題ですから、まずは手を付けてみないと始まりません。文章題にあまり触れたことがない方は特に最初は勝手がわからないかもしれませんが、まずは1問解いてみましょう!

英語というのは言語ですので、とにかく「慣れ」が物を言います。

英語の文章題については、とにかく沢山の文章と問題に触れることで飛躍的に解けるようになります。ですので、演習量を積むことを意識してください。

取り組む頻度としては、毎日1問を目安にすると良いかと思います。

 

 

次に2つ目の、「定着していなかった単語や文法事項等を洗い出す」ための使い方についてです。

問題を解いていると、わからない単語や、イマイチ意味のつかめない部分が出てきたりすると思います。

このときに、該当箇所に必ずチェックを付けながら読み進めるようにして下さい。

問題を解き終えて丸付けをするときに、設問の解説を読むことに加えて、チェックが付いている部分の単語の意味や、和訳を確認するための目印になるからです。このちょっとの工夫で、学習効率は大幅に向上します。

 

 

最後に、この問題集を何周もする必要があるかどうかも触れておきます。

結論から言うと、「1周でOK」です。

というのも、一度読んだ英語の文章の内容って、思っている以上に頭に残ってしまっているので、2周目以降はその記憶を頼りに取り組んでしまうためです。頭の中の記憶をもとに文章題を解いても、あまり効果は期待できないですよね…

ですので、問題を何周も解く必要はありません。

ただし、文章そのものを読み直したり、チェックを付けておいた単語を復習したりすることは、効果ありです。

「あ、このとき自分はここで勘違いをしたのか、だからこういう風に間違えてしまったんだな…」

といった感じで、振り返りをするのも良いですね。

やっておきたい英語長文をこなしたあとの到達レベル

やっておきたい英語長文を1周することで、英語の文章題に対しての精神的なハードルはかなり低くなるかと思います。

また、文章題を解くときのカンといった部分も身につくはずです。

こなしたあとの具体的な到達レベルは、シリーズ中のどの本をこなしたかによって変わります。掲載されている英文の多くは大学入試の過去問ですので、それを参考にすれば自分の到達レベルをおよそ把握することができるでしょう。

やっておきたい英語長文を完璧にしたあとにやるべき本は?

英語については、単語や文法、英文解釈がある程度完成されているのであれば、それらの知識を適宜メンテナンスしつつ、英語長文を読みまくって演習を重ねていきましょう。

やっておきたい英語長文を終えたあとは、ご自身が受験を考えている大学と同程度、ないしは少し下の難易度レベルの大学の過去問などをこなしていくことをおすすめします。

まとめ

・やっておきたい英語長文は、自分の難易度に合わせた英語長文の演習が可能

・英語は、単語や文法を固めたらとにかく文章を読むこと

・逆に、単語や文法の定着がいまいちならまずはそちらを完璧に

・読んでいてわからない単語や文にはチェック

英語の成績を効率良く上げるには武田塾!

(武田塾の説明ページへ移動します。)

関連記事

Category

Keywords